坂爪真吾『性風俗のいびつな現場』



 坂爪真吾著『性風俗のいびつな現場』(ちくま新書/886円)読了。

 著者は東大で上野千鶴子に師事し、現在は「一般社団法人ホワイトハンズ」の代表を務める人物。
 「ホワイトハンズ」は、「新しい『性の公共』をつくる」をミッションに掲げ、「障害者の性」の問題の解決などに取り組んでいる。

 本書もホワイトハンズの活動から生まれたもの。風変わりな性風俗の現場への取材などを通して、困難な立場に置かれた女性たちの社会的包摂の問題が考察されている。

 読む前に想像していたよりもはるかに真面目な本で、内容も秀逸だった。

 著者も「はじめに」で指摘しているとおり、風俗ライターやジャーナリストがこの手の本を書くと、どぎつい話、悲惨な話ばかりを強調した煽情的ルポに終わってしまいがちだ。
 一方、現場を知らない社会学者などがこの手の本を書いた場合、「性産業への規制強化や撲滅といったステレオタイプの批判を繰り返し訴えるだけで、実効性のある解決策を出すことは全くできなかった」(「はじめに」)。
 本書は、両者の欠点を克服した内容になっている。

 著者は性風俗の当事者たちと向き合いながらも、「現場」で起きていることをいたずらに美化したり、逆に悲惨さをことさら強調したりはしない。ニュートラルな視点を保っているのだ。
 そしてそのうえで、ソーシャルワークの専門家としての知識・スキル・人脈を総動員し、問題解決の方途を真摯に模索している。

 その「解決」とは、ソーシャルワーカーの側から女性たちにアウトリーチすることによって、彼女らが性風俗の世界に身を置いたまま、生活改善していくことを目指すもの(もちろん、その結果として性風俗から引退することはある)。
 著者は性風俗を頭から否定したりはしない。ある種の女性たちのセーフティネットとして、社会福祉を補完する役割を果たしている意義を認めているのだ。

 本書に登場する性風俗は、母乳・妊婦専門店や激安デリヘル、熟女専門店などであり、そこには「女性の貧困」の問題が色濃く映し出されている。つまりこれは、「性風俗の現場」をフィルターとして貧困問題を考える書でもあるのだ。

 さりとて、けっして堅苦しい本ではない。たんに下世話な興味から「風俗ルポ」として読んでも、そこそこ楽しめるように工夫されている。
 たとえば、母乳・妊婦専門店について紹介した章などは、知られざる世界を垣間見る面白さに満ちている。次のような記述に、私は思わず笑ってしまった。

 男性客の中で、妊婦ママとも母乳ママとも遊べる「両刀使い」は、全体の二割ほど。妊婦マニアと母乳マニアの客層は、意外にも重ならないようだ。



 タバコを吸っている女性の母乳と吸っていない女性の母乳の味の違いは、分かる男性客には分かるらしい。



 ううむ……。ディープな世界ですなァ。

 

『実録 最底辺の女たち』



 『実録 最底辺の女たち 三才ムック vol.799』(三才ブックス/540円)読了。
 
 定価は540円だが(紙版は980円)、先日Kindle電子書籍の半額セールをやっていたときに、安かったのでなんとなく買っておいたもの。

 「三才ムック」といえば、昔の『探偵の本――知られざる興信所の世界に迫る!』とか好きだったなあ。
 鉄人社の「裏モノ」の類似シリーズだが、三才ムックのほうが味のある本が多い気がする。

 本書は、おっさんライター陣が自らの「出会い系」体験記を綴ったレポート集。
 ライターの名前すら一切記されていない。「名前のない女たち」ならぬ、「名前のないライターたち」の仕事。コンビニの棚によく並んでいるような、読み捨てのワンコインムックのたぐいである。

 とはいえ、どのライター(何人で書いているのかも不明。実は1人だったりして)も文章はわりと面白いし、なかなか読ませる本に仕上がっている。意外な拾いものだった。

 『闇金ウシジマくん』によく出てくるような、ぶっ壊れた感じの女たちが次から次へと登場する。
 昔の『噂の眞相』風に言えば「ヒューマンインタレストあふれる」世界が展開され、読み始めると最後まで読まずにいられない。

中村淳彦『女子大生風俗嬢』



 中村淳彦著『女子大生風俗嬢――若者貧困大国・日本のリアル』(朝日新書/821円)読了。

 同じ著者の『日本の風俗嬢』『職業としてのAV女優』の姉妹編ともいうべき本である。

 「女子大生の風俗嬢が増え始めた」ことが新奇な現象として報じられたのは1980年代だが(それ以前にも例外的な女子大生風俗嬢はいただろうが)、当時の女子大生風俗嬢はおおむね「遊ぶ金欲しさ」でなるケースが多かったと思う。

 しかし本書によれば、昨今は生活費と学費捻出のために風俗をするケースが多いのだという。つまりこれは、「若者の貧困」の問題を女子大生風俗嬢というフィルターを通して考えた本なのだ。

 著者は、風俗・AVライターとして長年活動してきた人。『日本の風俗嬢』『職業としてのAV女優』は、その経験と知識が凝縮されていた点がよかった。

 いっぽう、本書は行き当たりばったりの浅い取材で書かれている印象で、前2著に比べて読み応えがない。
 たとえば、第3章「貧困の沖縄を行く」は「2泊3日の取材」(本文にそう明記されている)で書かれている。2泊3日で何人かの風俗嬢を取材しただけで“沖縄のいま”を語られてもなあ。

 また、第5章「風俗はセーフティネットか」に登場するのは、45歳と30代の熟女風俗嬢と、20歳だが大学生ではないデリヘル嬢だけだ。おいおい、これは『女子大生風俗嬢』という本ではなかったのか。

 大学進学率が50%を超える状況だが、旬な適正年齢で、最高学府に進学するような女性は、なかなかそこまで転落しない。山根氏から、“うちで一人だけ20歳の女の子がいます。学生ではないですけど、取材しますか?”と言われた。


 
 ……って、本のテーマとタイトルを著者自身が否定しちゃってるし(笑)。女子大生風俗嬢の事例が、思ったほど簡単には見つからなかったのだろう。

 まあ、“大学の学費高騰とそれに伴う奨学金(という名の借金)問題の深刻化によって、女子大生風俗嬢にならざるを得ない人が増えている”という本書の問題提起自体は、社会的意義のあるものだと思う。

「今は学生の半分以上が一般的なサラリーマンの年収以上の借金を背負っている。90年代後半あたりまで、奨学金の受給者は大学生全体の2割程度だったけど、今は52・5%となって少数派ではなくなってしまいました」(大内裕和・中京大教授のコメントより)



 過去の著作でも感じたことだが、この著者には、ごく一部の極端な事例を根拠に“社会全体が極端になっている!”と針小棒大に書き立てる悪癖がある。
 たとえば、『崩壊する介護現場』では、“介護業界で働く女性の多くが副業で性風俗をやっている”かのような書き方をしていた。
 
 本書にも、「この数年、世代格差が叫ばれている。高齢者は様々な社会保障で悠々自適に暮らし、その孫はカラダを売って大学進学する、そんな現実がある」(「おわりに」)という一節がある。
 いやいや、そんな書き方ができるほど一般化した現象ではあるまい。“風俗の仕事で学費を捻出する学生も、世の中にはいる”というだけの話だろう。

鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ』


身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論
(2014/11/26)
鈴木 涼美

商品詳細を見る


 昨夜は、編集者・カメラマンとのごく小規模な忘年会。
 行き帰りの電車で、鈴木涼美(すずみ)著『身体を売ったらサヨウナラ――夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎/1512円)を読了。

 著者は慶應SFCから東大大学院に進み、日経の記者をしていた社会学者・文筆家。
 学生時代に「佐藤るり」の芸名でAV女優として活躍していた時期があり、そのことが『週刊文春』の記事になって、今秋大きな話題をまいた。
 たしかに、学歴・経歴とAV女優であったことの落差は、おじさんたち(私含む)の関心をそそるに十分だ。

 本書は、著者が幻冬舎のサイトに連載した「お乳は生きるための筋肉です~夜のおねえさんの超恋愛論~」の単行本化。

 タイトルの印象から、AV女優時代の思い出とか、日経を辞めた経緯などが大きな紙数を割いて書かれているのだと思い込み(えげつない幻冬舎のことだから、そういう誤解を狙ってこのタイトルにしたのだろう)、下世話な興味から手を伸ばしてみた。
 しかし読んでみれば、AV女優時代のこと、日経記者時代のことにはほとんど触れられていないのであった。

 では何が書かれているかといえば、著者のキャバ嬢時代やホストクラブ通いの思い出、つきあった男たちの思い出、著者の女ともだち(風俗嬢やAV女優なども多い)をめぐるさまざまなエピソードなど……。
 恋愛論・幸福論としての側面もないわけではないが、論というよりは「自分語りエッセイ」である。

 性愛や風俗体験、ホストクラブ通いなどについて綴った優れたエッセイといえば、菜摘ひかるや中村うさぎのものが思い浮かぶ。本書は、菜摘や中村の作品に比べると、ずいぶん見劣りがする。
 「とめどない垂れ流し」という印象のダラダラした自分語りに辟易するし、さまざまな面で恵まれた環境に育った女性らしい“自覚なき上から目線”が随所に感じられ、読後感はよくない。

 ときおりキラリと光る一節はあるものの、著者はポスト菜摘ひかる、ポスト中村うさぎにはなり得ないと思う。

 私は、著者の最初の単著『「AV女優」の社会学』をまだ読んでいない。修士論文をベースにしたという同書を先に読んでいれば、また印象が違った(「へーえ、こういうくだけた本も書けるんだぁ」的な)のかもしれないが……。

中村淳彦『日本の風俗嬢』


日本の風俗嬢 (新潮新書 581)日本の風俗嬢 (新潮新書 581)
(2014/08/09)
中村淳彦

商品詳細を見る


 中村淳彦著『日本の風俗嬢』(新潮新書/842円)読了。

 同じ著者が2年前に出した『職業としてのAV女優』の続編というか、風俗嬢編である。刊行は8月で、いま私の手元にある本は10月発行の9刷(!)。売れているのだ。

 著者は性風俗業界の取材を長年つづけてきたライターだから、さすがに現状にくわしいし、そのうえ本書のためにも丹念な取材を重ねている。

 『職業としてのAV女優』は、AV女優に求められるスペックがどんどん高くなり、その一方で業界の不況が進んでいる現状を明かして衝撃的だった。一部のハイスペックな女性を除けば、AV女優は普通のOLより稼げない仕事になっているというのだ。

 本書で明かされた日本の風俗嬢たちの現状も、それとよく似ている。風俗嬢の「偏差値」は上がり、一方では業界の供給過剰・低価格化競争が進み、低スペックな女性はそもそも風俗店に採用されないし、ハードルの低い底辺店に勤務しても、OL並みかそれ以下の収入しか得られないという。

 風俗嬢は超高収入で消費と遊びが好き、というのは、過去の栄光に基づいた時代錯誤の認識である。経営者が女性から搾取して暴利を貪っているというのも同様だ。



 第三章「激増する一般女性たち」と、第四章「風俗嬢の資格と収入」が、とくに面白い。ここでいう「資格」とは、容姿や能力(知性やコミニュケーションスキルなど)のことである。

 供給過剰なので、雇用する性風俗店と客による女性の選別が始まる。容姿を中心とした外見スペックだけではなく、接客サービス業なので技術、育ちや性格や知性なども含めたコミュニケーション能力が加味されて、性風俗がセーフティネットではなくなり、選ばれた女性が就く職業になってしまった。
(中略)
 貧困に悩んで最後の手段として覚悟をしても、そこに食い込めるだけの外見スペックと能力を持っていなければ門前払いとなる。



 カラダを売りたくても売れない層が大量に現れたのは、おそらく歴史的に現在が初めてではないか。



 「性風俗業界には軽度の知的障害を持った女性が大量に流入している」という話が、少し前にNHKのニュース番組「おはよう日本」でも取り上げられ、話題をまいたが、著者はそれを否定する。

 一般女性でさえ底辺に近い店を含めても約半数が門前払いとなっている厳しい現状である。従ってそのような雇用は店側にメリットがない。



 軽度知的障害をもつ風俗嬢がいないわけではないが、噂されるほど多くはないだろう、というのだ。このくだりは「なるほど」と思った。

 風俗業界についての先入観を次々と覆され、目からウロコが落ちまくる本。


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>