高橋佳哉・村上力『サーバント・リーダーシップ論』

サーバント リーダーシップ論サーバント リーダーシップ論
(2004/02)
高橋 佳哉村上 力

商品詳細を見る


 高橋佳哉・村上力著『サーバント・リーダーシップ論』(宝島社/1575円)読了。

 私自身にはリーダーたる資質が欠落しているし、べつに欲しいとも思わないのだが、仕事の資料として読んだ。

 「サーバント・リーダーシップ」とは、1970年代にロバート・K・グリーンリーフが提唱した概念で、「リーダーはフォロワー(部下など)に奉仕する立場である」との考えに立つ「奉仕型リーダーシップ」のこと。本書によれば、「サーバント・リーダーシップの特徴を一言で言うと、『部下が主役』ということ」なのだという。
 旧来的な「おれについてこい!」という「命令型リーダーシップ」が「ハード・パワー」だとすれば、「サーバント・リーダーシップ」は「ソフト・パワー」を用いた、フォロワーの自主性を重んじるリーダーシップといえよう。

 本書は、その「サーバント・リーダーシップ」の概念に基づいた経営指南書。
 著者たちのリーダーシップ観の大きな特長は、「リーダーにはカリスマは必要ない」という考え方にある。「『カリスマ』」がなければ『リーダー』になれないという懸念は、百害あって一利なし」だと、著者は言う。
 つまり、「リーダーシップは開発できる」という考え方に立っているのだ。この点は、過日読んだジョセフ・ナイ著『リーダー・パワー』の「リーダーシップは学習可能だ」という主張と一致している。

 経営者ならずとも、リーダー論、組織論として示唆に富む本である。メモしておきたいようなフレーズも随所にある。たとえば――。

 優秀なリーダーは、自分が出した提案でも、メンバーに我々が決めたことだと思わせるリーダーである(119ページ)

 組織は凡人が集まって非凡なことをやるためのものである(120ページ)



 ただ、『リーダー・パワー』という中身の濃いリーダー論を読んだあとなので、本書は割を食って見劣りがする。「単行本にするほどの内容ではなく、小冊子レベルだなあ」と感じてしまった。

 それと、本書にかぎったことではないが、この手のビジネス書を読んでいつもウンザリするのは、本文の内容を図で表わした、一見意味ありげでじつは意味のない図の多用。
 文章を読めばわかることをなぜわざわざ図にするのか、さっぱりわからない。図があることで文章が理解しやすくなっているわけでもないし、図だけを見て意味がわかるというわけでもない。

 要するに、書店でパラパラとページをめくったときに文章ギッシリだと多忙なビジネスマンに敬遠されがちだから、「図も多用してますよ」というアピールとして入れてあるだけなのだと思う。

■関連エントリ→ ジョセフ・S・ナイ著『リーダー・パワー』書評

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>