岡庭昇『戦後青春』

戦後青春―食わず嫌いのスーパースター戦後青春―食わず嫌いのスーパースター
(2008/05)
岡庭 昇

商品詳細を見る

 岡庭昇著『戦後青春/食わず嫌いのスーパースター』(三五館/1500円)読了。

 著者の岡庭氏より献呈いただいたもの。本文中、何ヶ所か拙著に言及してくださっている。かねてより畏敬する氏の著作に“登場”することができて、光栄の至りだ。

 書名からは何の本だかわかりにくいが、「民衆本位の戦後論」(帯の惹句)である。いまやネガティヴな意味合いで捉えられることが多くなった「戦後」という時代を、改めて真正面からポジティヴに捉え直した、書き下ろしの長編評論だ。

 

 戦後とは時代そのものがエネルギーに満ちた青春であり、そして青春こそが戦後なるものの本質だった(「はじめに」)



 そして、その「戦後青春」を象徴する人物として、岡庭氏は池田大作創価学会名誉会長に光を当てる。 戦後は名誉会長自身の青春期とも重なり、創価学会という「宗教社会運動」そのものの青春期でもあった。つまりは三重の意味で「青春」だったからである。
 

 わたしは、「池田大作を見る」のではなく、「池田大作から見る」世界をわたしなりに把握しようとした(「おわりに」)



 「戦後論」であるとともに正視眼でとらえた「池田大作論」であり、「民衆運動としての創価学会」論でもある。
 岡庭氏には、かつて同じ版元から刊行された『メディアは踊る/「反・創価学会報道」の本質』という名著がある。本書はその続編ともいえる。

 公明党の現状に対する厳しい批判も含む本書は、通りいっぺんの礼讃書などではない。文芸評論家としての鋭い直観を武器に、宗教学者や政治学者などの「専門家」たちには持ち得ない視座から、池田大作その人と創価学会の本質に肉薄したものなのである。
 目からウロコの卓見が随所にちりばめられており、一気に読んだ。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>