中室牧子『「学力」の経済学』



 中室牧子著『「学力」の経済学』(ディスカヴァー・トゥエンティワン/1760円)読了。

 「教育経済学者」の著者(慶應義塾大学教授)が、自らの研究と見聞をふまえて書いた一般書。
 データに基づき、経済学的手法で教育について分析する「教育経済学」のエッセンスが、わかりやすく紹介されている。

 4年前(2015年)に出た本で、私は仕事の資料として読んだ。
 30万部突破のベストセラーになっているそうで、昨年には本書のマンガ版(『まんがでわかる「学力」の経済学』)まで刊行されている。

 私はこれまで「教育経済学」という言葉さえ知らなかったド素人だが、本書は大変面白く読んだ。

 教育経済学者の私が信頼を寄せるのは、たった一人の個人の体験記ではありません。個人の体験を大量に観察することによって見出される規則性なのです。(17ページ)



 著者の指摘どおり、教育や子育てについての日本の論説の多くは、エビデンスを重視する科学的姿勢に乏しい。
 子育てに成功した人(「子どもが全員東大に入った」とか)の体験を綴った本をありがたがって読んだりするわけだが、その個人的体験に普遍性はないのだ。

 子どもへの教育を「投資」と表現することに抵抗のある人もいるかもしれませんが、あくまでも教育を経済的な側面から見れば、そう解釈できるということにすぎません。(74ページ)



 本書には〝子どものいる家庭が年収の40%も教育費に使っている〟という、日本政策金融公庫の調査データが紹介されている。これほど多額のお金を子どもの教育に費やす以上、コストパフォーマンスが厳しく求められるのは当然だろう。
 家庭では「投資」という言葉があまり使われないだけのことで、教育費は子どもの将来に対する「投資」にほかならないのだから……。

 過去日本が実施してきたさまざまな教育政策は、その費用対効果が科学的に検証されないままとなっています。(116ページ)



 そう指摘する著者は、データ、エビデンスに基づき、さまざまな教育の費用対効果・効率・収益率(!)などについての興味深い話を、矢継ぎ早に紹介していく。たとえば――。

 どの教育段階の収益率がもっとも高いのか、と聞かれれば、ほとんどの経済学者が一致した見解を述べるでしょう。
 もっとも収益率が高いのは、子どもが小学校に入学する前の就学前教育(幼児教育)です。(76ページ)



 情緒的でキレイゴト満載の「教育論」に慣れた目には、著者の冷徹でクリアカットな語り口が小気味良い。

 教育について経済学的観点から研究する著者は、教育の現場にいる人たちから、しばしば次のような批判を浴びてきたという。

「あなたの研究は、子どもはモノやカネで釣れるということを示すためのものなのか」
「教育は数字では測れない。教育を知らない経済学者の傲慢な考えだ」(182ページ)



 〝教育は聖域、教育者は聖職者〟みたいな時代錯誤の思い入れを、いまだ強烈に持っている人が多い世界なのだろうな。
  しかし、これからの教育に必要なのは、著者のような視点のほうだと思った。

藻谷浩介・NHK広島取材班『里山資本主義』



 藻谷(もたに)浩介・NHK広島取材班著『里山資本主義――日本経済は「安心の論理」で動く』(角川新書/843円)読了。

 6年前(2013年)に刊行されベストセラーになった本だが、仕事上の必要があって、いまごろ初読。
 「40万部突破」だそうで、私の手元にあるものは2018年2月の第19刷。

 スタジオジブリの近藤勝也による描き下ろしイラストを用いた、特製の「全面帯(新書の全面を覆う帯)」で飾られている。
 全面帯は通常の帯よりコストがかかるため、よく売れた本や売れるであろう本にしか使われないのだ。

 中国地方限定で放映された、NHKのドキュメンタリー番組がベースになっている。

 「里山資本主義」とは、本のカバーに書かれた定義によれば、「かつて人間が手を入れてきた休眠資産を再利用することで、原価ゼロからの経済再生、コミュニティー復活を果たす現象」のことだという。

 これだと、ちょっとわかりにくい。
 「かつて人間が手を入れてきた休眠資産」とは、具体的には「里山」など〝自然の中の休眠資産〟を指す。
 安い輸入材に駆逐されて無用の長物と化していた里山の木材などを、これまでとは違う形で再利用することで、過疎地域に新しい自立の道を拓くのが「里山資本主義」なのである。

 本書で「里山資本主義」と対置されているのが、「マネー資本主義」。資本主義の爛熟の果てに生まれた、〝マネーゲームを中心に据えた投機的資本主義〟を指している。

 日本の中国地方山間部や、瀬戸内海の島しょ部、さらにはオーストリアの小さな地方都市で展開されている、「里山資本主義」による地域再生の事例が紹介される。

 田舎暮らしをロマンティックに推奨する本だけの本なら、山ほどある。そこから一歩踏み込んで、地方再生の方途としての〝田舎暮らし2.0〟を論じたのが本書なのである。

 リーマンショックと「3・11」によって、「マネー資本主義」の脆弱性が決定的に露呈し、〝経済的価値観のパラダイムシフト〟を求める機運が高まったことが、本書の背景になっている。

 ただし、本書は〝里山資本主義がマネー資本主義に取って代わる〟とか、〝原発に完全に訣別して自然・再生エネルギーだけで暮らす〟などという、「お花畑」な夢物語を述べたものではない。

 著者たちは「里山資本主義」を、「マネー資本主義の生む歪みを補うサブシステムとして、そして非常時にはマネー資本主義に代わって表に立つバックアップシステムとして」捉えているのだ。
 エコロジストにありがちな極端な主張に陥らない、冷静な論調に好感が持てる。

 何より、とかくネガティブに捉えられがちな日本の少子高齢化・地方の限界集落化などがポジティブに捉え直され、日本の未来に希望を抱ける書である。だからこそベストセラーになったのだろう。

佐藤雅彦・菅俊一・高橋秀明『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』



 原作・佐藤雅彦&菅俊一、画・高橋秀明の『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』(マガジンハウス/1620円)を読んだ。仕事の資料として。

 タイトルのとおり、マンガの形を取った行動経済学入門である。
 経済学と心理学を融合させ、人間が時に取る非合理的な経済行動の背景を、心理学的観点から読み解く学問である「行動経済学」。そのおもなキーワードを取り上げ、一つのキーワードにつき4ページのマンガにしている。

 「ヘンテコノミクス」とは、行動経済学で俎上に載る非合理的経済行動が、ある意味で奇妙であることの謂だ。
 全23話のマンガは毎回、「――人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。」という言葉でしめくくられる。

 取り上げられている言葉は、アンダーマイニング効果、メンタル・アカウンティング、極端回避性、代表性ヒューリスティック、双曲割引、おとり効果、感応度逓減性などなど。

 マンガを担当している高橋秀明は、広告の世界のアートディレクター/クリエイティブディレクターで、マンガを描くのはこれが初めてだという。
 昭和40年代くらいの古き良きギャグマンガを模した、シンプルで味のあるタッチは見事なもの。初めて描いたマンガとはとても思えない。

 何より、行動経済学入門として非常によくできていて、取り上げられたキーワードの意味がすんなり理解できるし、行動経済学の面白さもよくわかる(ただし、「マンガとして面白い」かというと、そこは微妙)。

 元は『ブルータス』に連載されたものだから、当然、大人が読んでもためになる。一方、小学校高学年くらいから読んでも大丈夫なくらいわかりやすい。

 佐藤雅彦といえば、竹中平蔵との対談形式で作った『経済ってそういうことだったのか会議』は、平明な経済学入門として出色であった(日本の格差を拡大させた竹中がキライな人も多いだろうが、それはさておき)。
 その佐藤が、こんどは行動経済学入門の傑作を作ったのである。

水野和夫『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』



 昨夜は、タンゴ・ダンサーのアクセル・アラカキさんと、そのお母さんでやはりタンゴ・ダンサーのカロリーナさんを取材。日本橋のタンゴ・スタジオ「タンゴ・ソル」にて。
 アクセルさんは日系3世で日本在住だし、カロリーナさんも19歳のときから日本在住なので、日本語でインタビュー。

 アクセルさんは、アルゼンチンで開かれる「タンゴ・ダンス世界選手権」のステージ部門で、昨年優勝したばかり。26歳の斯界のニュースターだ。
 羽生結弦をもう少し精悍にした感じの、スラリと細い美青年である。顔が小さくて足が長い! お母さんのカロリーナさんも美人で若い。


 行き帰りの電車で、水野和夫著『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』(集英社新書/842円)を読了。仕事の資料として。

 著者は法政大学教授で経済学博士のエコノミスト。「資本主義の終焉」「近代社会の終焉」が近く、世界はグローバル化から「閉じてゆく帝国」の時代へと向かう、と主張している。

 よくある経済予測本というより、もっと射程の広い、文明批評的ニュアンスの強い本。経済的側面から世界史を鷲づかみにする趣がある。

 先進諸国が経済成長を続けられる時代はもう終わった、とし、日本も経済成長を追い求めるより、日中韓+ASEANの「閉じた経済圏」での定常状態を目指すべき、というのが著者の主張である。
 「自転車を漕ぎ続けないと倒れるように、経済成長を続けないといけない」と考える立場から見たら、暴論に映るだろう。が、私はけっこう面白く読んだ。

的場昭弘『大学生に語る資本主義の200年』



 的場昭弘著『大学生に語る資本主義の200年』(祥伝社新書/886円)読了。仕事の資料として。

 マルクス経済学者で神奈川大学教授の著者が、自身のゼミで行った連続講義の書籍化。ゆえに語り口調の文章で書かれており、テーマがヘビーなわりには読みやすい。

 「資本主義とは何か? 社会主義・共産主義とは何か?」という、わかったようでじつはよくわかっていない(少なくとも私は)問いに、現代のアクチュアルな問題を随所で例に挙げながら、さまざまな角度から答えていく内容だ。つまり、編年的に資本主義の歴史を追っていく本ではない。

 この著者の本は、前に『一週間de資本論』というのを読んだことがある。
 同じ祥伝社新書で全3巻にわたる『超訳「資本論」』という著書も出しているし(10万部も売れたそうだ)、マルクス経済学を一般人に平明に伝える「インタープリター」として、大活躍である。

 目からウロコが落ちる記述が多数。そのうちの一つを引いてみよう。ロシアがクリミア半島を編入決定したウクライナ問題についてのくだりである。

 EUと非EUの境界線にある国――それが、「先進的資本主義国の傘下にあるか、そうでないか」の境目でもあるわけです。資本主義は、その搾取の対象となる土地と人民を拡大していくことによってのみ、生きながらえられます。対象となる場所がなくなったら、もう終わりです。
 プーチンが何に怒っているかというと、このような形でどんどん切り崩されていき、その影響がついに自分の国のすぐ隣にまでおよんだからです。かつて、アメリカのすぐ近くに社会主義国家ができたとき(1959年のキューバ革命)、アメリカは激しく不快感を示しましたが、これと同じことがロシアのすぐ近くで繰りひろげられているというわけです。つまりこれは、ロシアにとっての“キューバ問題”です。




Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>