海老原嗣生『「AIで仕事がなくなる」論のウソ』



 海老原嗣生(えびはら・つぐお)著『「AIで仕事がなくなる」論のウソ――この先15年の現実的な雇用シフト』(イースト・プレス/1404円)読了。

 雇用ジャーナリストの著者による、「AI雇用破壊論」への反駁の書である。
 「AIの進化と普及によって、近い将来、人間の仕事の多くがなくなる」とする「AI雇用破壊論」は、英オクスフォード大学准教授のAI研究者マイケル・A・オズボーンと、同大のカール・ベネディクト・フライ研究員が2013年に発表した『雇用の未来――コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文に端を発する。
 同論文は、「近い将来、9割の仕事は機械に置き換えられる」とし、702の職種について消滅可能性を%で弾き出したものだった。

 また、同論文の後を追うように野村総研が発表した研究では、「これから15年で今ある仕事の49%が消滅する」と、時期まで特定して「AIによる雇用破壊」に警鐘が鳴らされた。
 2つの研究は日本のビジネス界にも衝撃を与え、以後、雑誌や本などで「AI雇用破壊論」が盛んに取り上げられた。

 だが、フライ&オズボーンの論文が出てから5年が経ったいまも、人の仕事はなくなるどころか、深刻な人手不足になっている。それはなぜか?
 著者は、2つの研究はいずれも、「雇用現場を全く調べずに書かれて」おり、「技術的な機械代替可能性のみを対象にした」ものにすぎないと言う。たとえば、いまある仕事がAIに置き換え可能であるとしても、その導入コストが雇用コストを大きく上回るとしたら、どの企業も導入しないのだ。

 2つの研究で「なくなる」とされている業種の人に著者が意見を求めると、一様に白けた反応が返ってきたという。

「現場では1人の人が、こまごまとした多種多様なタスクを行っている。それを全部機械化するのは、メカトロニクスにものすごくお金がかかる」
「ある程度大量に発生する業務はすでに、オートメーション化している。残りの部分で自動化できるところは少ない」
 
 こんな言葉を、何度も何度も聞かされたのだ。



 本書は、「AI雇用破壊論」の多くが、仕事の現場を知らずに書かれた机上の空論であることを解き明かしていく。そのうえで、この先15年の現実的な「AIによる雇用シフト」の見取り図を示した本なのだ。

 著者は、この先15年でAIに代替されてなくなる仕事は「せいぜい9%」程度だという。日本では少子高齢化による労働力減少のほうがそれを上回るため、AIは脅威ではなく恩恵になる、と……。

 ただし、著者は「AIで仕事がなくなる」ことが「ない」と言っているわけではない。
 AIが人の仕事の半分~9割を代替するのは、もっと遠い将来に「汎用AI」(特化型=専用AIの対義語で、「人間に可能な知的な振る舞いを一通りこなすことのできるAI」を指す)が生まれてからのことだ、というのだ。

 雇用の専門家である著者が、そのうえ、さまざまな仕事の実情を熟知する現場のプロたちに取材を重ねて書いている。そして、事務職・流通サービス業・営業職などのAI化がどのように進んでいくかを、鮮やかに浮き彫りにしていく。それは「AI雇用破壊論」で言われるほど劇的ではなく、ゆったりとした歩みとなることがわかる。

 AI研究者の松尾豊さん(東大准教授)が、「30年以上先の未来は原則的に予測不可能であり、2045年前後にシンギュラリティが到来するかどうかは、『わかりません』というのが研究者として誠実な答えだ」と言っていた(趣意)。
 たしかに、「シンギュラリティ後」を見てきたように語る言説は、どこかうさん臭い。
 その意味で、本書が予測の立てやすい「15年先」までの近未来に的を絞っているのは、納得できる(ただし、最終章では「15年後より先の世界」についても大局的に触れている)。

 また、第1章ではAI開発の歴史と現状についても手際よく概説されている。雇用問題に限らず、AI全般の入門書としても有益な書である。

井上智洋『人工知能と経済の未来』



 昨日は都内某所で取材。今年の初取材である。

 行き帰りの電車で、井上智洋著『人工知能と経済の未来――2030年雇用大崩壊』(文春新書/864円)を読了。仕事の資料として。

 この手の本の著者には当然AI(人工知能)研究者が多いわけだが、本書の著者はマクロ経済学者だ。ただし、大学時代に計算機科学を専攻し、AI関連のゼミに入っていたという。
 つまり、“AIにも造詣の深い経済学者”なわけで、本書にはその立ち位置が十二分に活かされている。今後AIの進歩が加速していった果てに、経済と雇用のありようがどう激変するかに焦点が当てられた内容なのだ。

 先月読んだ『人工知能が変える仕事の未来』(野村直之)が楽観的で希望に満ちた内容だったのとは対照的に、著者の描く未来像は、「2030年雇用大崩壊」という副題どおりの悲観的なもの。

 2030年頃に汎用AIが登場するならば、その後は急速にあらゆる雇用が失われていくことになります。



 今から30年後の2045年くらいには、全人口の1割ほどしか労働していない社会になっているかもしれません。


 
 「汎用AI」とは特化型(専用)AIの対義語で、「人間に可能な知的な振る舞いを一通りこなすことのできるAI」を指す。この汎用AIの開発の目処が立つのが2030年頃だと言われており、それこそがAIによる雇用破壊の本格的な始まりだと著者は捉えているのだ。
 逆に言えば、AIが特化型にとどまるうちは、雇用破壊はそれほど心配する必要はない、と見る立場なのである。

 汎用AIが出現してしばらくした後に、労働者の多くが雇用されず、汎用AI・ロボットが生産活動に全面的に導入されるような経済が到来する可能性があります。そのような経済を「純粋機械化経済」と呼ぶことにしましょう。



 ただし、9割の人間の仕事が汎用AIに奪われる未来を、著者は必ずしもディストピアとしては描いていない。それは、“労働はAIにまかせ、人間は働かずに暮らせるユートピア”になる可能性もある、というのだ。

 「純粋機械化経済」をユートピアにするための条件として、著者はベーシックインカム導入を挙げる。
 最後の第5章は丸ごと、労働はАIとロボットにまかせ、9割の人々がベーシックインカムで暮らす未来を展望する思考実験に充てられている。

 SF的ではあるが、「AIが人類を支配する未来」などという与太話よりは、まだしも現実味がある気がする。 

■関連エントリ
山森亮『ベーシック・インカム入門』
新井紀子『コンピュータが仕事を奪う』

野村直之『人工知能が変える仕事の未来』



 今日は都内某所で、AI研究者にしてベンチャー企業家の野村直之さんを取材。
 野村さんは、1990年代にMITの客員研究員を務め、「人工知能の父」マービン・ミンスキーやノーム・チョムスキーらの薫陶も受けた本格派である。

 先月出たばかりの野村さんの著書『人工知能が変える仕事の未来』(日本経済新聞出版社/2376円)を読んで臨む。
 約500ページの大著であり、中身も非常に濃密な本だ。

 巷では、「AIの進歩が雇用を破壊する」、「いまある仕事の半分はAIに奪われる」、「2045年前後に起きるシンギュラリティ後、人類はAIによって支配される」などという「AI脅威論」がかまびすしい。

 それに対して本書は、AIがもたらすポジティヴな面ばかりがもっぱら紹介されている。読んでいて未来に希望が湧いてくる本である。

 さりとて、無根拠な楽観論ではない。主張の一つひとつが、AI開発と研究の現場を熟知した人ならではの見聞に裏打ちされている。
 シンギュラリティ論への反論(野村さんは、“シンギュラリティなど、今世紀中には起きない”と見る立場)は非常に説得的だし、「AIが雇用を破壊する」という脅威論への論駁も鮮やかだ。

 また、ディープラーニングの本質についての解説などもわかりやすく、最新のAI入門として優れている。
 ヘタな新書10冊分くらいの内容がギュッと詰まっているので、価格以上の価値がある本といえる。

 野村さんはキャラが立っていて話も面白いので、もっとテレビとかに出演されたら人気が出る方だと思う。

レイ・カーツワイル『シンギュラリティは近い』



 レイ・カーツワイル著『シンギュラリティは近い――人類が生命を超越するとき』(NHK出版)読了。書評用読書。

 2005年刊の『ポスト・ヒューマン誕生――コンピュータが人類の知性を超えるとき』を、半分以下の分量に凝縮し、原題直訳の形に改題した「エッセンス版」である。
 いわゆる「2045年問題」(2045年ごろに、AIが人類の知能を超える「シンギュラリティ」=技術的特異点が到来するという問題)の、議論の発火点となった本だ。

■関連エントリ→ 松田卓也『2045年問題』

 原著刊行から10年以上が過ぎ、その間AIが長足の進歩をつづけたことにより、本書に描かれた未来が荒唐無稽なものではないことがわかってきた。また、「シンギュラリティ」という言葉自体も一般的になってきた。
 そうした変化をふまえ、読みやすいエッセンス版として再刊されたものであり、時宜にかなった刊行といえる。私自身、「『ポスト・ヒューマン誕生』は読んでみたいけど、分厚くて難しそうだしなァ」と、手を伸ばすのをためらっていた一人だ。

 読んでみて、「想像していたよりもまっとうな未来予測の書だ」と感じた。

 前半は“なぜシンギュラリティが起きるのか?”の理論的根拠が説明されており、もろ文系の私には難しくて退屈。
 だが、シンギュラリティ後の世界を具体的に予測していく第5章「衝撃……」で、一気に面白くなる。この章は、にわかには信じがたい驚愕の未来像が目白押しだ。たとえば――。

 いずれは食べ物から栄養をとるという面倒はまったく不要になる。
 やがて栄養は特殊な代謝用ナノボットによって血流へと直接送り込まれ、同時に血中や体内にあるセンサーが、それぞれの部位で必要な栄養について、無線通信で情報を送るようになるだろう。この技術は二◯二◯年代の終わりごろまでにはかなり成熟するはずだ。



 ただ、“やがてAIが意識を持つ存在となり、「魂をもつ」”と主張する第6章に入ると、内容が一気にオカルトじみてきて、アヤシゲになる。

 そして人類の文明は、われわれが遭遇する物言わぬ物質とエネルギーを、崇高でインテリジェントな――すなわち、超越的な――物質とエネルギーに転換しながら、外へ外へと拡張していくだろう。それゆえある意味、シンギュラリティは最終的に宇宙を魂で満たす、と言うこともできるのだ。

 

 ここだけ引用しても何のことやらわからないだろうが、全編を読んでも、この部分の意味はやっぱりわからない。
 科学者が「魂」とか言い出したらアカンやろ。こういうトンデモ記述さえなければ、未来予測の書として面白いのに……。

本田幸夫『ロボット革命』



 昨日は、都内某所で大阪工業大学ロボット工学科教授の本田幸夫さんを取材。
 本田さんの近著『ロボット革命――なぜグーグルとアマゾンが投資するのか』(祥伝社新書/864円)などを読んで臨む。

 ロボットをめぐる日本と世界の現状と今後の展望を、的確に概説した好著。
 いちばん目からウロコが落ちたのは、これまでの日本がずっと「技術で勝って商売で負けてきた」との指摘。

 自動運転車も、ルンバのようなロボット掃除機も、世界で初めて開発したのは日本であり、にもかかわらずそれらは商品化できなかった、というのである。
 その理由はいくつかあるのだが、一つにはリスクを取りたがらない日本人の国民性ゆえだという。「自動掃除機がもしも寝ている赤ちゃんにぶつかってケガでもさせたら、誰が責任を取るんだ?」などという意見がたくさん出て、開発がストップしてしまうのだという。

 本田さんは、日本電装(現・デンソー)や松下電器産業(現・パナソニック)でロボット開発に携わり、その後大学教授に転身された方。現在もロボット関連企業の経営者でもある。
 つまり、ビジネスの視点からロボットを見るプロなのだ。その視点が全編に及んでいるのが本書の大きな特長で、研究者一筋の人が書いた類書とは違う面白さがある。


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>