『ニュースの天才』

ニュースの天才 [DVD]ニュースの天才 [DVD]
(2006/10/27)
ヘイデン・クリステンセンピーター・サースガード

商品詳細を見る


 ケーブルテレビで録画しておいた『ニュースの天才』(2003年)を観た。1998年に米国で実際に起きた捏造報道事件の映画化である。

 「エアフォースワン(米大統領専用機)に常備してある唯一の雑誌」として知られる一流政治誌『ニュー・リパブリック』。その若手記者であったスティーヴン・グラスは、スクープを連発し注目を浴びていた。スター記者となってからも謙虚で気さくな彼は、みなに愛されていた。

 だが、グラスが手がけた「ハッカー天国」という記事に、競合他誌からの指摘で捏造疑惑が浮上する。
 調査が進むにつれ、ほころびを見せていく記事内容。編集長は当初、グラスが取材相手のハッカーにガセネタをつかまされたのだと考える。だが実際には、それはグラスが誰も取材せずに頭の中でデッチあげた記事であったのだ。

 しかも、グラスが行なった捏造はそれだけではなかった。なんと、彼が同誌に在籍中に手がけた記事の過半(41本中27本)が、まったくの捏造だった!

 事実に忠実に作られたすこぶる地味な映画で、たんに娯楽映画として観た場合、あまり面白いものではない。とくに、元になった事件のことを何も知らずに観たら、退屈きわまりないだろう。

 しかし、ジャーナリズムに関心のある者にとっては非常に味わい深い作品だ。
 とくに、米国の雑誌ジャーナリズムの舞台裏を垣間見られる点で、報道に携わる者には一見の価値がある。

 劇中、『ニュー・リパブリック』誌の記事ができあがるまでのチェック体制がくわしく説明されるシーンがある。それは、編集者、チェック係、弁護士、編集長がそれぞれ複数回事実関係をチェックするという、きわめて厳密なものである。

 にもかかわらず、ゼロから事実をデッチあげたグラスの記事は、何重ものチェックをすり抜けて掲載されてしまった。それは、グラスの捏造が周到を極めたものだったからだ。彼は、ニセの取材メモまで綿密に作り上げていた(そこまで手間をかけるなら実際に取材したほうが楽だったのでは?)。『ニュースの天才』という邦題には、痛烈な皮肉がこめられているわけだ。

 そしてこれは、「一つのウソを隠すためには何十ものウソが必要になる」という、「ウソの泥沼」を描いた映画でもある。
 捏造疑惑が浮上してから、グラスは“取材相手”のニセの電話番号にニセの留守電メッセージを残しておいたり、自らがデッチあげた架空企業のサイトを自作したりしてまで、捏造を隠そうとする。映画で克明に描かれるそのプロセスは、スリリングであると同時に滑稽で哀しい。

 恐ろしいのは、これと似たような事件がほかにも何度も起きていること。
 たとえば、1980年に『ワシントン・ポスト』紙で起きた「『ジミーの世界』虚報事件」(ピュリッツァー賞受賞のルポが捏造であることがのちに判明し、賞の返上に至った事件)や、2003年に『ニューヨーク・タイムズ』紙で起きた「ジェイソン・ブレア捏造事件」がよく知られている。

 とくに、「ジェイソン・ブレア捏造事件」は、1人の若手記者が継続的に行なった捏造である点といい、捏造記事の多さ(ブレアが『ポスト』紙在籍中に書いた73本の記事中、じつに46本が捏造だった)といい、スティーヴン・グラス事件の「再来」といってよいものだった。

 なお、事件によってジャーナリズムの世界から追放されたグラスは、その後ロースクールに進み、現在は弁護士をしているという(!)。証拠の捏造などしないでほしいものだ(笑)。

 ←併せて読むとよい本
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
27位
アクセスランキングを見る>>