『魔笛』

魔笛 [DVD]魔笛 [DVD]
(2008/01/25)
ジョセフ・カイザーエイミー・カーソン

商品詳細を見る


 渋谷の東芝エンタテインメント試写室で、『魔笛』の試写を観た。7月14日公開のイギリス映画。いうまでもなく、モーツァルト最晩年の傑作オペラ「魔笛」の映画化である。

 公式サイト→ http://www.mateki.jp/

 35年の短い生涯に、21曲ものオペラを作曲(未完作品含む)したモーツァルト。その中には「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」などの傑作が含まれるが、なかでもこの「魔笛」こそは、モーツァルトのオペラの集大成である。オペラに限らず、モーツァルトの全作品中の最高傑作に挙げる識者も多い。

 ……と、知ったふうなことを書いたが、以上はプレスシートの受け売りであって、私はオペラにはまったくの門外漢である。なにしろ、「魔笛」全曲を通して聴いたのも、じつはこれが初めてだったりする(ああ恥ずかしい。そっち方面の教養が私には欠落している)。

 そんなわけで、この作品がオペラの映画化としてどの程度の水準にあるのか、私には皆目わからない。
 ただ、門外漢の私にも、2時間19分の長尺を最後まで退屈せずに観通すことができた。それくらい一大エンタテインメントになっている映画である。

 監督のケネス・ブラナーは、「魔笛」を大胆に翻案し、第一次世界大戦前夜のヨーロッパに舞台を移し替えている。「平和への祈り」を底流に置いたうえで、ファンタジー、ロマンス、アクションの要素を兼ね備えた現代的なオペラにしているのだ。オペラというよりはミュージカル映画のようである。

 CGを大胆に駆使した映像はカラフルで美しく、展開もスピーディー。映像の随所にトリッキーな仕掛けが施されており、その「仕掛け」が、私のような門外漢をも物語の中に引き込む力になっている。子どもが観てもそこそこ楽しめるだろうし、オペラの世界に初めて触れる人のための入門編としても上出来だ。

 主要キャストは、実力とルックスを兼ねそなえた人気オペラ歌手揃い。既成の役者に演技させて歌手に声だけ吹き替えさせるようなごまかしはせず、歌手が演技もしているのだ。とくに、ヒロイン「パミーナ」役のエイミー・カーソンが美しい。

----------------------------------
 試写室で川本三郎氏をお見かけした。
 氏は映画評論家でもあるから、試写室で見かけても不思議はないが、私は初めての遭遇。川本氏の著作をずっと読みつづけてきたファンである私は、それだけのことでうれしい気分になった。 

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>