『デス・ウィッシュ』



 チャールズ・ブロンソン主演のヒット作、1974年の『狼よさらば』(原題は《Death Wish》)を、ブルース・ウィリス主演でリメイクしたもの。



 『狼よさらば』は大ヒットしたことからシリーズ化され、計5本が作られた。そのうちの第2作『ロサンゼルス』(原題は《Death WishⅡ》)は、なんとレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが音楽を担当している。

 オリジナルでは設計士だった主人公ポール・カージーの職業が、このリメイク版では外科医になっている。
 その設定変更は、「命を救う職業である医師が、悪人の命を奪う処刑人となるアイロニー」によって、物語のテーマに深みを与えている……ということはあまりなくて、メスや麻酔薬を「処刑」に用いるディテールの都合で変更したのだろう。

 オリジナルは遠い昔に観た記憶しかないが、「暗い映画だなァ」という印象が残った。
 まあ、家に押し入った強盗に妻を殺され、娘をレイプされた(本作ではその点が変えられ、娘は重傷を負って昏睡状態に陥る設定になっている)男が街の悪党を処刑していく話なのだから、暗い映画なのは無理もないが……。

 本作は基本設定こそオリジナルを踏襲しているが、随所に「黒い笑い」をちりばめて、わりと乾いた感触の映画になっている。
 主人公が妻を殺した悪党を殺す場面で、私は2回ほど爆笑してしまった。すごく不謹慎なことを言うようだが、爆笑するようなギャグが仕掛けられているのだ。

 主人公が銃を買いに行く銃砲店で、彼の相手をする爆乳美女店員ベセニーのセールストークも、ドス黒いギャグに満ちている。



 この映画は、警察に代わって悪を成敗する姿にカタルシスを得る単純な「勧善懲悪もの」ではあるが、同時に、アメリカの銃社会を痛烈に皮肉る批評性も秘めているのだ。

 また、スマホやYou Tubeがストーリー上重要な役割を果たすなど、細部が21世紀仕様にアレンジされ、そのアレンジが絶妙な効果を上げている。

 オリジナルの『狼よさらば』は、考えてみれば相当乱暴なストーリーである。家族の復讐のため銃を取ったはずの主人公が、妻殺しの犯人ではない「別の悪人」を片っ端から殺していく話なのだから。

 対して、本作の主人公は、自分とは関係のない麻薬の売人を射殺したりもするが、基本的には妻を殺した犯人たちへの復讐が主軸となる。ゆえに、本作のほうが主人公に自然に感情移入できる。

 また本作は、普通の外科医が突然射撃の名人に変わってしまう不自然さを避けるため、銃の扱い方の基本を知らずにケガをする場面を入れるなど、リアリティへの配慮がわりと細やかである。

 全体として、オリジナル『狼よさらば』より本作のほうが、エンタメとしてウェルメイドだと感じた。

『イコライザー2』



 『イコライザー2』をDVDで観た。



 デンゼル・ワシントンが、「現代の必殺仕置人」ともいうべき元CIA工作員を演じたクライム・アクションの続編。
 1980年代の同名テレビドラマの映画化だそうだが、ドラマ版の日本での題名は『ザ・シークレット・ハンター』(私は観たことがない)。

 「地味な職業に就いた一見平凡な男が、じつは凄腕の殺人マシーンで……」という、よくあるパターンの映画だ。
 ただし、スティーヴン・セガールの『沈黙』シリーズなどの類似作と比べると、主人公が物静かで知的な印象なので、アクション場面との落差がいっそう鮮やか。

 正編もそうだったが、このシリーズはスタローン、セガール等の〝おバカ系アクション〟とは違い、全体に地味で渋いところがよい。主人公の一人暮らしの様子などをじっくりと描き込んで、リアルなのだ。

 正編では主人公の仕事はホームセンターの店員で、店にあるものをなんでも利用して敵を倒していくプロセスに工夫と面白さがあった。
 今回、主人公の仕事はタクシードライバー(前作で店で大暴れしてしまったから、転職を余儀なくされたのだろう)なので、その点の面白さはなくなったが、相変わらず敵の倒し方などのアクション場面に工夫がある。

 正編では、行きつけのダイナーで仲良くなった年若い娼婦(クロエ・グレース・モレッツ)にひどい仕打ちをしたロシアン・マフィアを、主人公マッコールが皆殺しにした。
 今回は、正編にも登場したCIA時代の上官で親友のスーザン(メリッサ・レオ)が、何者かに殺されてしまう。その復讐のために立ち上がり、真相を突き止めたマッコールは、CIA時代の工作員仲間4人と戦う羽目になる。
「スーザンを殺したお前たちを、全員殺す。一度しか殺せないのが残念だ」と、静かな口調で宣戦布告する場面がカッコいい。



 前作同様に地味で渋い面と、前作より派手になった面が半々で同居している。
 とくに、クライマックスの嵐の中の対決は西部劇の伝統を感じさせ、ド派手だ。

 正編が気に入った人なら楽しめる、よくできた続編だと思う。

■関連エントリ→ 『イコライザー』

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』



 ナンシー・ケリガン襲撃事件でフィギュアスケート界を追われた、スケート界のダーティー・ヒロイン、トーニャ・ハーディングの半生を描いた映画。



 観て思い出したのは、シャーリーズ・セロンが実在の女性シリアル・キラーを演じた『モンスター』だ。

■関連エントリ→ 『モンスター』

 あの映画同様、本作のマーゴット・ロビーも、ふだんのゴージャス美人ぶりをかなぐり捨てて、DQNなトーニャ・ハーディングになりきっている。ものすごい熱演である。

 フィギュアスケーターには「お嬢様」のイメージがあるし、じっさいお嬢様が多いのだろうが、トーニャの周囲は貧しく下品なDQNだらけ。すさまじい毒母に育てられ、若くして結婚した夫からはDVを受ける。
 ただし、トーニャは彼らに虐げられるだけの弱者ではなく、自らも暴力と暴言で激しく応戦するのだ。

 ……というと、暴力的でやりきれない映画のように思えるかもしれない。が、実際に観てみれば、黒い笑いが随所で炸裂する痛快な作品に仕上がっている。

 トリプルアクセルを決めるシーンをはじめ、スケートシーンの迫力と美しさも素晴らしい(むろん映像処理で作られたものだろうが、そのことを意識させない)。

 あの襲撃事件の真相については、『羅生門』形式で玉虫色の描き方をし、観客に判断を委ねている。が、私はトーニャは周囲に巻き込まれただけなのだろうと感じた。

 「嫌われ者」トーニャ。私も事件当時のトーニャには悪印象しかなかったが、映画を観終わったあとには彼女が愛おしく思えてきた。
 お嬢様キャラのナンシー・ケリガンに闘いを挑む底辺育ちのトーニャに、否応なしに肩入れしてしまうのだ。そのへんが「映画のマジック」というものだろう。

 音楽もよい。使われているのは1970年代のヒット曲が中心で、実際に描かれている90年代とはズレがあるのだが、どの曲もドンピシャのハマり具合である。

 幼少期のトーニャを演じるマッケナ・グレイスの演技も、出演時間は短いながら素晴らしい。
 傑作『gifted/ギフテッド』に主演し、鳥肌ものの名演技を見せたあの子である。すっごい名子役だと思う。

『マザー!』



 『マザー!』を映像配信で観た。
 『ブラック・スワン』『レスラー』などの作品で知られるダーレン・アロノフスキー監督が、撮影当時には恋人だったジェニファー・ローレンスをヒロインに据えた作品。
 「あまりに過激な内容から、日本では劇場公開が見送られた」という前情報から、半ば「怖いもの見たさ」で手を伸ばした。



 事前に予想した「過激さ」のはるか斜め上を行く、もうムチャクチャな映画であった。

 ジェニファー・ローレンス演ずる若妻と、ハビエル・バルデム演ずる高名な詩人の夫婦。2人が住む田園の邸宅に、不審な訪問者が次々とやってきて、家はメチャメチャになっていくという、不条理劇のようなストーリー。

 じつは隠されたテーマは地球環境問題で、詩人は神、若妻は母なる自然、家は地球、我が物顔で家に入り込んでくる人々は人類のメタファーなのだという。

 また、聖書の内容がストーリーのベースにあり、キリスト教の基礎知識がないとわかりにくい点も多い。つまり、「マザー」とは聖母マリアのメタファーでもあるのだ。
 したがって、ヒロインがボロボロになっていくストーリー自体が一種の「神聖冒涜」であり、敬虔なクリスチャンの観客から非難を浴びた。

 ただ、そのような背景がわかったうえで観たところで、感想としては「それで?」という言葉しか出てこない。
 環境問題を啓発する手立てとしては、この映画はあまりにも「あさっての方向」を向きすぎではないか。

 キャストもスタッフも一流揃いで、演技や演出は立派なもの。とくに、ジェニファー・ローレンスの「メーター振り切った」感じの熱演は素晴らしい。
 なのに、ストーリーが子供だましなので、青臭い学生演劇を観せられているような印象しか受けなかった。

 あと、不安を掻き立てられるような空気に満ちた映画なので、うつ傾向のある人は観ないほうがいいかも。

『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』



 『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』をDVDで観た。



 ジャニス・ジョプリンのドキュメンタリー映画はこれまでにもあったが、管見の範囲では本作がいちばんよいと思う。

 シンガー・ソングライターのキャット・パワーがナレーションを担当していて、随所でジャニスの手紙を読み上げるのだが、その声がジャニスによく似ていて、本人が読んでいるかのよう。

 ロック・スターとしてのジャニスより、一人の女性としてのジャニスに焦点が当てられている。監督も女性だ。
 そして、ここに描き出されたのは、生涯にわたってずっと孤独であった女性の肖像だ。 
 「歌っているときだけ、ひとりじゃなかった。」というのが本作のキャッチコピーで、ジャニスの本質を衝いた秀逸なコピーだと思う。

 ジャニスは稀代の女性ブルース・シンガーだが、白人の彼女がブルースにのめり込んでいったのは、ブルースを生んだ黒人たちが受けていたような差別を、彼女も受けていたからにほかならない。人種によってではなく、容姿によって。

 テキサス大学の学生時代、「いちばんブサイクな男コンテスト」なるもので、ジャニスは女性なのに1位に選ばれてしまう。そのことをデカデカと報じた学生新聞が、本作でも映し出される。
 「キャリーがこんなことされたら、キャンパスを焼き尽くしてるぞ」という感じの、すさまじいイジメである。

 ジャニスをモデルにした映画『ローズ』で、ベット・ミドラー演ずる主人公ローズが、ステージで次のように言う。

「『いちばん最初にブルースを歌ったのはいつ?』って、よく聞かれるわ。答えは、『生まれた日よ』。なぜって? 女に生まれたからよ」



 女性として深く傷つけば傷つくほど、ジャニスはブルースにのめり込まざるを得なかった。そして、シンガーとしての天賦の才が開花し、彼女は歌っているときだけまばゆく輝いた。
 それでもなお、彼女の孤独は癒えなかったのだ。

「私はステージで2万5千人とメイク・ラヴして、一人さびしく家に帰るのよ」



 ……というジャニスの名言があるが、本作が活写するのも、彼女のそのような姿である。

 さまざまな生きづらさを抱えているいまの日本の若者も、ジャニス・ジョプリンを聴いてみるといいと思う。時代を超えて、「私と同じだ」と共感する女性に出会えるはずだ。


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>