川崎大助『教養としてのロック名盤ベスト100』



 川崎大助著『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書/929円)読了。

 著者が4年前に講談社現代新書で出した『日本のロック名盤ベスト100』は、私には大いに不満の残る内容だった。

 不満はおもに、「名盤」のセレクトの偏りについて。感じた不満の中身を、ネチネチとブログに書きつらねたものだ。

■関連エントリ→ 川崎大助『日本のロック名盤ベスト100』

 本書は同書の続編というか、洋楽ロック編。洋楽といっても当然、九割方は英米のロックで占められている。

 著者自身が日本のロック名盤ベスト100を選んだ前著とは対照的に、本書はセレクトを外部に委ねている。
 米『ローリング・ストーン』誌と英『NME(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)』誌という、両国を代表する音楽メディアが発表した、各500枚の「ロック名盤リスト」を素材に作られたベスト100なのだ。

 著者は、2つのリストに重複して登場する196枚に絞り、そこから100枚をセレクトした。
 基準になったのは、独自のポイント付与ルール。各リストの順位に沿ったポイントを付与し(1位のアルバムには500ポイント、500位なら1ポイントを付与する、という具合)、その後にアルバムごとにポイントを合算する、というものである。

 要するに、著者の主観は一切入っていない客観的ランキングであり、それは英米のロック聴き巧者たちが選び抜いた正統的評価に基づいている……というわけだ。

 ただ、著者も認めるとおり、元になった『ローリング・ストーン』と『NME』のベスト500は、それぞれかなり偏ったセレクトになっている。
 したがって、偏った2つのランキングの中間をとり平均化した本書のベスト100も、必然的に偏っている。

 著者自身も「あとがき」で触れているのだが、ベスト100の中にビートルズが6枚、ボブ・ディランが5枚選ばれているなど、計17組の〝強者〟がベスト100の約半数(47枚)を占めるという格差が生じている。

 一方、U2、ポリス、クイーン、イーグルス、エルヴィス・プレスリー、エルトン・ジョンといった、上位にランクされてしかるべき大物たちが、1枚も選ばれていない。

 ジャンルの偏りもある。
 たとえば、プログレはピンク・フロイドの『狂気』が選ばれているのみだ。キング・クリムゾンもイエスもELPも、影も形もない。

 うーん、これで『教養としてのロック名盤ベスト100』を謳われても、ちょっとなァ……。

 ただ、偏りはあるものの、選ばれた100枚それぞれについての著者の解説は、とてもよい。

 解説は、上位10枚のアルバムが各4ページ、それ以外は各2ページ。どれもコンパクトに手際よくまとまっていて、読み物としても情報としても有益なものになっている。
 その点で、前著『日本のロック名盤ベスト100』よりも、本としての出来は上だと思った。

オーブリー・パウエル『ヒプノシス全作品集』



 オーブリー・パウエル著、迫田はつみ訳『ヒプノシス全作品集』(シンコーミュージック/5400円)読了。
 読了といっても、LPレコードのジャケット・アート集だから、文章部分は多くないのだが……。

 英国の伝説的デザイン・チーム「ヒプノシス」。1960年代末から80年代前半にかけ、おもにロックのアルバム・カヴァーを手がけ、アルバム・カヴァーをアートにまで高めた偉大な革新者だ。

 本書は、そのヒプノシスの全カヴァー・アートをオールカラーで収めた、決定版ともいうべき作品集である。

 ロック・ファンには言わずもがなだが、ヒプノシスが手がけたアルバム・カヴァーには、発売当時の常識を打ち破った革新的デザインのものが多数ある。
 こちらのブログがその一覧をサムネイルの形で並べているが(ただし、これは「全作品」ではない)、このページを見れば、「あ、これもこれもヒプノシスなんだ」と得心がいくだろう。

 本書は、ヒプノシスの3人のうち、唯一の存命者であるオーブリー・パウエル(ほかに、ストーム・ソーガソンとピーター・クリストファーソン)が著者となり、おもなアルバムについてはくわしいコメントを添える形で、彼らの軌跡を振り返ったものだ。

 序文を寄せているのは、ヒプノシスがいくつかのアルバム・デザインを手がけたピーター・ガブリエル。彼はその中で、次のように書いている。

 大胆かつ驚異的で、時には途方もない創造性を発揮していたそのイメージを通して、ヒプノシスは世界で最も影響力のあるアルバム・カヴァーのデザイン会社となったのだ。
(中略)
 彼らの有名な作品の多くはタイトルも文章もなく、そのことが殆どのレコード会社の呪いの対象となった。ヒプノシスは、広告と芸術はベッドを共にすることはない、と考えていた。



 ヒプノシスの名を一躍高めたのは、ピンク・フロイドの『原子心母』(1970年)のデザインだ。アーティスト名もタイトルもないカヴァーは、当時の常識では考えられない大胆なものだった。



 この『原子心母』が大ヒットしたことで、ヒプノシスはそれ以前より自由にデザインに取り組めるようになった。

 オーブリー・パウエルのコメントはおもに、各デザインのアイデアと撮影の舞台裏を明かす内容になっている。

 一枚のアルバム・カヴァーのために、惜しげもなく予算が注ぎ込まれていた贅沢さに驚かされる。
 また、失敗したデザイン、オーブリー自身が気に入っていないデザインについては、驚くほど辛辣なコメントをしている。そのような赤裸々さも、またヒプノシスらしい。

 クイーンあたりはいかにもヒプノシスと相性がよいような気がするが、彼らのアルバムをヒプノシスは一枚も手がけていない。その裏話も明かされている。

 ヒプノシスは、クイーンと仕事をする寸前まで行っていた。いくつかの機会に興味深いデザインを出していたのだが、彼らはそのたびに拒絶した。だが、ドラマーのロジャー・テイラーは彼のソロ・アルバム『ファン・イン・スペース』のデザインを私達に依頼しようと思うくらい気に入ってくれており、実際にそうなった。



 私はロック史的興味から本書に手を伸ばしたが、グラフィック・デザインを手がけている人なら、デザインのヒントが本書からたくさん得られると思う。
 

岡田暁生『オペラの運命』ほか



 岡田暁生著『オペラの運命――十九世紀を魅了した「一夜の夢」』(中公新書)と、中野京子著『おとなのための「オペラ」入門』(講談社+α文庫)を読了。仕事でオペラの歴史を調べる必要があって、その資料として。

 音楽学者である岡田暁生の著書を読むのはこれで3冊目だが、この人はじつによい本を書く。クラシック門外漢の私が読んでもすごく面白いし、知的刺激がふんだんに得られる。
 
 サントリー学芸賞受賞作である本書もしかり。オペラに関心がなく、観に行ったことはおろかまともに聴いたことすらない私が読んでも、最初から最後までまったく退屈しなかった。大したものだ。

 オペラ史の概説書であると同時に、質の高いオペラ入門でもあり、オペラを媒介にした(17世紀以降の)ヨーロッパ史の書としても読める。

■関連エントリ
岡田暁生『クラシック音楽とは何か』
岡田暁生『音楽の聴き方』

 もう一冊の『おとなのための「オペラ」入門』は、中高生向けに書かれた『オペラで楽しむ名作文学』を大人向けに書き直したもの。そうしたいきさつゆえ、『カルメン』『椿姫』などの名作オペラの原作に焦点が当てられた内容になっている。



 入門書としては悪くない本だが、『オペラの運命』の充実した内容と比べてしまうと、割りを食って見劣りがする。

岡田暁生『クラシック音楽とは何か』



 岡田暁生(あけお)著『クラシック音楽とは何か』(小学館/1296円)読了。

 音楽学者の著者による、クラシック音楽入門である。
 すでに類書が山ほどあるわけだが、この著者の本は前に『音楽の聴き方』というのを読んだことがあり、これが大変面白かった。なので、「岡田暁生が書いたクラシック入門なら読んでみたい」と思ったしだい。

 期待を裏切らない力作であった。本書の内容は、クラシックにくわしい人にはあたりまえのことが多いのかもしれないが、門外漢の私にはとても新鮮だった。

 面白くてためになる。著者は初心者向けに、語り口調に近い平明な文体を採用しているが、それでもなお、文章に格調と知的興奮がある。

 また、シロウトから見ると“得体の知れない大陸”のように思えるクラシック音楽の世界を、著者は手際よく腑分けし、すっきりとした全体の見取り図を読者に提供してくれる。
 たとえば、次のような一節――。

 図式的にいって、私たちがクラシックと呼んでいるヨーロッパの近代音楽には二つの「極」があった。ドイツの交響曲とイタリアのオペラである。ドイツvsイタリア、そして交響曲vsオペラ――両者はもう水と油のように音楽文化が違うのだ。ちなみにフランスやロシアなど、その他の国の音楽文化の体質は、何らかの形で両者の間にあると思っておけばいい。あくまで一般論であるが、ドイツの交響曲文化ほど真剣難解長大ではなく、さりとてイタリアのオペラ文化ほど娯楽性が強いわけでもない、といったところだ。
 「難解な音楽」としてのクラシックのイメージは、専らドイツ/オーストリア音楽によって作られてきた。このことをどれだけ強調してもしすぎではない。クラシックのすべてが「真剣な音楽」(単なる娯楽ではない音楽)というわけではないのである。



 質の高いクラシック入門であると同時に、音楽エッセイとしても愉しめる書。

白谷潔弘 ・マッド矢野『ブルース・ロック』



 白谷潔弘 ・マッド矢野監修『ブルース・ロック』(シンコーミュージック)を中古で購入し、少しずつ読んでいる。
 ジャンル別のディスクガイド本シリーズである「ディスク・コレクション」の一冊。

■関連エントリ→ 松井巧『ジャズ・ロック』『ブリティッシュ・ジャズ・ロック』

 ブルース・ロックのバンド、アーティストは各国にいるわけだが(もちろん日本にも)、本書はメインストリームたる英米のブルース・ロックに的を絞っている。
 大御所からマイナーまでまんべんなく紹介されており、鍵となるアーティストについては簡単なバイオグラフィーも付され、代表作が網羅されている。

 監修者である白谷潔弘 ・マッド矢野の2人が、おおむね半々の割合でディスク・レビューを執筆している。アマゾンのカスタマーレビューを見ると、「マッド矢野の文章がひどい」という批判が目立つ。
 たしかにクセの強い文体だし、お世辞にもうまい文章とは言えないが、私は「アマゾンで酷評されているほどには悪くない」と思った。紹介しているアルバムの魅力はそれなりに伝わってくるし。

 ブルースではなくブルース・ロックに的を絞ったディスク・ガイドが、日本では本書くらいしかないし、ディスク・ガイドとしての実用性という観点から見れば悪い本ではないと思う。


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>