『ギャングース』



 『ギャングース』をDVDで観た。
 鈴木大介(ルポライター)・肥谷圭介(マンガ家)コンビによる同名マンガの映画化。



 『ギャングース』というタイトルは、ギャングとマングースの合成語である。
 マングースが毒蛇と戦うように、ギャング(犯罪者集団)専門のタタキ(窃盗・強盗)を稼業とする主人公3人組を指している。
 ギャングたちは、タタキ被害に遭っても警察に届けることができない。ゆえにターゲットをそこに絞っているわけだが、当然、捕まれば警察に逮捕される以上の制裁が待っている。

 極貧の崩壊家庭に育った少年院上がりで、犯罪で食っていく以外に道がなかった主人公3人――。
 彼らは、鈴木大介のルポ『家のない少年たち』(マンガ『ギャングース』がヒットしたため、文庫版では『ギャングース・ファイル』と改題)に登場する実在の少年たちをモデルにしている。

■関連エントリ→ 鈴木大介『家のない少年たち』

 触法少年少女など、社会の底辺に生きる者たちに取材した鈴木の一連のルポは、彼にしか書けない社会的意義の高いものだと思う。
 ルポがベースになっているからこそ、この映画の犯罪描写、裏社会の人間たちの描写はすこぶるリアルだ。

 ストーリーの核となるのは振り込め詐欺集団だが(主人公3人組はその「上がり」を強奪しようとする)、それも、振り込め詐欺グループに取材した鈴木の著作『老人喰い』を参考にしている。

■関連エントリ→ 鈴木大介『老人喰い』

 金子ノブアキ演ずる振り込め詐欺グループの番頭が、部下たちに振り込め詐欺の社会的意義(!)を熱弁するシーンがあるが、ここなどは『老人喰い』そのままだ。



 主人公たちがくり返すタタキは、もちろん犯罪である。それでも、観ているうちにだんだん彼らに感情移入し、応援したくなってくる。原作のマンガや鈴木大介のルポのファンにも、十分納得のいく映画化だと思う。

 役者たちも揃って好演。とくに、3人組の一人・カズキを演じた加藤諒は、「彼以外にはありえない」と思わせるハマりっぷりだ。

 振り込め詐欺集団のボスを演じたロック・アーティストのMIYAVIも、強い印象を残す。
 MIYAVIは、ハリウッド映画『キングコング:髑髏島の巨神』でも日本兵役を好演していた。今後、俳優としても十分やっていけるだろう。

 ただ、元「AKB48」の篠田麻里子が、刺身のツマみたいな脇役をさせられているのが、なんとも不憫。かりにも元トップアイドルなのに、こんなもったいない使い方をしてはイカンと思う。

『菊とギロチン』



 『菊とギロチン』をDVDで観た。

 昨年度キネ旬ベストテンで、日本映画第2位になった作品(1位は『万引き家族』)。

 同年のベストテンでは同じ瀬々敬久監督の『友罪』が8位にランクインしたが、私は『友罪』にはまったく感心しなかった。この『菊とギロチン』のほうがずっといいと思う。

 関東大震災直後の日本を舞台に、当時実在した女相撲の力士たちと、テロをくり返したアナキスト集団・ギロチン社の面々が「もしも出会っていたら……」という設定で紡がれた物語。この設定がすこぶる魅力的である。

 当初は、「女相撲とアナキスト」という副題がついていたという。「菊とギロチン」の「菊」は、直接にはヒロインとなる女相撲の力士「花菊」を指すが、同時に天皇も意味するダブルミーニングなのだろう(「天皇陛下万歳!」を叫ぶシーンが何度も登場する)。

 女相撲の話だけでも十分成立していた気もするし、女相撲とギロチン社の接合にはやや〝無理やり感〟がある。
 それでも、印象的なシーンも多く、全編に熱い情念がみなぎっていて、見ごたえある力作だ。

 夭折したロックスターのようなイメージで描かれた大杉栄など、なかなかよい。大杉の登場シーンをもっと増やしてもよかったのではないか。

 ただ、いまどき3時間超はちょっと長すぎ。
いろんな要素を詰め込みすぎな感もあり、もっと刈り込んで2時間以内に絞ったらよかったと思う。

『止められるか、俺たちを』



 『止められるか、俺たちを』 をDVDで観た。



 若松プロの映画作りの現場を、早逝した紅一点助監督・吉積めぐみの視点から描いた青春群像劇。
 若松孝二になんら思い入れのない当方から観ても、なかなか楽しめた。

 門脇麦が演ずる吉積めぐみを主人公に据えたことは、正解だと思う。かりにこの映画から彼女を差し引いてしまったとしたら、なんともむさ苦しい映画になったことだろう。

 足立正生、秋山道男、荒井晴彦、大島渚から赤塚不二夫に至るまで、若松プロとその周辺にいた人々が続々登場し、ゴージャス。

 1960年代末から70年代初頭にかけての、熱い「政治の季節」の東京を描いた映画としても、みずみずしい。

 若松孝二が晩年に撮った作品『11・25 自決の日  三島由紀夫と若者たち』で三島由紀夫を熱演した井浦新が、本作では若松孝二を演じている。魂の込められた熱演である。

■関連エントリ→ 『11・25 自決の日  三島由紀夫と若者たち』

 タイトルは当時の若松プロの面々から大不評を買ったらしいが、私はけっこう好きだ(昔、暴走族の写真集に同題のものがあった)。



 門脇麦の熱演が素晴らしい。「何者かになりたいが、何者にもなれない」表現者の卵――その焦燥や痛々しさまでも表現して出色だ。

 白石和彌監督の前々作に当たる『サニー/32』は世にもクダラナイ珍作だったが、それでも、あの映画でも門脇麦だけは光っていた。

■関連リンク→ 『サニー/32』レビュー

 あと、サニーデイ・サービスの曽我部恵一が手がけた音楽(最後に流れる主題歌「なんだっけ?」も歌っている)がとてもよい。



『ばしゃ馬さんとビッグマウス』



 最近気に入っている吉田恵輔監督の旧作(2013年)。
 吉田作品では『純喫茶磯辺』も『犬猿』も『さんかく』もよかったが、これもなかなか。私はこの監督とウマが合うというか、リズムが合う。



 脚本家を夢見てシナリオ・コンクールに応募しつづけるも、一次予選にすら通過したことがない34歳独身のヒロイン・馬淵みち代を、麻生久美子が好演。
 この役にこれほどハマる美人女優は麻生久美子しかいないだろう。化粧っ気のない地味メガネ姿でも、とても美しくチャーミング。

 脚本家に限らず、何かの「クリエイター」を目指した時期のある人にとって、これほどヒリヒリと痛い映画はほかにないだろう。最初から最後までヒリヒリしっぱなしだ。
 なにしろ、これはよくある「頑張れば夢はかなう」という映画ではなく、「どんなに頑張っても、才能がなければ夢はかなわない」と現実を突きつけ、世の「ワナビ」たちに冷水をぶっかける映画なのだから……。

 こんな映画が過去にあっただろうか? たとえ夢がかなうまでは描かなかったとしても、かなうことを予感させて終わるのがフツーの青春映画だろう。

 管見の範囲で本作に近いのは、コーエン兄弟の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』だろうか。あの映画でも、主人公ルーウィン・デイヴィスは最後までフォーク・シンガーとして芽が出ないままで終わる。
 ただ、ルーウィンはまがりなりにもレコード・デビューを果たしていたし、モデルになったデイヴ・ヴァン・ロンクは通好みながらも多数のアルバムを出すまでに成功している。その意味で、本作のほうがより徹底した〝「夢はかなわない」映画〟と言えよう。

■関連エントリ→ 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

 みち代オンリーだったら、切なく哀しい物語になったであろう。「ビッグマウス」こと自称天才脚本家・天童義美をもう一人の主人公に据えることによって、ビターな青春コメディになった。

 天童のように、一度も作品を書き上げたことがないのに「天才」を自称するイタイやつは、脚本家・小説家・マンガ家等、各界ワナビの中に多数実在するのである。

 みち代が天童を罵倒し、缶コーヒーを吹き出すまでのシークェンスがすごい。『純喫茶磯辺』で、麻生久美子が男に殴られて鼻血を一筋出すまでの奇跡的タイミングの名シーン(観ていない人には意味不明だろうが)に匹敵する。

 そしてもう一つ、みち代が元カレ(岡田義徳)の家に行き、「夢」への未練について泣きなから語るシークェンスが秀逸だ。

「ホントはね、きっと夢はかなわないんだろうなって、わかってはいるんだけどね……。でもね、抱いちゃった夢って、どうやって終わりにしていいかわかんないんだもん……」
「夢をさァ、かなえるのってすごい難しいのは最初からわかってたけどさ。夢をあきらめるのって、こんなに難しいの……?」
 ――なんと哀切なセリフだろう。

 ワナビのイタさを笑いと切なさに昇華し、〝青春の終焉〟を活写した傑作。

『孤高の遠吠』



 『孤高の遠吠』をDVDで観た。



 鈴木智彦の犯罪ノンフィクションを映画化した最新作『全員死刑』も絶賛されている小林勇貴監督の、自主映画時代の代表作(2015年)。
 地元・富士宮のホンモノの不良たちを大挙出演させた、“DQNムービ―”である。



 よい意味でも悪い意味でも、「パンクロック的な映画」だと思った。

 1970年代後半にパンクロックが勃興したとき、「楽器はバンドを作ってから始めたんだ」というようなバンドがたくさんいた。
 「バンドをやるなら、楽器を弾くのがうまくないといけない」などという常識を鼻で笑い、初期衝動だけを頼りに「やりたい音楽をやる」のがパンクロックであったわけだ。それは、「ギターがうまいかヘタか?」などという基準とは別の基準で価値が判断される世界であった。

 本作も、既成の映画文法から見ればシロウト丸出しで、ムチャクチャな映画だ。
 出演者がセリフを噛んだ場面が、平気でそのままになっていたりする(!)。ストーリーもグチャグチャで、けっきょく誰が主人公なのかすら判然としない。

 それでも、勢いだけはスゴイ。
 また、登場する不良たちのホンモノ感も(あたりまえだが)素晴らしい。『クローズ』とかのヤンキー映画に出てくる作り物の不良にはない、滑稽さスレスレの迫力がある。

 小林勇貴という監督が映画作りを積み重ね、否応なしに技術を身に着けていったとき、この初期パンクロック的な迫力は薄れていくのか、それとも、迫力を保ったままでうまくなっていくことができるのか? 注目したい。


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>