岡映里『境界の町で』


境界の町で境界の町で
(2014/04/19)
岡 映里

商品詳細を見る


 今日は、都内某所で打ち合わせが一件。
 行き帰りの電車で、岡映里著『境界の町で』(リトルモア/1728円)を読了。

 汗牛充棟の東日本大震災関連書の一つではあるが、どの類書とも異なる独創性をたたえた1冊だ。

 作家が被災地を取材して作品にする場合、自分語りを最小化して社会派ノンフィクションにするか、取材をふまえたうえで完全なフィクションにするか……という2つの方向性があるだろう。

 だが、著者はそのどちらも選ばなかった。原発の町に通いつめ、半ば住み着くようなディープな取材を重ねたあとで、福島での日々を私小説のようなテイストで濃密に振り返ったのである。
 著者は取材者の目線を超え、身近な友人たちを見る目線で福島の人々を見つめている。と同時に、禁欲することなく思いきり自分語りをしている。そのことが類書にない新鮮さを生んでいるのだ。

 私は、やっぱり福島に行くことにする。
 その晩、肩まであった髪を浴室で切ってベリーショートにした。



 3・11を扱った従来のノンフィクションでは、こんな一節にはお目にかかれなかった。1人の30代女性としての著者が、本書にはリアルに息づいているのだ。

 著者プロフィールの肩書きは、「ノンフィクション作家」ではなく、たんに「作家」となっている。そのことが象徴的だ。これはノンフィクションというより、むしろ私小説なのだ。
 私小説として描かれた3・11後の福島――ありそうでなかった、コロンブスの卵のような方向性であり、それが本書では十二分に奏功している。

 類書の中で本書のスタンスに最も近いのは、じつは鈴木智彦の『ヤクザと原発』ではないか。
 ただ、鈴木の荒削りな本よりも、本書のほうがはるかに文学的香気に満ちている。たとえば、次のような一節。これはもう、詩だと思う。

 人の人生の稲妻のような一瞬に触れて、私の言葉も瓦礫になった。福島でそんな経験を何度もした。共感も、心配も、同意も、言葉にした瞬間すべて嘘になった。すべての言語を奪われてしまった。共感したい、同意したい、同化したい。でも言葉という道具は頼りにならなかった。



岩佐大輝『99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る』


99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る
(2014/03/14)
岩佐 大輝

商品詳細を見る


 岩佐大輝(ひろき)著『99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る』(ダイヤモンド社/1404円)読了。仕事の資料として読んだ。

 東日本大震災で津波の甚大な被害を受けた宮城県山元町出身の若手経営者(1977年生まれ)が、山元町名産のイチゴの高級ブランド化に取り組み、わずか3年で見事な成果を上げるまでを綴ったもの。
 著者たちが作り上げたブランド「ミガキイチゴ」は、伊勢丹等で1粒1000円、12粒詰め1万円の高級イチゴとして売られているのだ。

 本書は、震災復興ドキュメンタリーとしても、ビジネス書としても優れた内容だ。

 著者はIT企業の経営を10年つづけてきた人物だが、イチゴ作りはおろか農業経験もゼロ。それでも、経営者としての優れた才覚で壁を乗り越え、滅びかけた故郷の町にコンピュータ制御の最先端イチゴ農場を作り上げていく。

 著者が打つ手の一つひとつが理にかなっており、ワタミ的な歪んだ精神論が微塵も混入していない点がよい。「こういう経営者なら、イチゴ作りにかぎらず、どんな分野でも成功するだろうな」と思わせる。

 著者のパートナーとなる、イチゴ作り一筋40年の65歳「忠嗣ちゃん」が、じつにいいキャラしてる。
 イチゴを粗末に扱う者は怒鳴り飛ばし、「イチゴはおなごのようなもんだ。やさしくいたわれば甘ぐ育づんだ」と、訥々とした東北弁でサラリと名言を吐く。頑固だが愛嬌のあるおじいちゃんである。

 ビジネス書としての難点を挙げるなら(エラソーですね)、当初伊勢丹側から「来たイチゴ全部ダメ!」「福岡の『あまおう』にも負けています」と言われたという「ミガキイチゴ」が、1粒1000円のブランド品に生まれ変わるまでのプロセスが端折られている点が物足りない。このへんはもっとじっくり書き込むべきだったろう。
 まあ、いわゆる「企業秘密」に類する部分だからと、あえて割愛したのかもしれないが……。

 ともあれ、震災の絶望から立ち上がって懸命に希望を探していくプロセスが、さわやかな感動を呼ぶ好著ではある。

姜尚中、鷲田清一ほか『日本人の度量』


日本人の度量 3・11で「生まれ直す」ための覚悟 (講談社プラスアルファ新書)日本人の度量 3・11で「生まれ直す」ための覚悟 (講談社プラスアルファ新書)
(2014/02/21)
姜 尚中、高村 薫 他

商品詳細を見る


 昨日から今日にかけて、一泊で仙台へ――。

 「せんだいメディアテーク」にて、哲学者の鷲田清一さんと防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんの対談取材(で、私がまとめる)。

 対談テーマに関連した、『日本人の度量――3・11で「生まれ直す」ための覚悟』(姜尚中・高村薫・鷲田清一・本多弘之著/講談社+α新書/882円)、渡辺実著『都市住民のための防災読本』(新潮新書)『緊急地震速報』(角川SSC新書)を読んで臨む。

 そのうち『日本人の度量』は、2012年4月に行われた「第6回親鸞フォーラム」の内容をまとめたもの(フォーラム開催から書籍化までに2年近くかかっていることにビックリ。ゆったりとした仕事の進め方だなあ)。
 東日本大震災後の日本の「いま」と「これから」についての、姜尚中さんによる基調講演と、ほかの3氏によるシンポジウムを収めている。

 シンポジウムについては、パネラー3人が話した内容をバラバラにして再構成し、1人ずつの講演であったかのような体裁にしている。
 なぜそんな手間ヒマのかかることをしたのか、理解に苦しむ。べつに、シンポジウムのままでもよいではないか。

 体裁についてはさておき、話の中身はそれぞれ示唆に富むもので、東日本大震災関連書として上出来の内容になっている。
 「親鸞フォーラム」をまとめたものだから、親鸞の思想を通奏低音としてはいるのだが、宗派性に凝り固まった内容というわけでもない。

■関連エントリ
鷲田清一・内田樹『大人のいない国』レビュー
鷲田清一・永江朗『哲学個人授業』レビュー

『ストーリー311』


ストーリー311 (ワイドKC キス)ストーリー311 (ワイドKC キス)
(2013/03/11)
ひうら さとる、上田 倫子 他

商品詳細を見る


 『ストーリー311――漫画で描き残す東日本大震災』(講談社ワイドKCキス)を読んだ。

 東日本大震災を描いたマンガが、この3年間でたくさん出ている。仕事でそのうちのいくつかを読んでいて、これもその一つ。
 講談社のウェブコミック「デジキス」(『Kiss』のウェブ版)で連載されたものの単行本化。東村アキコ、末次由紀、おかざき真里、新條まゆなど、第一線の人気マンガ家たち11人が参加している。印税・著作権料は、全額被災地復興のために寄付されるという。

 各マンガ家が東北被災三県に取材に赴き、被災者の体験をマンガ化している。

 貴重な試みではあるし、マンガ家たちが取材を編集者やライターまかせにせず、自ら行っている誠実さも好ましい。
 しかし、一人あたり8ページという制約のせいもあって、どの作品も総じて印象が薄い。文章で書かれた被災体験記を、絵に置き換えただけという感じ。マンガという表現形式の強みが活かされていないと思う。

 唯一心に残ったのは、樋口橘(ひぐち・たちばな)が寄せた作品で、6歳の女の子に父親が津波による母親の死を告げる場面。父は「どう言葉を選べば一番優しく伝えることができるだろうか」と思案したすえ、こんなふうに言うのだ。

「キラキラしたママを見つけたよ。羽があって天にのぼっていくママを見つけたんだ」



萩尾信也『三陸物語』


三陸物語三陸物語
(2011/09/29)
萩尾 信也

商品詳細を見る


 昨日は、妻の手術の付き添いで病院へ――。

 年明けに妻が腹痛を訴え、病院に行って検査を受けたところ即日入院となり、昨日の手術となった。詳細は控えるが、我が家にとってはなんとも波乱の幕開けである。
 それで、この一週間バタバタとして、心理的にも仕事がほとんど手につかず、あちこちで停滞が起きている。

 手術も成功して少し落ち着いたので、今日からまた平常営業である。……と、関係各所への業務連絡も兼ねて、ここに記しておく。


 手術が終わるのを待つ間、待合室で萩尾信也著『三陸物語――被災地で生きる人びとの物語』(毎日新聞社/1575円)を読了。

 これは、目利きとして一目置く年長の編集者から、「東日本大震災の関連書ではいちばんよかった」とオススメされた本。

 釜石で少年期を過ごした『毎日新聞』のベテラン記者が、震災直後から現地に身を置いて書いた被災地ルポである。昨年度の「日本記者クラブ賞」も受賞し、続編も刊行されている。

 「うまい文章だとは思うが、ときどき表現が古臭いなあ」というのが第一印象。いかにも「昔の新聞記者文体」というか。
 たとえば、こんな表現。

 元早稲田大学ラグビー部員で市会議員で消防団員、疲れ知らずのタフガイは生きていた。



 いまどき「疲れ知らずのタフガイ」って……。
 あるいは、こんな表現。

 廃墟と化した故郷を前にして滅入る気持ちを奮い立たせるように、たき火を囲んで酌み交わし、共にくゆらす紫煙があってこそ、開いてくれる胸襟もあった。



 これも古めかしい美文調で、いまとなってはクサい。

 ……と、ケチをつけてしまったが、読んでいるうちに内容の迫力に引き込まれ、文体の古臭さは気にならなくなった。

 一章ごとに、一人の人、一つの家族に的を絞った構成。
 著者が釜石育ちであるだけに、取材相手の方言の活かし方が素晴らしい。次のような言葉は、標準語に直してしまったら思いの半分も伝わらないだろう。

「何で津波なんかで死んだんだべ。寒かったべな、苦しかったべな、何を思ったんだべかって。答え出ないのわかってるんですっけ。でも悔しぐて、寂しぐて」



 取材相手の心に分け入り、秘めた思いをすくい取る手際が鮮やかだ。そして、ちりばめられた生と死のドラマが胸を打つ。
 たとえば、こんな一節。

 津波で流れる家の二階で手を振る人の姿が脳裏にこびりついたおじいさんもいた。「あれは、助けてという意味なのか。お別れのさよならなのか」と自問していた。津波から逃げようとした中年の女性は、年老いた男女に「助けて」としがみつかれた。濁流が間近に迫る。「私、ふりほどいて走ったんです。後ろを見たら、二人はもういなかった。手の感触が腕に残っています」。




Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>