諸星大二郎『未来歳時記 バイオの黙示録』

未来歳時記・バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)未来歳時記・バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)
(2008/07/18)
諸星 大二郎

商品詳細を見る


 諸星大二郎の新作『未来歳時記 バイオの黙示録』(集英社/840円)を読んだ。
 諸星にとっては久々のSF。それも、手塚賞受賞の出世作「生物都市」(1974年)を彷彿とさせる、いかにも諸星らしい連作短編集である。

 核戦争後の荒廃した世界を舞台にするのはSFの定番だけれど、この連作は核ならぬ「バイオ戦争」後の世界を舞台にしている。

 半世紀前の「バイオ戦争」に際して、無差別に行なわれた遺伝子実験。それが自然界に深刻な影響を与え、あらゆる遺伝子が入り混じってしまった世界――。
 動植物にヒトの遺伝子が入り込み、人間の顔をした鳥や雑草(!)が闊歩する。一方では、体内に動植物の遺伝子が入り込んでしまった「バイオ被害者」とその子孫たちが、半人半獣の異形をさらし、「荒れ地」と呼ばれる汚染地域に暮らしている……。そんな悪夢のような世界を舞台にした、奇想あふれる短編集である。

 あの「生物都市」は、人々が機械や無機物と溶けて融合し、都市自体が一つの生命体と化してしまう世界を描いていた。それはディストピアではあるが、同時に、人類史上初めて戦争も飢餓も労働もない世界が実現したユートピアでもあった。
 同様に、この『バイオ黙示録』で描かれるのも、悪夢の世界であると同時に、極限まで進んだ遺伝子操作によって思いのままの動植物が作れる夢の世界でもある。

 ディストピアと背中合わせのユートピア。目くるめくような極彩色の悪夢――諸星大二郎にしか描けない世界が堪能できる傑作だ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>