二千花『二千花』

二千花二千花
(2008/06/18)
二千花

商品詳細を見る


 発売されたばかりの二千花(にちか)のファースト・アルバム『二千花』(よしもとアール・アンド・シー/2940円)をヘビロ中。
 二千花は、ヴォーカルの宮本一粋(いっすい)とギター/キーボード/トラックメイキングの野村陽一郎の2人組ユニット。今年後半にブレイク間違いなしの逸材だと思う。私は、かつてブリリアント・グリーンが登場したときと同種の衝撃を受けた。

 まず、野村の作る曲が素晴らしい。
 とくに、これまでに発表された3枚の先行シングル「エーデルワイス」「Genius Party」「あたらしい水」は、いずれもとびきりの名曲だ。つづけざまに聴くとしばらく頭から離れないほど、強烈な印象を残す。

 私がとくに気に入ったのは、「あたらしい水」。美しいピアノのアルペジオから始まって少しずつ盛り上がっていく、ホーリーな雰囲気のバラード。
 「明日になれば 生まれ変われるかな」と、傷ついた者たちへの再生の祈りをこめた歌詞もよい。
 「キミを傷つけるものたちの眠っている屋根にも/星は降るよ」というフレーズは、矢野顕子の名曲「ごはんができたよ」の、「義なる者の上にも不義なる者の上にも 静かに夜は来る みんなの上に来る」という一節を彷彿とさせる。 「赦し」と「蘇生」を謳いあげた曲。
 
 宮本一粋のヴォーカルも素晴らしい。
 YUKIのヴォーカル・スタイルからの影響を感じるが、YUKIよりももっと透明感のある声。コケティッシュであると同時に、スケールの大きさももったヴォーカル。一見さりげない歌い方だが、細部の表現力は新人離れしている。
  
 2人のルックスも非常にカッコイイ。
 宮本一粋はモデルかアイドル並みの“お人形系美女”だし、野村は浅野忠信と松田龍平を足して二で割ったようなイマ風のイケメン。

 うーん、これは売れるでしょう。

■後記/「絶対売れる」と思った二千花だったが、売れないまま、セカンド・アルバムを発表することなく解散してしまった。うーん、なぜ? 私はいまでも、二千花は素晴らしいユニットだったと思う。埋もれさせてしまうにはあまりに惜しい。

関連記事

トラックバック

コメント

ぼのさん

ごぶさたです。お元気でしたか?

二千花、すごくいいですよ。私の中では二千花とSuperflyが2008年のブライテストホープです(デビューは去年なんだけど)。

 
  • 2008-06-23│11:52 |
  • 前原 URL│
  • [edit]
最近の音楽に疎いワタシ(笑)
前原さん、お久しぶりです
ブログ、時々拝見してますが

職業柄かもしれませんが
前原さんは新人?の女性ボーカリストに
詳しいですね♪

ワタシなんて映画に使われたCoccoの曲を
聴いて今頃、いいなあって思ってます(笑)

ブログとかで他の方が薦められても
なんかのきっかけとか偶然聴いた方が
ファンになったりしますね(笑)
ワタシだけかな?
それでは、また♪

追記・私生活ネタ(特にお嬢さんのお話)が
個人的に好きなんで
また、書いてください♪
  • 2008-06-23│00:41 |
  • ぼの URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>