『全裸監督』



 以下は、上に書影を貼ったノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』(本橋信宏著)の感想ではなく、同書を基にNetflixで映像化されたドラマ『全裸監督』の感想である(同作はまだソフト化されていないため)。



 ちなみに、私は現時点では『全裸監督』未読。
 ただし、本橋信宏が村西とおるを描いたもう一つの著作『AV時代――村西とおるとその時代』 (幻冬舎アウトロー文庫)は、前に読んだことがある。

■関連エントリ→ 本橋信宏『AV時代――村西とおるとその時代』

 ツイッターのTL上で、『全裸監督』に言及しているほぼ全員が絶賛していた。そのことに背中を押され、観てみたしだい。
 なるほど、これは傑作だ。シリーズ1の全8話を、半日かけてイッキ見してしまうくらい面白かった。

 隅々にまで、ものすごくお金と手間ヒマがかかっている。そして、そのことが一目瞭然にわかる。
 たとえば、後半の舞台となる1980年代の新宿歌舞伎町をリアルに描くために、町ごと再現する大規模なセットを組んだという。スゴイ話だ。
 また、脇役にまで主役級の役者を使ったりして、キャストも豪華だ。

 村西とおる役・山田孝之の体を張った熱演を筆頭に、役者たちもこぞって好演。
 もう一人の主人公ともいうべき黒木香役の森田望智(みさと)も素晴らしい。顔立ちはとくに似ているわけではないのに、物語後半での演技は黒木香になりきっている。

 村西とおるのサクセスストーリーの背後に、ビニ本→裏本→AVという80年代アダルトメディア興亡史が二重写しとなる……という構成もなかなかのものだ。

 ただ、原作はノンフィクションだが、本作は事実そのものを描いているわけではない。随所にフィクションが織り込まれているし、物語の都合に合わせて時系列が入れ替えられたりしている部分も多いのだ。

 たとえば、シーズン1の終盤で、村西と関わりを持つヤクザの古谷(國村隼)が殺人を犯したりする『アウトレイジ』的描写。このへんは当然フィクションである。

 また、ハワイでAV撮影を行ってFBIに逮捕された村西が、黒木香のAVデビュー作の大ヒットによって司法取引費用を捻出して釈放される描写。実際には逮捕前に黒木のデビュー作は大ヒットしており、ここにも時系列の改変がある。

 むろん、作品を面白くするためにはそうした潤色もあってしかるべきで、目くじら立てる気はない。ただ、本作が事実をありのまま描いているという勘違いはすべきではないだろう。

 あと、本作は世代によってかなり評価が分かれる作品だと思う。80年代アダルトメディアの興亡をリアルタイムで知っている人ほど面白く観られるが、いまの20代・30代には面白さが半分くらいしか伝わらない気がする。

 とくに、村西や黒木香が「時代の寵児」となったころの空気を肌で知っているか否かで、本作の受け止め方は大きく異なるはず。
 マンガ家の田中圭一氏がツイッターで、本作について「50代以上で村西とおる監督を知っている人は絶対に視聴すべし!」と書いていた。まさに、私のような50代にこそドンピシャな作品なのである。

 一つだけ難を言えば、村西とおるがあまりにもカッコよく描かれすぎている。

 本作の村西は、日本にある種の「性革命」をもたらしたダーティ・ヒーローとして描かれている。
 だが、本来はヒーローというよりキワモノ的な魅力の持ち主なのだろうし、ここに描かれていない暗部をたっぷり抱え込んだ人だと思う。

 ノンフィクション作家の佐野眞一が、『アエラ』の「現代の肖像」で村西を取材して描いたことがある(佐野の著書『人を覗にいく』に収録)。そこにはこんな一節があった。


 村西は、こと女優に対しては、本物の猫でも出せないような猫なで声を連発し、割れ物でも運ぶように扱うが、いざ男性スタッフに向き合うと、態度をガラリと豹変させる。ちょっとしたミスにも、二度と立ち直れそうにないくらいの雑言を吐き散らし、ときには殴る蹴るの行状にも及ぶ。村西の暴力に耐えかねて逃げ出したスタッフは一○○名を下らず、なかには、タバコを買いに出かけたまま姿をくらましたスタッフもいる。村西軍団はこのため、サンドバッグ軍団とも呼ばれている。



 村西のそのような一面は、ドラマ『全裸監督』には描かれていない。
 あるいは、近く作られるシーズン2では、そうした暗部まで突っ込んで描く腹づもりなのだろうか。

 また、シーズン2では、黒木香が自殺未遂をしてメディアから消えた背景(くわしい事情は不明だが、そこまで彼女を追いつめたのは村西に違いない)も赤裸々に描いてほしい。
 そこまでやってこそ、このドラマは真に傑作たり得るのだと思う。

『重版出来!』最終回


 
 昨夜、『重版出来!』の最終回を観た。
 テレビドラマを全話リアルタイムで観た(一部「見逃し配信」でカバーしたが、とにかく全10話を放映日のうちに観た)のは、私にとっては『結婚できない男』以来だから、じつに10年ぶりのことだ。



 最後まで、素晴らしいドラマであったと思う。
 原作に忠実ながらも随所に工夫がある脚本といい、俳優陣の熱のこもった演技といい、細部のリアリティへの周到なこだわり(本物の売れっ子マンガ家たちに描き下ろさせたマンガ原稿など)といい、スタッフサイドの熱意が隅々に感じられた。

 視聴率が低いと言われていたが、コミック誌の編集部が舞台であること自体、およそ一般的な題材とは言えないわけだし、そのわりには大健闘だったのではないか。

 そもそも、視聴率1%が約40万人の視聴に相当すると言われているから、7~8%の視聴率というのは300万人程度が観ていることになるわけで、じつは大変な数なのである。

 町山智浩さんがラジオの「たまむすび」で『重版出来!』を絶賛しており、そこまでホメるとは思わなかったのでちょっと驚いた。

 まあ、元編集者であり、『重版出来!』の重要な要素となっていた出版不況の進行を肌で知る町山さんにしてみれば、身につまされることこのうえないドラマだったのであろう。

 その点は私にとっても同じだ。
 雑誌編集の世界をよく知り、マンガ好きな私としては、これほど身につまされるドラマはほかになかった(雑誌編集者を主人公にしたドラマといえば、沢尻エリカ主演の『ファーストクラス』というのがあったが、これは荒唐無稽で観るに堪えなかった)。

■関連エントリ→ 木村俊介『漫画編集者』(『重版出来!』の担当編集者も登場)

「重版出来!」



 今日は、帝京大学ラグビー部監督の岩出雅之さんを取材。ラグビー部のクラブハウスにて。


 『重版出来(じゅうはんしゅったい)!』の第1話を、「TBSオンデマンド」で観た。放映後1週間無料視聴できるそうだ。

 大変面白い。脚本もよいし、キャストも豪華だし、細部まで凝った演出がなされている。
 松田奈緒子の原作より面白いかも。原作ではわりとサラッとしたエピソードだった「巨匠マンガ家・三蔵山龍の引退宣言騒動」を、よくあそこまで引き伸ばして盛り上げるものだと感心した。

 主演の黒木華が超カワイイ。薄幸顔で(このドラマでは元気いっぱいの役だが)、まったく肉感的でなく、透明感のある植物系地味顔美人。私の好み、どストライクである。

 黒木華を見ているだけで幸せな気分になるドラマ。毎回観ることに決めた。

 なお、 第1話で書店の場面に使われているのは、我が地元・立川の「オリオン書房」北口ノルテ店である。コミックスが充実している、私のお気に入り店舗(たぶん西東京最強の書店)。その点もなんとなくうれしい。

『アオイホノオ』



 今日は、都内某所で音楽プロデューサー・評論家の立川直樹さんを取材。
 少年時代に立川さんの書かれたライナーノーツとか音楽評論などを山ほど読んだ身としては、とても楽しい取材。
 立川さんは60代後半だが、いまもよい意味での不良っぽさをたたえた、カッコイイ人であった。


 島本和彦の同名マンガをテレビドラマ化した『アオイホノオ』がAmazonのプライムビデオに入っていたので、観てみた。面白くて、つい全11話を一気に観てしまった。

 島本作品の実写映像化といえば、映画『逆境ナイン』もかなりよかったが、この『アオイホノオ』も素晴らしい。スタッフたちの原作へのリスペクトが感じられる、力の入った映像化だ。

 島本和彦自身が1人のマンガ家志望者であった大阪芸術大学時代をベースにした、自伝的青春コメディ。
 同期に庵野秀明がいたり、のちにマンガ界・アニメ界でひとかどの者となる人材が大芸大に集結していた時代であり、本作でも庵野は主人公・焔燃(ホノオ・モユル/島本の分身)の最大のライバルとして描かれる。

 舞台となる1980年代初頭の、オタク文化黎明期の出来事が随所に盛り込まれている。
 その時代を肌で知る私のような世代は、いちいち懐かしくて、面白くてたまらない。「ドラマで描くオタク文化黎明期」として、映像資料的価値も高いドラマである。

 また、そうした時代性を抜きにしても、いわゆる「ワナビ」の若者たちのイタさと熱さがふんだんに盛り込まれた青春ドラマとして、普遍的な面白さと感動を持つ作品だと思う。
 マンガ家・小説家・ミュージシャンなど、広義の「表現者」を目指した時期のある「ワナビ」や「元ワナビ」なら、焔燃の心の揺れ動きが手に取るようにわかるはずだ。大げさにデフォルメされているとはいえ、ワナビたちは大なり小なりこんなふうに悩み、もがき、のたうち回るものなのだ。

 焔燃役・柳楽優弥の熱演も素晴らしいのだが、『少年ジャンプ』の熱血ハードボイルド編集者・MADホーリィとか、ブッ飛んだ脇キャラたちがもうサイコー。



 このスタッフと出演陣で、焔燃がプロになってからの話(ただし、こちらは「炎尾燃」名義)である名作『燃えよペン』も実写化してほしいなァ。 

『リバース エッジ 大川端探偵社』



 テレビドラマ版の『リバース エッジ 大川端探偵社』がAmazonプライムビデオに入っていたので、少しずつ観ている。

■関連エントリ→ ひじかた憂峰・たなか亜希夫『リバースエッジ 大川端探偵社』

 原作も『漫画ゴラク』で不定期連載中だが、原作のほうはコミックス3巻あたりからストーリーのクオリティがガクッと落ちてしまい、私はもう続巻を買っていない。

 このドラマ版は、原作から12のエピソードを選んで映像化したもの。『モテキ』の大根仁が監督(脚本も兼任)しており、さすがの出来栄えである。映像はスタイリッシュで、細部までていねいに作られている。
 
 原作は毎回20ページほどの短編だから、1話30分のドラマにするためには、少しディテールをふくらませる必要がある。そのふくらませ方がなかなか巧みで、回によっては原作よりも面白い(調子の出ない回もあるが)。
 私のお気に入りエピソード「ある結婚」(第3話)など、原作よりもずっと感動的に仕上がっている。

 キャスティングも凝っている。「アイドル・桃ノ木マリン」(消えたC級アイドルを探す話)の回で、吉田豪が本人役で登場したり……。

 EGO-WRAPPIN'が担当するテーマ曲と音楽もよい。
 大川端探偵社の事務所にEGO-WRAPPIN'が入り込んでテーマ曲「Neon Sign Stomp」を演奏するオープニングも、なかなかのカッコよさ。



 そういえば、EGO-WRAPPIN'のヒット曲「くちばしにチェリー」も、類似作「私立探偵 濱マイク」の主題歌だった。

 ここまで力を入れて作ってくれれば、原作ファンとしても納得だ。

※後注/けっきょく、全話観てしまった。原作をしのぐ傑作になっていたのは、「最後の晩餐」「ある結婚」「アイドル・桃ノ木マリン」「トップランナー」の4話だと思う。打率3割。


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>