真鍋昌平『アガペー』



 真鍋昌平の『アガペー』(ビッグコミックス/638円)を読んだ。

 『闇金ウシジマくん』の真鍋が、2011年から19年にかけて、折々に発表してきた短編4編を集めた最新短編集。

 あえて『ウシジマくん』の最終巻(46巻)と同日発売にしたのは、〝ここに収められた4編がいずれも『ウシジマくん』と地続きである〟と読者に示すためであろうか。

 4編のうち2編は『スピリッツ』と系列誌に発表されたものであり、残り2編は講談社のマンガ誌(『ヤンマガ』と『モーニング』)に発表されたものである。
 それはともかく、4編とも、『ウシジマくん』を長期連載するなかで生まれた、ある種のスピンオフなのだと思う。

 コミックスの帯には、次のような惹句が躍っている。


『闇金ウシジマくん』と歩いた15年。著者が取材を通じて感じ取った「現実」を魂ゆさぶるドラマに昇華した傑作短編集



 『ウシジマくん』の濃密な取材で得た事実の中には、同作に描ききれなかったことがたくさんあるはず。その一部を活かしたのが、本作の4編なのだろう。

 ただし、『ウシジマくん』に多数登場した裏社会の人間たちは、ここには出てこない。もっと平凡な市井の人々の物語である。

 その分だけ『ウシジマくん』より薄味で、インパクトに欠けるうらみもある。が、ありふれた日常の中にふと顔をのぞかせる〝崩壊の予兆〟〝転落への裂け目〟を切り取る手際の鮮やかさは、『ウシジマくん』そのものだ。

 『ウシジマくん』なら、その崩壊や転落の様子まできっちりと描いた。
 対照的に、本書の4編はそこまで描かずに寸止めする。きわどいバランスの上に成り立った登場人物の日常が、日常のままつづいているところで幕となるのだ。
 ゆえに、「えっ? これで終わり?」という尻切れトンボ感もなくはない。が、私はこの〝不穏さを孕んだ日常〟の描写が気に入った。

 真鍋昌平が次の連載(『スピリッツ』での新連載がすでに決まっているらしい)で、『闇金ウシジマくん』的な作品を描きつづけるのか、それとも新境地を開拓するのか? その分岐点・汽水域のような短編集である。
 真鍋がどちらを選ぶのかは、本書からは判断がつかない。

松本大洋『TAIYOU』



 松本大洋の自選画集『TAIYOU』(小学館/4104円)をゲット。
 最初図書館で借りてきて、眺めているうちに欲しくなって買ってしまった。

 1999年発行の『101』以来、じつに19年ぶりの画集。
 過去19年間に描いた、自作コミックスのカバー画、雑誌の表紙、他の作家の本のカバー画や挿画、CDのジャケ画、ポスター、Tシャツ、カットなどから、大洋自らが気に入っているものだけを厳選している。

 「ごく一部の媒体にしか発表していないレア作品も収録」され、大洋自身のコメントも随所にあるなど、「2000年代の松本大洋作品世界を語るには欠かせない一冊」になっている。

 大洋のコメントから、一つ引用してみよう。


子供を描くのは自信があります。自分の描く子供は好きだなあって思います(笑)。
そのへんの道端にいるような、日本の子供の顔が好きなので、自由に描いていいときは、意識してそう描いています。
うまく言えないけど、子供を描いているときは対象との距離が近い感じがあるので、たぶん自分が、いい意味でも悪い意味でも、子供なんだと思います。



 保存版にふさわしい堅牢さと、手に取って眺めたりめくったりしやすいしなやかさを兼備した、バランスのよい造本。一冊の本として、とてもていねいに作られている。

 松本大洋は言うまでもなく日本を代表するマンガ家の一人だが、同時に優れたイラストレーターでもあることを、改めて認識させられた。

 『Sunny』関連の絵が、とくによい。
 「絵描きとしての永島慎二」がそうであったように、どの絵にも共通して、やさしさとあたたかさ、なつかしさ、そして胸をつく寂寥感があふれている。

■関連エントリ→ 永島慎二遺稿集『ある道化師の一日』

宮谷一彦『ライク ア ローリング ストーン』



 宮谷一彦の『ライク ア ローリング ストーン』(フリースタイル/1620円)を購入。
 手塚治虫の虫プロが出していたコミック誌『COM』で1969年に連載されて以来、半世紀近く一度も単行本化されていなかった「伝説の名作」の初単行本化である。

 文春文庫ビジュアル版の『マンガ黄金時代  ’60年代傑作集』というオムニバスに、この作品の第1話が収録されたことがある。私はそれを読んだことがあるのみで、全編を通して読むのは今回が初めて。

 帯に「ひとりの漫画家の1969年3月からの120日間の記録」とあるとおり、作者の宮谷一彦自身(ただし、作中での名は「画村一彦」となっている)のマンガ家としての生活を描いた「私マンガ」である。

 中条省平は、本書の巻末に寄せた解説で次のように言う。

 まず本作の特徴は、日本初の本格的な「私マンガ」であるということです。(中略)作者・宮谷一彦は自分の分身である画村一彦を通じて、自分の思想とマンガ観をストレートに打ちだしています。本作は日本マンガ史上最も真摯な「マンガ家マンガ」なのです。



 私は、本作に先行する永島慎二の『漫画家残酷物語』(の中の数篇)こそ「日本初の本格的な『私マンガ』」であったと思うし、「日本マンガ史上最も真摯な『マンガ家マンガ』」という賛辞も、同作にこそふさわしいと思う。

 が、それはともかく、この『ライク ア ローリング ストーン』も、日本マンガ史上に突出する作品であることは間違いない。
 内容には観念的すぎて難解な部分も多いのだが、機関車や阿修羅像などのすさまじい細密描写を味わうだけでも、本書を買う価値は十分にある。

 この単行本の版元・フリースタイルが発行している季刊誌『フリースタイル』の直近号(36号)でも、宮谷一彦特集が組まれている。これも併せて購入。



 特集のメインは、宮谷一彦に大きな影響を受けた一人である作家の矢作俊彦(かつて「ダディ・グース」名義でマンガ家としても活躍)によるインタビュー。
 インタビューというより対談になっているが、内容は(宮谷と矢作のファンなら)とても面白い。

 なお、フリースタイルは今年、宮谷一彦の初期作品集『俺たちの季節(とき)』と『ジャンピン ジャック フラッシュ』の電子書籍版も刊行している。



 じつをいえば私は、『ライク ア ローリング ストーン』以降、どんどん難解になっていった宮谷作品よりも、この2冊に収録された初期の青春マンガをこそ愛する者である。この時期の宮谷こそ、私にとってはベスト。1971年から72年にかけて、三崎書房から刊行されたこの2冊は、いまでも私の宝物だ。

 収録作全編が傑作とは言わないまでも、6割方はマンガ史に残るレベルの青春マンガであり、マンガ技術的にも当時の最高峰・最先端である。

 たとえば、『ジャンピン ジャック フラッシュ』所収の短編「ラストステージ」は、日本におけるジャズ劇画の最高傑作だと思う。
 『BLUE GIANT』より40年も早く、これほどリアルに絵の中にジャズを刻みつけた作品が、日本にはあったのだ。

 また、同じく『ジャンピン ジャック フラッシュ』所収の短編「逃亡者」は、わずか24ページの作品ながら、日本におけるカーアクション劇画の最高峰の一つだろう。

 余談ながら、この「逃亡者」の中に出てくる、“車で時速200キロから目にも止まらぬ速さでシフトダウンをくり返し、直角に曲がる”という描写は、のちに池沢さとしが『サーキットの狼』でそっくりパクっている。
 
■関連エントリ
岡崎英生『劇画狂時代』
ダディ・グース『少年レボリューション』
 

眉月じゅん『恋は雨上がりのように』



 眉月じゅん『恋は雨上がりのように』の既刊1~8巻(ビッグコミックス)を読んだ。
 前から連載誌『ビッグコミックスピリッツ』で時々読んで、気になっていたマンガ。一気読みしてみたら、なかなか面白かった。

 ファミレスの店長をしている45歳の冴えないバツイチ男に、その店でバイトする17歳の美少女女子高生が恋をするという、“年の差恋愛マンガ”。
 中年男の妄想をそのままマンガ化したような話(作者は女性だが)であり、一種のファンタジーだ。

 文芸評論家の斎藤美奈子は、ハードボイルド小説を「男性用のハーレクイン・ロマンス」と呼んだ。「うまいこと言うなァ」と思ったものだが、むしろ本作のような物語こそ「男性用ハーレクイン・ロマンス」と呼ぶにふさわしい。ハーレクイン・ロマンスは大衆恋愛小説だが、ハードボイルド小説において恋愛はメイン要素ではないのだから……。
 本作はいわば、「中年男のためのハーレクイン・ロマンス」なのだ。

 ヒロイン・橘あきらは、主人公の中年男のダメな部分、非モテ要素までも受け入れ、むしろそこを好きになってくれる。ほかのバイトからは「クサイ」と嫌がられる加齢臭すら嫌がらないという天使っぷりである。
 そんな“都合のいい天使”がいるはずもないのだが、私は「ありえねー」「絵空事だ」と思いつつ、けっこう楽しく読んでいる。
 世の腐女子たちは、BLマンガ・小説を、現実にはあり得ないことを百も承知でファンタジーとして楽しんでいるのだろう。それと同じだ。

 「恋雨」(と略すそうだ)はコミックス累計160万部突破、『マンガ大賞2016』で第7位、『このマンガがすごい!2016』でオトコ編第4位に食い込み、来年1月から深夜枠ながらもTVアニメ化……と、スマッシュヒットになっている。
 それだけ広がりがあると、さすがに読者が中年男ばかりとは思えない。この作品が幅広い層に受けていることが、いち中年男としては不思議である。

未知庵『三時のお水』『きなこ体操』



 未知庵(みちあん)の『未知庵の1 三時のお水』『未知庵の② きなこ体操』(Nemuki+コミックス)を購入して、読み倒す。

 まったく知らなかったマンガ家なのだが、変なマンガばかり集めてウェブ公開している「劇画狼のエクストリームマンガ学園」で、未知庵の「餅」「乳」という2編を読み、すっかり気に入ってしまった。

 で、いま買えるこの人の作品集2冊を、あわててゲットしたしだい。
 朝日新聞出版の『ネムキ』、『Nemuki+(ネムキプラス)』に掲載された作品を中心とした掌編集である。

 どの話も、シュールで不気味でおかしい。一言で言えばキモ面白い。しみじみとくだらなくて、それでいて妙に深みもあり、読んだあとに余韻が残る。

 絵はとてもうまい。描き込みもていねいで、時に執拗な印象を受けるほど。劇画的な陰影に富む絵柄でシュールなギャグを連発するから、そのギャップのせいでよけいにおかしい。

 2冊合計して40編以上の掌編が収録されている。そのすべてが傑作とは言わないまでも、かなり高水準な作品集である。
 細部までよく作り込まれているから、アイデア勝負の作風なのに、何度も読み返しても面白い。

 時々、すごくツボにハマる場面がある。
 「少年ファラオ」(『きなこ体操』の表紙に描かれているキャラ)がよろめいてぶつかり、郵便ポストがボコっとひん曲がってしまう場面など、声を上げて笑ってしまった(読んでいないとなんのことかわからないだろうが)。



 量産のきく作風ではないだろう。この2冊に収められた作品も、古いものは2006年くらいに発表されていて、約10年を費やして2冊分になったという感じだ。
 次の作品集も気長に待っているので、ぜひコツコツと描き続けてほしい。


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>