木村カエラ『5years』

BEST ALBUM 「5years」 (初回限定版2枚組)BEST ALBUM 「5years」 (初回限定版2枚組)
(2010/02/03)
木村カエラスチャダラパー+木村カエラ

商品詳細を見る


 このところのヘビロは、サンプル盤をいただいた木村カエラの『5years』。
 メジャーデビューから昨年までの5年間の歩みをたどった、初のベストアルバムである。昨年末には初の「紅白歌合戦」出場も果たし、ファン層がいっそう広がった彼女の魅力が凝縮された内容となっている。 

 初回限定盤のみ2枚組で、通常盤は1枚。価格は800円しか違わないので、初回盤のほうをオススメしたい。というのも、限定盤だけにあるDISC2が、オマケの域を超え、1枚のアルバムとして聴きごたえ十分の内容だから。他のアーティストとのコラボ曲や、くるりや奥田民生のトリビュート盤に寄せたカバー曲、未発表曲など、全12曲も入っているのだ。

 DISC1には、これまでの全シングル曲のほか、録り下ろしの新曲「You bet!!」や、結婚披露宴の新定番ソングとなった「Butterfly」(『ゼクシィ』CMソング。これまで未CD化)も収録。

 このベスト盤を聴いて改めて気づくのは、意外なほどロック色の濃い骨太な音作りがなされていること。初期の曲はとくにそう。たとえば「BEAT」など、バックの音だけ取り出してみればまるでストーンズなのである。

 ファッションモデルとしても活躍するおしゃれでキュートな木村カエラの内面には、思いのほか熱いロック魂が秘められているのだ。故・加藤和彦が、2006年のサディスティック・ミカ・バンド再結成にあたってヴォーカルにカエラを据えた気持ちがよくわかる。

 ロックという音楽から、ネガティヴな部分や「毒」の側面(たとえば「反体制」的側面など)をすべて削ぎ落としたのが木村カエラの音楽といえる。いわば、「ロックの上澄み」――。徹頭徹尾ポジティヴなカエラの歌声は、まるで“聴くビタミン剤”のようだ。

 ←右側が通常盤。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>