信田さよ子『共依存・からめとる愛』

苦しいけれど、離れられない 共依存・からめとる愛苦しいけれど、離れられない 共依存・からめとる愛
(2009/05/07)
信田 さよ子

商品詳細を見る


 信田さよ子著『共依存・からめとる愛――苦しいけれど、離れられない』(朝日新聞出版/1680円)読了。
 ベテラン臨床心理士の著者が、カウンセリングの現場で出合った実例をふまえ、夫婦や親子の「共依存」関係を読み解いた一冊である。 

 この著者の本を読むのは、『依存症』『アダルト・チルドレンという物語』『母が重くてたまらない』に次いでこれで4冊目。前3冊同様、すこぶる示唆に富む内容であった。誤解を恐れず言えば、彼女の本はヘタな小説よりも面白く、文学的感動に満ちているのだ。

 本書もしかり。共依存の事例を通して、著者は夫婦愛や親子愛の裏側にある支配・被支配関係を容赦なくえぐり出していく。そのさまが、一級の文学者が「人間を描く」手際の鮮やかさを思わせる。

 たとえば著者は、アルコール依存症の夫をもつ妻が、夫をケア(さまざまな形で面倒をみること)する過程で、じつは深い満足感とある種の快楽を得ていると指摘する。

 ケアすることでもたらされる満足は、彼女たちにとって希少な容認された満足である。何しろケアは、すればするほど評価が高まり、誰もが批判できない行為なのだ。(中略)女性というジェンダーゆえに強制された行為を逆手にとって、男性を巧妙に支配し、満足感を得るのである。
(中略)
 忍耐と苦労ばかりの生活にあって、これらの満足感だけが砂漠のオアシスのように感じられるとしたらどうだろう。結果としてもたらされた感覚を享受するだけでなく、能動的にケアの快感を獲得するようになるかもしれない。彼女たちは夫からふりまわされる存在から反転し、むしろケアを求めるように夫を操作するようになるだろう。絶えずアルコール依存症の夫が自分のケアを求めていなければ、ケアの与え手としての快楽を味わうことはできないのだから。夫が酒をやめようとすれば、それはケアの与え手としての自分が必要なくなることを意味するので、それとなく挑発して夫を再飲酒に追い込むこともあるだろう。私は何例かこのような妻の態度を目の当たりにした経験がある。

 

 まさに「共依存」。弱者と弱者が依存し合い、がんじがらめになった無惨な愛情関係。
 だが著者は、共依存をただ否定的にとらえるのみではない。もう一重立ち入って、弱者が「生き延びていくための有効なスキルの集積でもある」ととらえるのだ。「生き残っていくためには、時としてそんなスキルを用いるしかないときもあるだろう」と……。

 文芸誌『小説トリッパー』に連載されたものであるため、本書は信田氏のほかの著作よりもいっそう文学的香気が強い。
 また、映画や小説、テレビドラマを例に共依存関係を読み解いた章もある。そのうち、『冬のソナタ』に描かれた恋愛を共依存関係として解釈した回はこじつけ臭かったが、映画『ジョゼと虎と魚たち』や山田詠美の小説「間食」(『風味絶佳』の一編)を例にした回はたいへん面白かった。
 私は山田あかねの『まじめなわたしの不まじめな愛情』こそ共依存を描いた最高の小説だと思っているが、信田氏はあの小説を読んだだろうか? ぜひ感想を聞いてみたい。

 そのほか、印象に残った一節をメモ。

 アルコール依存症はアルコールへの依存なのではないか、と思われるかもしれない。確かに彼らは「酒さえあれば妻なんかいらない」と日常的に放言している。しかし大草原のパオの中でひとりで酒を飲めれば天国かといえばそうでもないのだ。自分の飲酒によって影響を受けてくれる人がいること、自己破壊の淵まで追い詰められそうになったときそこから引き戻してくれる人がいることで、彼らは「安心」してアルコールに依存するのだ。



 息子のために尽くす母親は社会から立派な母としての称号を与えられている。それは彼女にとって、誰からも責められることのない防御壁として機能する。ましてその息子が引きこもりであれば、Bさんは誰よりも不幸な母として同情されこそすれ、ねたんだり批判されたりすることはない。こうして不幸な母という符丁と引き換えにBさんは世間を味方につけたのである。



 共依存の特徴は、このよりかかる他者が必ず自分より弱者であることだ。強者であれば単なる依存に過ぎない。(中略)
 共依存は、弱者を救う、弱者を助けるという人間としての正しさを隠れ蓑にした支配である。多くは愛情と混同され(支配される弱者も愛情と思わされ)、だからこそ共依存の対象はその関係から逃れられなくなる。



 かわいそうな他者をわざわざ選ぶ人、なんらかの障害をもった他者に近づく人は珍しくない。これらは、ヒューマニズムあふれる自己犠牲的選択に見えるが、「かけがえのなさ」が非対称的であれば、そこから容易に共依存という対象支配が生まれる。ところが相手に尽くしているとしか考えないひとたちは、支配していることに無自覚である。



 不幸な事態はひとを意気消沈させるだけではない。いっぽうで何かを発散させるのではないかと思う。それがしばしば興奮した語りとなり、Cさんのような満面の笑みだったりするのだろう。私にはその笑みの意味がよくわかる気がする。あきれるほど悲惨な現実に直面しているひとほど(特に子どものことで)、奇妙な笑顔とともにそれを語るのだ。
(中略)
 極度の飢餓状態に陥ると、時には異様な多幸感に襲われることもあるという。摂食障害の自助グループでは「やせぼけ」という隠語が用いられるほど、やせが進行すると精神状態が変容するのだ。このように過酷な状況を生きるために、さまざまな生体維持の反応が生み出されている。とすれば、夫婦の愛、夫への信頼という結婚生活の柱がぽっきり折れてしまった女性が、それでも結婚生活を維持していくためにどのような反応が生み出されるのだろうか。
 Cさんの異様なパワーは、なんの望みもない現実に対する生体維持の反応なのかもしれない。



関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>