吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』

新・マフィアの棲む街―新宿歌舞伎町 (文春文庫)新・マフィアの棲む街―新宿歌舞伎町 (文春文庫)
(2006/12)
吾妻 博勝

商品詳細を見る


 吾妻博勝著『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』(文春文庫/630円)読了。
 
 1994年に刊行された『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』はすごい本であった。当時『週刊文春』の専属記者であった著者は、じつに1年にわたって歌舞伎町の裏社会に潜入取材を重ね、警察さえつかんでいなかったほどディープな情報を多数盛り込んで、このノンフィクションを完成させたのだった。『週刊文春』に連載されていたころ、警察庁の幹部から編集長に「(歌舞伎町の裏社会についての)情報を教えてくれないか」という電話があったほどだという。
 馳星周のデビュー作にして出世作である『不夜城』は歌舞伎町の裏社会を舞台にしていたが、その最大のネタ本は『マフィアの棲む街』であったと、馳自身がのちに明かしている。

 その続編である本書は、正編から10年を経てふたたび歌舞伎町に潜入取材を試みて書き上げたノンフィクション。10年の歳月が歌舞伎町を大きく変貌させた様子がつぶさに描かれ、正編以上に衝撃的な内容になっている。
 歌舞伎町の裏社会を舞台にしたノンフィクションもいまではたくさんあるが、著者の手がけた2冊はまぎれもなくその最高峰だ。

 全編、「いったいどうやったらこんな情報を手に入れられるのか?」と目を瞠るディープな情報が山盛りである。
 たとえば本書に、中国からの「密入国ビジネス」にからむヤクザと香港マフィアのトラブルを描いた章がある。わずか20ページほどのその章の中に、『殺し屋1』も真っ青のエピソードが惜しげもなくつめこまれている。

 著者の人脈と取材力、そして何より取材に命を張る胆力に驚嘆させられる一冊。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

潜入取材で伊マフィア組織の実態と社会の闇を描いた「GOMORRA(ゴモッラ)」が異例のヒット

ロベルト・サヴィアーノ。79年、ナポリ生まれ。2006年、イタリア犯罪組織を内...

コメント

Re: いんちき
朴賢浩様

本書が「いんちき」かどうかは、私には判断つきかねます。
が、ご意見として承っておきます。
コメントありがとうございました。 
  • 2009-11-16│10:33 |
  • 前原 URL│
  • [edit]
いんちき
マフィアの棲む街両刊とも読んだけど、かなり嘘を書いてるよな。
分かり易いくだりは、日本人不可の中国人だけが来るアングラディスコに潜入した時、吾妻氏が中国人の隣客からにいきなり日本語で話しかけられたシーン。
隣客は、広東語しか話せない中国人の可能性も否定できんが、常識的にはあり得んケース。
まぁ、結局は脳内を文書化しただけに過ぎんフィクション本です。
  • 2009-11-16│02:02 |
  • 朴賢浩 URL│
  • [edit]
のーねーむ様

著者の経歴については私は知らないです。スイマセン。
  • 2009-02-05│16:33 |
  • 前原 URL│
  • [edit]
私も読みました。日本国民は読んだほうがよさそうな雰囲気が今の日本にはあるような気がいたします。
それにしても吾妻博勝氏の経歴についてご存知ですか。文春文庫の経歴が怪しいんですけど。
  • 2009-02-05│10:21 |
  • のーねーむ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>