真鍋昌平『闇金ウシジマくん』



 マンガ喫茶で、真鍋昌平の『闇金ウシジマくん』既刊1~8巻を一気読みする。
 このマンガの評判はあちこちで耳にしていたのだが、なんとなく食わず嫌いしていたのだった。

 タイトルどおり、違法な闇金融の世界を描いたマンガである。
 舞台となる「カウカウファイナンス」は、「トイチ」どころか「トゴ」、つまり「10日で5割」という超・高金利の闇金。当然、サラ金等ではもう金が借りられないワケアリの連中ばかりが客としてやってくる。

 同じく闇金の世界を舞台にした先行の類似作『ナニワ金融道』『ミナミの帝王』や、“隣接分野”を描いた『新宿スワン』よりも、さらにドライでダークな物語。『ナニワ金融道』などにはまだあった「救い」が、ここにはまったくない。

 客たちを「奴隷くん」と呼ぶ主人公の丑嶋社長(といってもまだ20代前半)には、義理人情とか弱者への思いやりなどという一般世間の価値観は微塵もない。
 彼は、たとえばこんなセリフを吐く。
「人並み以下のクセに人並みに暮らしてる、身の程知らずのクズどもに終止符を打つのが……俺達闇金の仕事だ!!」
 つねに己のルールと価値観に従って行動するその姿は、どこか「ゴルゴ13」を思わせる。ダーティ・ヒーローである。

 パチンコ依存症の主婦、ブランド品を買い漁って多額の借金を抱えるOL、なんの努力もしないくせにプライドばかり高いフリーターなど、どこにでもいる「ダメ人間」たちが、「カウカウファイナンス」の客となったことからズルズルとこの世の地獄に堕ちていく……。その姿が、恐ろしくリアルだ。

 「幸福な家庭は互いに似通っているが、不幸な家庭はどれもその不幸のさまが違っている」という、『アンナ・カレーニナ』の有名な一節をふと思い出した。この作品に登場する客たちはまさに、それぞれの愚かしさによって“十人十色の地獄”を味わうのである。

 ただし、読んでいる間、闇金の客たちを見下げるのではなく、むしろ彼らに感情移入してしまう。見えない暗流に押し流されるように、破滅への坂を転げ落ちていく焦燥と悲しみ。その一端を、読者もまた共有する。物語がそのように作られているからである。

 作者の視点は、客たちの愚かしさを嘲笑する視点ではない。もっと突き放したクールな視点だ。“消費社会の底の澱み”の観察記録でもつけるように、乾いたユーモアさえ漂わせながら、淡々と地獄絵図が描かれていく。

 既刊を一気読みしたらブルーな気分になってしまった(笑)。しかし、まぎれもない傑作。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いちょうの会 闇金

関連記事を引用し、優良サイト様を紹介します。☆・カテゴリー別に載せていますので、重複タイトルも御座います。☆・一部、不快な表現のある場合があります。☆・紹介記事の質問は、お答えかねます、各サイト様にてお

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>