比古地朔弥『まひるの海』ほか


まひるの海 (Big comics ikki)まひるの海 (Big comics ikki)
(2002/04)
比古地 朔弥

商品詳細を見る


 比古地朔弥(ひこち・さくや)というマンガ家を知っている人は、まだそれほど多くないはずだ。寡作だし、とくにヒット作もない。しかし、一部のマンガ好きの間では、「次代を担う青春マンガの星」として熱い期待を集めている描き手なのである。

 私も、比古地の初単行本『神様ゆるして』(BSP/99年刊)でガツンとやられて以来、彼女に注目している1人である。
 『神様ゆるして』はじつに素晴らしい作品だった。兄妹の近親相姦というきわどい題材を扱いながら、哀切無比の青春マンガになっていた。親元から逃げ出し、都会の片隅で寄り添うように暮らす兄妹の姿は、さながら「裏返しの『火垂るの墓』」であった。

 その『神様ゆるして』以来なかなか本が出なかったのだが、さきごろ新旧2作がたてつづけに単行本化された。新作のほうは、今年の春まで『ビッグコミックスピリッツ増刊IKKI』に断続的に発表されてきた『まひるの海』(小学館)。旧作のほうは、デビュー以前に同人誌に発表された幻の傑作『けだもののように/学園編』(太田出版)である。

 『けだもののように』というタイトルは、なんだかいかにも鬼畜系同人誌風だ。ま、じっさい性描写もふんだんにあるのだが、凡百の鬼畜系同人誌マンガの中身のなさとは一線を画する、重い余韻を残す青春マンガになっている。
 
 性的に奔放な謎めいた美少女・ヨリ子が転校してきたことで、舞台となる中学校が大きく揺れる。生徒たち、果ては中年教師までが、次々とヨリ子の魔性の魅力の虜になっていく……というのが物語の骨子。
 これだけでは安手のポルノのようだが、比古地朔弥は、ヨリ子に恋をしながら最後まで肌を合わせない純情少年・一太を主人公に据え、彼の視点から物語を進行させることで、この作品を薫り高い青春マンガにしている。メジャー・デビュー前の作品だというのに、語り口は堂々たるものだ。

 一方の『まひるの海』は、『けだもののように』のいわば発展形であり、同じ主題の変奏である。こちらは逆に、主人公の少年が舞台となる南の島に出かけていき、そこに住む奔放な美少女に恋をする物語。ヒロイン・まひるは、顔つきもキャラも『けだもののように』のヨリ子とそっくりだ。

 夏休み。とある島のマリンショップで住み込みのバイトをすることになった高校生・歩が経験するひと夏の出来事……と、この作品もまた骨子はありふれたものだが、語り口のうまさと各キャラのリアルな描き分けで、読者を引きこんで離さない。

 骨子だけ聞いて、テレビドラマの『ビーチボーイズ』を思い浮かべる向きも多いだろう。しかしこれは、『ビーチボーイズ』のような、美青年と美女と美少女と渋い中年だけが出てくる嘘臭い青春ドラマ(スイマセン、あの手のドラマに偏見もってます)ではない。
 
 この『まひるの海』には、青春の美しさだけではなく、セコさ・醜さ・救いようのなさまでが、きっちりと描かれている。
 たとえば、妻帯者のくせに島に遊びにくる女の子をナンパしまくるマリンショップの店長、男漁りに余念のないブス…などというキャラまでが、ずしりとしたリアリティで描破される。だからこそ、その中にキラリと光る青春の美しさが読む者の胸を打つのだ。
「混在するダークとピュア。心をえぐるひと夏の恋」――これは単行本の帯につけられた惹句だが、この作品の本質をついた優秀なコピーだと思う。

 また、誘われるままに誰とでも寝てしまうまひるのキャラクター造型も、従来の青春マンガのヒロイン像とは一線を画する。そのまひるに翻弄される歩の姿が、読む者に切ない。
 とくにラスト、歩とまひるの別れを描いたシークェンスの切なさ・美しさといったら…。ネタバレになるのでどんな場面かは書かないが、「マンガ史上に残る」といっても過言ではない甘美な名場面である。

 比古地朔弥は、たとえば山本直樹や岡崎京子のように、一時代を築くカリスマに大化けする可能性を秘めた大器である。絵柄が古臭い点がやや難ではあるけれど…。
関連記事

『私立探偵 濱マイク』

私立探偵 濱マイク (TVシリーズ) DVD-BOX 私立探偵 濱マイク (TVシリーズ) DVD-BOX
永瀬正敏 (2002/09/26)
ジェネオン エンタテインメント/東芝デジタルフロンティア

この商品の詳細を見る


 1990年代に3作の映画が作られた林海象監督/永瀬正敏主演の『私立探偵 濱マイク』シリーズが、テレビドラマになって帰ってきた。
 
 映画のほうは『我が人生最悪の時』(93年の第1作。私はこれがいちばん好き)などという思わせぶりなタイトルがついていたが、ドラマのタイトルはずばり『私立探偵 濱マイク』。今夜の第1話を観るかぎり、すこぶる快調なすべり出し。今後が楽しみだ。

 映画のほうは日活アクション映画へのオマージュに満ちていたが、テレビ版は伝説的テレビドラマ『傷だらけの天使』『探偵物語』へのオマージュという趣。もっとも、その2作とも日活アクションの影響下にあったのだけれど…。

 林海象は、今回は「原作」として名を連ねているのみ。各回のメガホンは、青山真治、石井聰亙、須永秀明ら、若手を中心にした先鋭的な映画監督たちがとるという。
 この点も、かつての『傷天』や『探偵物語』が工藤栄一や村川透などの売れっ子映画監督によって演出されたことを彷彿とさせる。テレビドラマではあっても映画に近い作り方がされているという共通項があるのだ。
 
 映画では横浜日劇(映画館)の2階にあった濱マイクの探偵事務所が、テレビ版では日劇屋上のペントハウスに設定されている。これはもちろん、『傷天』のオサムとアキラの住まいが小汚いペントハウスであったことを意識した改変だろう。また、濱マイクの助手(?)として登場する市川実和子は、『探偵物語』の竹田かほり(懐かしい)を思わせる。

 …と、このように、『傷天』と『探偵物語』へのオマージュが随所にちりばめられているのだ。

 ドラマの中身はユーモアをたっぷりまぶした軽快なハードボイルド・アクションで、『傷天』よりは『探偵物語』に近い。
 井川遙を脇役(モギリ嬢役)で使うなど、キャスティングは超ゼイタク。永瀬の車やファッション、持ち物など、細部にもいちいちこだわりが感じられて愉しい。今クールの連ドラの目玉として、日テレが力を入れて作っていることがうかがえる。

 かつての『探偵物語』は視聴率20%以上をつねにキープする人気番組だったが、果たしてこのドラマはどうだろう? 男性の固定ファンはつくだろうけど、いまの若い女の子にとって永瀬ってどーなんでしょうか?

 ともあれ私にとっては、『木更津キャッツアイ』以来久々に、毎回ちゃんと観ようと思うドラマの登場である。

 ちなみに、「濱マイク」という名は、米国の作家ミッキー・スピレーンが産んだハードボイルド・ヒーロー、マイク・ハマーのもじり(ハードボイルド・ファンには言わずもがなだが)。矢作俊彦の第1長編も、『マイク・ハマーへ伝言』であった。
関連記事

Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>