アマゾン・アフィリエイトで稼げる…か?

ぜったいデキます! アマゾンマーケットプレイス&アソシエイト・プログラム (パソコン楽ラク入門)ぜったいデキます! アマゾンマーケットプレイス&アソシエイト・プログラム
(2008/07/02)
AYURA



 先月末、私の口座にアマゾン・アフィリエイト(アソシエイト)の収益5147円也が振り込まれた。じつをいえば、これが私がアマゾン・アフィリで得た初の利益である。

 アマゾン・アフィリエイトでは、現金振り込みに設定してある場合、トータルの収益が5000円を超えないと振り込まれず、翌月に繰り越される(アマゾン・ギフト券の場合は1000円以上)。
 私は2年半くらい前から当ブログにちょこちょことアマゾン・アフィリエイトの広告を貼ってきたが、これまでずっと5000円を超えることができず、繰り越しをつづけてきたのである。

 なぜそんな内幕を明かすかというと、一つには、「前原はアフィリエイトで稼いでいるらしい」という思いこみ(ないし邪推)を抱いている人がいるようだから。
 もう一つには、「アマゾン・アフィリで金を稼げないものか」とお考えの方に、厳しい現実の一端を見せようという老婆心(笑)である。

 当ブログには、現在のところ1日300人程度のユニーク・アクセスがある。アクセス解析はトップページにしかつけていないので、個々のページのみへのアクセスはさらに多いだろう。無名人の個人ブログとしては、とくに多くもないが少なくもない、平均的訪問者数である。
 うちくらいのブログの場合、2年半かけてやっと5000円になるという程度でしかないのが、アマゾン・アフィリエイトだ。……と、そう思っておいたほうが無難だと思う。

 もちろん、いわゆるアルファブロガーであれば、もっともっと稼ぐことは可能だ。
 アルファブロガーで、しかも書評ブログとして定評を得ている小飼弾氏のブログなどは、毎月数十万円程度(氏は以前毎月のアフィリ収入を発表していたが、いまはしていないので、私もぼかす)のアフィリエイト収入を稼ぎ出すのだそうだ。このへんが、ブロガーがアマゾン・アフィリで稼げる上限であろう。

 もう一つ具体例を挙げる。竹熊健太郎氏が、3年ほど前の「たけくまメモ」で次のように書いておられた。

 俺なんか昨年暮れに一瞬月8万くらいのアフィリ収入になり、おお、これならバンコクに移住すればラクに暮らせるぞ、と喜んでおったのですが、今月のアフィリ収入はこのままだと3万ちょいですよ。雑誌にコラム一本書くのと同じくらい。ちょっと気を抜くとジェットコースターみたいに落ちます。こわいですね(2006年4月21日付「五十歳のハローワーク」より)



 「たけくまメモ」ほどの人気ブログでさえ、アフィリ収入は月数万円なのである。「アフィリエイトで食っていく」ことがどれほど狭き門であるかがわかる。普通に働いたほうがマシですよ、みなさん。

 過日、当ブログのアクセス数が突然ふだんの数倍に跳ね上がった日があった。それは、当ブログで本をレビューした上條さなえ氏のドキュメンタリー番組がNHKで放映された日のことで、大半は「上條さなえ」を検索してのアクセスであった。
 その日は、アマゾン・アフィリの売り上げもふだんの数倍あった(といっても1000円程度)。「なるほど。アクセスが増えればアフィリエイト収入も増えるのだなあ」と、あたりまえのことをいまさら実感したものだ。

 つまり、私程度の辺境ブロガーであっても、アクセス数を増やし、ブログをいくつも作り、アマゾンの広告に力を入れるなどの努力をすれば、もう少し稼げるわけだ。
 とはいえ、いまの数倍にアクセス数を増やしても一日1000円程度の稼ぎにしかならないのなら、とてもじゃないがそんな努力をする気にはならない(「そんなことしてるヒマがあるなら原稿を書け!」と怒られそうだ)。

 稼げるわけでもないのに、なぜ私はアマゾンの広告を貼りつづけるか?
 一つには、万が一当ブログのアクセス数が数百倍に跳ね上がる事態が起きたとき、そのアクセスを使って小銭を稼げるようにしておこう、というスケベ心から。

 もう一つには、一銭にもならない当ブログを更新しつづけるにあたっての、自己正当化のため。
 「いや、このブログも、まったくの遊びでやっているわけではなくて、ある意味では仕事なのだから……」と、自分で自分に言いわけする「よすが」が、アマゾン・アフィリエイトなのである。

■後記(2010年5月)
 その後、当ブログのユニーク・アクセス数は400~500人/日に増え、アフィリエイト収入は月3000円程度になった。うち程度の辺境ブログでは、伸びてもせいぜいそんなもの。これがアフィリエイトの現実である。
 
関連記事

トラックバック

コメント

こんにちは
勉強になりました。
  • 2012-11-02│15:56 |
  • iphoneでxvideos URL
  • [edit]
参考になりました
?初めまして!
たくさんのレビュー拝見させてもらいました。
勉強になります。

私はまだアフィリエイトについては始めたばかりでよく分からないことも多いのですが、是非参考にさせていただきたいと思います。
アマゾンで稼げる人
こんにちわ
アマゾンのアソシエイトで検索してきました。アマゾンのアソシエイトで稼いでいる人は、ほとんどアマゾンが提供しているAPI使って自動化して大量にページ生成している人ですね。コツコツやってもなかなか儲かりません。ただ、ブログの場合には収益ゼロだと継続も難しいので、前原さんのような考え方でアマゾンを利用していくのは良いと思います。私も実際にブログでは「稼ぐ気ないけどとりあえず少しだけ広告」というブログが幾つかあります。

  • 2010-12-08│16:00 |
  • ヒロポン URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>