『100人のバカ』

100人のバカ 100人のバカ
(2007/03)
七ツ森書館

この商品の詳細を見る

 岡留安則・佐高信編著『100人のバカ』(七つ森書館/1300円)読了。

 休刊した『噂の眞相』に連載された文化人批判コラム「七人のバカ」の単行本化。連載をまとめるだけでは一冊分に足らなかったのか、冒頭と巻末に岡留と佐高の対談を載せて水増ししている。対談部分が全体の半分ほど。

 かつて『噂の眞相』の別冊として刊行された『日本の雑誌』(1990年)や『日本の文化人』(1998年)は、(内容に共感するかどうかはさておき)非常に密度の濃い、情報価値の高いムックであった。

 この本も、『日本の文化人』の続編のような内容を期待して読んだのだが、まったく期待外れ。内容の薄いことといったらない。「100人」といっても、岡留・佐高対談の中に一度でも名前が出てくればそれで1人としてカウントしているのだ。

 たとえば、義家弘介については、岡留の発言に「ヤンキー先生の義家弘介じゃないけど、俺が政府に言ってやると教育制度は変わるんじゃないかって思うタイプ」という一節があるだけ。しかもそれは、直接義家を批判した言葉ですらない。宮崎哲弥のスタンスを批評するにあたって、義家を引き合いに出しただけなのである。
 にもかかわらず、本の表紙には「本書で採り上げた“バカ”」の一人として義家の名も刷り込まれており、目次にも大きな活字で名前が並んでいる。

 こんな安直なやり方でバカ呼ばわりされた各氏に、同情を禁じ得ない。

 岡留・佐高対談のふんぷんたる「サヨ臭」にも辟易。
 “護憲が善で改憲派は悪”という決めつけとか、「タカ派」というレッテル一つで相手を全否定してしまう思考停止ぶりとか、なんだかなー、いまどき。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>