コック・ロビン『BEST OF COCK ROBIN』



 1980年代に好きだったコック・ロビンの曲がむしょうに聴きたくなって、『BEST OF COCK ROBIN』を輸入盤で購入。ヘビロ中。

 コック・ロビンは、男女2人からなるアメリカのポップ・ロック・デュオ。本国アメリカではまったく人気が出ず、対照的にフランス、ドイツ、イタリアなどヨーロッパ各国で人気を得た。

 その理由は、彼らの曲を聴けばわかる。陰影に富む繊細な曲作りが、とてもヨーロッパ的なのだ。
 私も、ずっとイギリスのバンドだとばかり思っていた。なにしろ、英カンタベリー・ロックの大物スティーヴ・ヒレッジが、彼らのファースト・アルバムをプロデュースしていたし。
 それに、コック・ロビン(=クック・ロビン/駒鳥)といえば「マザー・グース」の「誰がこまどり殺したの?/Who killed Cock Robin?」がまず思い浮かび、バンド名からして英国的だし。

 私は、87年のセカンド『ロビンの絆(After Here Through Midland)』を、とくに(アナログ盤で)愛聴していた。



 同作所収のヒット曲「エル・ノーテ」と「ジャスト・アラウンド・ザ・コーナー」は、いま聴いても非の打ち所がない絶品だと思う。
 美しいメロディーに、凝ったアレンジ。聴いていると心の中に見知らぬ風景が広がっていくような、映像喚起力に富む曲だ。





 男女2人が曲によってそれぞれリード・ヴォーカルをとるのだが、どちらもエモーショナルに歌い上げるタイプで、2人の相性が抜群。

 私はとくに女性のアンナ・ラカジオ(Anna LaCazio)の歌声が好きだったのだが、2012年の再々結成後は、彼女は加わっていないという。ニューアルバムも予定されているそうだが、アンナがいないコック・ロビンなんて……。

 アンナ・ラカジオは、イタリア系の父と中国系の母を持つダブルである。そういえば、ちょっと東洋的な顔立ちでもある。

 彼らのベスト・アルバムは何種類か出ているが、曲目を見比べて、この『BEST OF COCK ROBIN』がいちばんよいと思った。



 ほかにも、上に貼った「The Promise You Made」など、いい曲が目白押し。埋もれさせてしまうには惜しい名デュオだ。

ヴァレリー・カーター『The Way It Is/Find A River』



 ヴァレリー・カーターの『The Way It Is/Find A River』をヘビロ中。

 ヴァレリーは、「ウー・チャイルド」などの曲で知られるアメリカのシンガー・ソングライター。



 ソロ・アーティストとしては大ヒットに恵まれなかったが、バッキング・ヴォーカルの世界で幅広く活躍し、ウェストコースト・ロックの名盤に数多く参加している。
 透明感にあふれ、しかもよく通るハイトーンの美声が魅力的だ。まさに「鈴を鳴らすような声」。

 このアルバムは、96年に発表された『The Way It Is』に、98年のミニアルバム『Find A River』の収録曲5曲を追加したもの。2枚とも長らく入手困難で、中古市場でも高値を呼んでいたアルバムなので、ファン待望のリイシューといえる。
 ヴァレリーが今年3月に心筋梗塞で亡くなったがゆえのリイシューでもあるので、少々複雑な気分にもなるが……。

 彼女は80年代にドラッグに蝕まれ、一時期音楽シーンから姿を消した。
 『The Way It Is』『Find A River』は、ヴァレリーがようやくドラッグ禍を乗り越え、復活を果たした時期の作品。それでも、ヴォーカルにはまったく衰えが見られない。昔のままの伸びやかな美声だ。

 音楽的には、ウェストコーストの香りを濃密に漂わせるAOR。初期のアルバムはフォーキー・ソウルという趣だったが、本作はぐっとソウル寄りで、曲によってはかなりファンキー。

 AORといっても甘ったるさはなく、ちょっぴりアーシーで渋いセピアカラーの音作り。最初聴いたときには地味に感じるが、聴き込むほどに味わいが増してくるスルメ・アルバムだ。

 アース・ウインド&ファイアーの「That's the Way of the World」のカヴァーなど、ヴォーカルもアレンジも最高の仕上がりである。



サンダーキャット『ドランク』



 サンダーキャットの『ドランク』(BEAT RECORDS / BRAINFEEDER)をヘビロ中。

 世にも暑苦しいジャケットの中に収められた、世にも涼しげなブラック・ミュージック。こういう暑い日に流すと、部屋の温度が2、3度下がるような気がする。

 

 縦横無人(※)のベースプレイにスウィートな歌声が溶け込む酔いどれコズミックソウル

     ※原文ママ。「縦横無尽」の間違いだと思う。

 ――という、日本盤の帯の惹句そのままの音。全24曲が万華鏡のように変化していくのだが、アルバム全体に見事な統一感があり、一つの流れがある。

 ジャンルは違えど、どこか、ビーチ・ボーイズの『スマイル』や『ペット・サウンズ』を彷彿とさせる。たとえば、甘やかなメロディとハーモニーの底に流れる切ない寂寥感・喪失感とか。

■関連エントリ→ ビーチ・ボーイズ『スマイル』 
 


 マイケル・マクドナルドとケニー・ロギンスが参加した怒涛のポップチューン「Show You The Way」(↑)が象徴するように、サンダーキャットのアルバムの中でも際立ってポップで聴きやすい。

 久々に、「聴いていて時が止まるアルバム」に出合った。心地よさに時間を忘れて聴き入ってしまうのだ。

ジョー・ママ『ジョー・ママ』『ジャンプ』



 最近はもっぱら、60~70年代あたりの古いアルバムをディグっては聴いている私。 
 今日は、ジョー・ママの『ジョー・ママ』(1970年)、『ジャンプ』(1971年)を聴いた。

 ジョー・ママは、ダニー・コーチマーを中心に結成されたアメリカのロック・グループ。この2枚のアルバムを発表したのみで、あっさり解散してしまった。

 ダニー・コーチマーはジョー・ママ以前に、キャロル・キング、チャールズ・ラーキーと3人で「シティ」というトリオを組んでいたが、この「シティ」も68年にアルバム『夢語り(Now That Everything's Been Said)』を出したのみで解散している。
 コーチマーとラーキーが参加し、キャロル・キングの代わりにアビゲイル・ヘイネスという女性シンガーを加えたジョー・ママは、いわばシティの発展形であった(ただし、ジョー・ママは5人組)。

 私は恥ずかしながらこのバンドを知らなかった。この前聴いたザ・セクションのアルバムがよかったので、「ダニー・コーチマーのほかの作品も聴きたい」と思って、何の気なしに手を伸ばしてみたのだ。

 が、これが大当たり! 2枚ともすごくいいアルバムだった。

 ソウルフルでファンキーでブルージー。ほんのりジャジー、ちょっぴりフォーキー。
 アメリカン・ロックの源流的要素をごった煮したような、どこか懐かしい多彩なサウンド。それでいてジジむささは皆無で、都会的で知的で洗練されている。

 とくに、ファーストの『ジョー・ママ』は非の打ち所のない名盤だ。
 アルバム中いちばんキャッチーで、普通ならオープニングに持ってきそうな曲「Love'll Get You High」を、あえてラストに入れるあたりのヒネリも心憎い。



 セカンドの『ジャンプ』(原題は“J Is For Jump”=「JはジャンプのJ」)は、ファーストよりも渋さと黒っぽさが大幅に増した内容。予備知識なしに聴いたら、白人ばかりのバンドだとはとても思えないだろう。



 ゆえに、キャッチーな内容のファーストよりもとっつきにくい。が、くり返し聴くほどに味わいが増していく深みはなかなかのもので、ファーストとセカンドは甲乙つけがたい。


↑セカンドのオープニング曲「Keep on Truckin'」。


↑ジャズ・ロック的な長いオープニングが後のザ・セクションを思わせる「3 A.M. In L.A.」。ヴォーカルが始まるとブルージーでジャジー。

 

マシュー・スウィート&スザンナ・ホフス『Completely Under the Covers』



 プリンスの訃報には驚いた。デヴィッド・ボウイの訃報に始まった2016年は、モーリス・ホワイトが逝き、キース・エマーソンが逝き……と、まったくなんという年なのであろうか。
 私もプリンスは人並みに好きだったが、下記のような熱烈な追悼文を読んでしまうと、付け加える言葉とてなく、こと改めて追悼エントリを書く気がしない。
 
プリンスがすべてだった 宇野維正による追悼文|Real Sound

プリンスのこと。|「怒るくらいなら泣いてやる」

 遺された大量の未発表曲を小出しにすれば、あと10年くらいは優に「ニュー・アルバム」を出しつづけることができるのだろう(権利関係の処理が大変だろうが)。
 「真の天才は大量生産する」という桑原武夫の言葉のとおり、まさにプリンスこそ天才であった。


 プリンスとも縁深いスザンナ・ホフス(バングルスの「マニック・マンデー」は、プリンスが彼女に惚れ込んで贈った曲)がマシュー・スウィートと作った『Under the Covers』3作のボックスセット『Completely Under the Covers』が、Amazonのプライムミュージックにアップされていた。
 買おうかどうしようか迷って「ほしい物リスト」に入れておいたものなので、さっそく聴き倒す。

 1960年代から80年代までの英米の大ヒット曲・名曲のカバー集である。→曲目などはこちらを参照

 総じて原曲に忠実なアレンジだし、とくに独創性があるわけでもない、ごく趣味的なシリーズだ。が、スザンナ・ホフスのヴォーカルが魅力的なので、すこぶる耳に心地よい。ロック界最高の美熟女スザンナは、50代のいまなお容姿も声もキュート。

 マシュー・スウィートは、私にとってはわりとどうでもいい。まあ、優秀なポップ職人ではあるのだろうし、昔の『ガールフレンド』とかはよく聴いていたけれど。
 なので、マシューがメイン・ヴォーカルになっている曲は聴き飛ばし、スザンナがメイン・ヴォーカルの曲ばかり聴いている。

 とくによいのが、原曲が男性ヴォーカルの曲をスザンナが歌ったカバー。ロッド・スチュワートの「マギー・メイ」とか、ニール・ヤングの「シナモン・ガール」とか、デレク・アンド・ドミノスの「ベルボトム・ブルース」とか。



 イエスの「I've Seen All Good People」のカバーなんて、もう最高である。




Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>