江戸川乱歩『貼雑年譜』

貼雑年譜 (江戸川乱歩推理文庫)貼雑年譜 (江戸川乱歩推理文庫)
(1989/07)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る


 江戸川乱歩の『貼雑(はりまぜ)年譜』(講談社)を、図書館で借りてきて読んだ。
 「貼雑年譜」とは、乱歩が自らの半生や作家としての生活についてまとめたスクラップ・ブックのことである。

 戦時中、その作風から軍部ににらまれた乱歩(たとえば、短編「芋虫」は検閲により全編削除)は、「時局のため文筆生活が殆ど不可能となったので暫く休養する事にした」。そのため、時間に余裕ができ、「その徒然にふとこの貼雑帖を拵えて置くことを思い立った」のだという。

 乱歩自身に関する新聞・雑誌記事、乱歩作品の広告、書簡、写真、名刺、スケッチなど、雑多なものが貼り込まれているのだが、たんなるスクラップ・ブックの域を超えた自伝的資料の集成となっている。貼られた資料の一つひとつに、乱歩自身が手書きで解説コメントを加えているからである。
 そのコメントはときに長文となり、『貼雑年譜』全体が“スクラップ・ブックの形を借りた自伝”の趣をなしている。

 かれこれ十数年前、私は立教大学そばにある旧・乱歩邸を訪ね、『貼雑年譜』の本物を見せていただいたことがある。それは、乱歩の子息である平井隆太郎さん(元立教大教授・心理学者)に、「父の思い出」をうかがう取材でのことだった。
 
 「ほぼ日刊イトイ新聞」の「おじさん少年探偵団、江戸川乱歩の家をゆく。」なる企画の中に、「乱歩のスクラップ・ブック」という項目があったので、その日のことを思い出して本書を読んでみたしだい。

 私はそのとき『貼雑年譜』に感銘を受け、「自分もこういうものが作りたい」と思った。思っただけでけっきょく作らなかったが、考えてみれば自分のサイトやブログは、「ネット上の『貼雑年譜』」みたいなものだ。

 たとえば、乱歩は『貼雑年譜』に自作に対する書評を貼り込み、その書評についての感想を横に書き込んでいたりする。いまどきの物書きがブログでやっていることと同じである。
 もしも乱歩が21世紀の作家だったとしたら、間違いなく熱心なブロガーになっていたことだろう。いわば、乱歩は「元祖ブロガー」なのである。

 この『貼雑年譜』で目を瞠るのは、乱歩の恐るべき整理魔ぶりだ。
 たとえば乱歩は、生まれてから自分が暮らしてきた家々について、記憶をたどって方眼紙に間取りを書き、それを貼り込んでいる。そして、その家にまつわる思い出なども書き込んでいる。そうしたパラノイアックなまでの几帳面さの中に、乱歩の創作力の一端もあるのだろう。

 「自分史」のたぐいをブログや本で作りたいと考えている人は、一度この『貼雑年譜』を見てみるとよいと思う。最高のお手本になるはずだ。

 ちなみに、この講談社版は、全65巻におよぶ「江戸川乱歩推理文庫」の「補巻」として刊行されたもの。原本そのものの完全複製ではなく、縮小・モノクロ印刷し、収録ページも取捨選択がなされている。それでも、見ているだけで面白くて興趣尽きない内容である。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。56歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
28位
アクセスランキングを見る>>