99.99『99.99』『モア・オブ・99.99』



 99.99のアルバム『99.99』と『モア・オブ・99.99』を聴いた。

 99.99で「フォーナイン」と読む。
 元アイン・ソフのキーボーディスト、服部ませいを核とした80年代日本のフュージョン・バンド。「手数王」の二つ名で知られる名ドラマー・菅沼孝三や、のちに「アーバン・ダンス」(「ポストYMO」と評された、トリオ編成のエレクトロ・ポップ・バンド)を結成した成田忍らが参加していた。

 昨年末から、「NEXUS ROCK LEGEND ARCHIVE COLLECTION」と銘打たれた4ヶ月連続・計101作の大量リイシューが行われている。
 キングレコードが誇る名門ロック・レーベル「NEXUS」などの名盤を集めたもので、日本のプログレ、ハードロック/メタルの名盤がズラリと並んでいる。

 私のお気に入り、ミスター・シリウスやアイン・ソフ、KENSO、美狂乱らの名盤が含まれ、慶賀に堪えないが、このコレクションの中でひときわ異彩を放っていたのが、99.99の2枚。
 ほかはプログレかメタル系なのに、このバンドだけフュージョンだったからである。

 だが、聴いてみれば、99.99がこのラインナップの中に加えられた理由がわかる。
 「リゾート・フュージョン」って感じの軽い曲が多いのだけれど、演奏は終始テクニカルだし、随所にジャズ・ロックやプログレ的色彩が見えるのである。いわば「プログレ・フュージョン」のバンドだったのだ。

 ファーストに入っている「ディス・イズ・イット」なんて曲は「ほとんどウェザー・リポート」で、カッコイイったらない。
 かと思えば、その次の曲は「カリビアン・ジゴロ」という、タイトルからしてどうかと思う腑抜けたラテン・フュージョンで、甘ったるくてウンザリ。

 また、ファースト『99.99』が売れなかったからか、セカンドの『モア・オブ・99.99』ではポップス寄りのヴォーカル・チューンが増え、さらに軟弱になっている。
 とくに、「GINZA de アイマショ」というヴォーカル曲は、バブル前夜のチャラけた雰囲気が全編を覆っていて、いま聴くとかなり恥ずかしい。

 とはいえ、甘ったるい系のポップな曲も演奏の完成度は高いし、2枚とも、全体としては十分楽しめるフュージョン・アルバムである。

 「ホントはハードでテクニカルなプログレ・フュージョンだけやりたいんだよ。でも、売れ線を狙うには軽めのフュージョンじゃないと……」と、レコード会社側からの要請で不本意なアルバムになったのかもしれない。
 まあ、それは私が勝手に斟酌して言うことなので、本人たちの思いがどうだったかはわからないが。

 ともあれ、埋もれさせるには惜しいバンドであり、今回のリイシューは喜ばしい。
 

ティグラン・ハマシアン『太古の観察者』『ア・フェイブル』



 ティグラン・ハマシアンの、昨年出た最新アルバム『太古の観察者』(ワーナーミュージック・ジャパン/2132円)と、2011年のアルバム『ア・フェイブル』を聴いた。

 先日『シャドー・シアター』と『モックルート』を初めて聴いて気に入ってしまった、アルメニア出身のジャズ・ピアニスト。

 今回聴いた2枚のアルバムは、いずれもピアノ・ソロ作品だ。
 ただし、多重録音による“一人ピアノ連弾”の曲が多いし、得意のスキャットも織り込まれているし、一部の曲ではシンセサイザーも用いられている。ゆえに、通常の“ジャズ・ピアニストによるピアノ・ソロ・アルバム”というイメージからは遠い。

 『ア・フェイブル』は、“フランス版グラミー賞”とも言われる「ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュジーク賞」を受賞した作品。



 かなりポップな仕上がりだった『シャドー・シアター』に比べると、この2枚は全体に地味で静謐な印象。
 速弾きも随所にあって音数は多いのに、大きな音で流しても思考の邪魔にならない。


↑『太古の観察者』所収の美しい曲「ザ・ケイヴ・オブ・リバース」。

 『太古の観察者(An Ancient Observer)』という不思議なタイトルには、「故郷アルメニアに戻ったティグランがアララト山の麓で太古から変わらない大自然と現代社会の絡み合いを観察し、心に浮かぶメロディーを描き出した」(サラーム海上氏のライナーより)アルバム、との意味が込められているという。

 私自身は行ったこともないアルメニアの雄大な風景が、聴いていると鮮やかに目に浮かぶようだ。

ピーター・アースキン『セカンド・オピニオン』ほか



 ピーター・アースキンの『DR.UM(ドクター・アム)』と『セカンド・オピニオン』を聴いた。

 ピーター・アースキンといえば、後期ウェザー・リポートのリズムセクションを、ベースのジャコ・パストリアスとともに支えた名ドラマーだ。
 ジャコがウェザー・リポートを脱退して自己のバンドを結成すると、一緒に脱退してそのバンドに参加するなど、ジャコと深く結びついた盟友でもあった。

 そのピーター・アースキンがいまやっているバンドが、「DR.UM」。
 見てのとおり、「DRUM」の語をもじったバンド名であり、ピーター自身の二つ名のようなものでもあろう。
 彼らのファースト・アルバム『ドクター・アム』(2016年)の原題は、「PETER ERSKINE is DR.UM」。「私は映画だ」(フェリーニ)ならぬ「私はドラムだ」と、「生涯一ドラマー」の気概が込められた名なのである。



 昨年出たセカンド・アルバム『セカンド・オピニオン』は、「ピーター・アースキン&ザ・ドクター・アム・バンド」名義。日本盤はなぜかソロアルバム扱いになっているが、彼ら自身はバンドとしての側面を強く意識しているわけだ。

 この「ドクター・アム・バンド」のコンセプトは、ずばり「2010年代のウェザー・リポート」。2枚のアルバムとも、まさにウェザー・リポート直系の音。それも、ジャコ・パストリアス在籍時の黄金期の音――たとえば『ナイト・パッセージ』あたり――を踏襲している。

 バンドの成り立ちからして、ドラムスの音にかなりのウエートが置かれているが、ドラムスばかりが悪目立ちする印象はまったくない。いぶし銀の輝きを放つ、大人のジャズ/フュージョンだ。

 このバンド、あまり話題になっていない気がするが、ウェザー・リポートが好きな人なら聴いてガッカリはしないと思う。
 ウェザー・リポートの影響下にあるバンドは山ほどあれど、ドクター・アム・バンドこそ正統的フォロワーであり、大本命である。

 なお、『ドクター・アム』の日本盤にはボーナス・トラックとして、ピーターがジャコと「インヴィテイション」を演奏した未発表ライヴ・テイクが収められている。
 この曲のドラムスとベースが、嵐のような演奏で凄まじい。この一曲のためだけに日本盤を買う価値がある。

 

ティグラン・ハマシアン『シャドー・シアター』ほか



 ティグラン・ハマシアンの『シャドー・シアター』『モックルート』をヘビロ中。

 ティグラン・ハマシアンは、アルメニア出身のジャズ・ピアニスト。まだ日本での名前表記も揺らいでいるようで、「~ハマシャン」という表記も散見する。

 私は恥ずかしながらまったく知らない人だったのだが、お気に入りアーティストの一人であるミシェル・ンデゲオチェロが、インタビューの中で「最近よく聴いているアーティスト」として名前を挙げ、絶賛していた。
 で、「彼女がそんなにホメるなら聴いてみないと……」と思ったしだい。

 Amazonのプライム・ミュージックに『シャドー・シアター』『モックルート』の2作が入っていたので、とりあえずその2枚を聴いてみたら、これがじつに素晴らしく、昨日からずっとへピロ。

 ジャズ・ピアニストといっても、いわゆるストレート・アヘッドなジャズではまったくない。

 スキャットを多用するあたりは、ペドロ・アズナールのスキャットが重要な位置を占めていた時期のパット・メセニー・グループを彷彿とさせる。「情景が見える」という感じの映像喚起力の強さや、全編を覆う“水彩画的リリシズム”も、PMGぽい。

 また、アルメニア出身らしい民族音楽的エキゾティズム(もっとも、私はアルメニアの音楽がどんなものだか知らないが)が、常にスパイス的に曲を彩っている。その点では誰にも似ていない。
 ジャズの世界にはキルギス出身のエルダー・ジャンギロフというピアニストもいて、私はこの人もお気に入りだが、エルダーよりももっと、自分のルーツが音楽に大きく投影されている感じ。

■関連エントリ→ エルダー・ジャンギロフ『エルダー』

 曲によってはエマーソン、レイク&パーマー的、プログレッシヴ・ロック的な激しさもある(そのへんは上原ひろみっぽい)。
 かと思えば、生ピアノのみの曲には、グレン・グールドが弾くバッハのような静謐さとユーモアもある。じつに多彩で、万華鏡のような音楽。

 『シャドー・シアター』も『モックルート』も素晴らしいが、どちらかといえば『シャドー・シアター』のほうが傑作かな。

 久々に自分の心の琴線に触れまくりの、大当たりのアーティストに出合った思い。昨年出た最新アルバム『太古の観察者(An Ancient Observer)』を買うことにする。


↑『シャドー・シアター』所収の「エリシュタ」。聴いたこともないような斬新さと、不思議な懐かしさを兼備した絶品。


↑『シャドー・シアター』のオープニング曲「ザ・ポエト」。やみつきになる魅力がある。


↑これも『シャドー・シアター』所収の「ラメント」(哀悼)。なんと美しい曲だろう。自分の葬儀に流したい。

ジャコ・パストリアス『ライヴ・イン・ニューヨーク』



 ジャコ・パストリアスの『ライヴ・イン・ニューヨーク~コンプリート1982 NPR ジャズ・アライヴ! レコーディング』(Resonance / King International)をヘビロ中。

 今年で没後30年を迎えたジャコの、激レア未発表ライヴ音源を収めた2枚組アルバムだ。

 ジャコの発掘音源と称するライヴ・アルバムはこれまでにもけっこう出ているし、「いまさら出てくる音源は、どうせ残りカスみたいなもんだろう」と期待せずに聴いたのだが、このアルバムはなかなかスゴイ!

 まず、24チャンネル録音されたという音質が非常にクリアで、ブートレッグのたぐいとはレベルが違う。

 発売元の説明によれば……、

 1982年6月27日のNY、クール・ジャズ・フェスティヴァルでの演奏14曲を全て収録。出元はNPRの放送音源で、“Jazz Alive"という番組のために収録されたものですが、番組で放送されなかった約40分の音源も全て収録しています。また、盤としては、プライベート盤として、ごく一部に出回っていましたが、その音源の元も、この番組の劣悪な“エア・チェック"。つまりは、全音源が初の作品化ともいえる貴重なものと言えます。



 とのこと。
 ハーモニカのトゥーツ・シールマンスをゲストに迎え、ピーター・アースキン、ランディ・ブレッカー、ボブ・ミンツァー、オセロ・モリノー、ドン・アライアスといったおなじみの盟友たちが核となった「ワード・オブ・マウス・ビッグ・バンド」の演奏も素晴らしい。

 ライナーノーツで、松下佳男氏は次のように書いている。

 歴史に残るワード・オブ・マウス・ビッグ・バンドの集大成と言われているのは、1982年9月、日本でレコーディングされたライヴ・アルバム『ツインズⅠ&Ⅱ』だが、本作品もそれに匹敵する、またそれ以上の「ベスト・ライヴ・アルバム」と言えるものだ。



 同感である。
 このライヴのわずか5年後、35歳の若さで世を去ってしまった天才ジャコの、ウェザー・リポート脱退後の一つのピークが、ここに刻みつけられている。

■関連エントリ→ ジャコ・パストリアス『ワード・オヴ・マウス・バンド 1983 ジャパン・ツアー・フィーチャリング渡辺香津美』

 

Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
24位
アクセスランキングを見る>>