『デス・ウィッシュ』



 チャールズ・ブロンソン主演のヒット作、1974年の『狼よさらば』(原題は《Death Wish》)を、ブルース・ウィリス主演でリメイクしたもの。



 『狼よさらば』は大ヒットしたことからシリーズ化され、計5本が作られた。そのうちの第2作『ロサンゼルス』(原題は《Death WishⅡ》)は、なんとレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが音楽を担当している。

 オリジナルでは設計士だった主人公ポール・カージーの職業が、このリメイク版では外科医になっている。
 その設定変更は、「命を救う職業である医師が、悪人の命を奪う処刑人となるアイロニー」によって、物語のテーマに深みを与えている……ということはあまりなくて、メスや麻酔薬を「処刑」に用いるディテールの都合で変更したのだろう。

 オリジナルは遠い昔に観た記憶しかないが、「暗い映画だなァ」という印象が残った。
 まあ、家に押し入った強盗に妻を殺され、娘をレイプされた(本作ではその点が変えられ、娘は重傷を追って昏睡状態に陥る設定になっている)男が街の悪党を処刑していく話なのだから、暗い映画なのは無理もないが……。

 本作は基本設定こそオリジナルを踏襲しているが、随所に「黒い笑い」をちりばめて、わりと乾いた感触の映画になっている。
 主人公が妻を殺した悪党を殺す場面で、私は2回ほど爆笑してしまった。すごく不謹慎なことを言うようだが、爆笑するようなギャグが仕掛けられているのだ。

 主人公が銃を買いに行く銃砲店で、彼の相手をする爆乳美女店員ベセニーのセールストークも、ドス黒いギャグに満ちている。



 この映画は、警察に代わって悪を成敗する姿にカタルシスを得る単純な「勧善懲悪もの」ではあるが、同時に、アメリカの銃社会を痛烈に皮肉る批評性も秘めているのだ。

 また、スマホやYou Tubeがストーリー上重要な役割を果たすなど、細部が21世紀仕様にアレンジされ、そのアレンジが絶妙な効果を上げている。

 オリジナルの『狼よさらば』は、考えてみれば相当乱暴なストーリーである。家族の復讐のため銃を取ったはずの主人公が、妻殺しの犯人ではない「別の悪人」を片っ端から殺していく話なのだから。

 対して、本作の主人公は、自分とは関係のない麻薬の売人を射殺したりもするが、基本的には妻を殺した犯人たちへの復讐が主軸となる。ゆえに、本作のほうが主人公に自然に感情移入できる。

 また本作は、普通の外科医が突然射撃の名人に変わってしまう不自然さを避けるため、銃の扱い方の基本を知らずにケガをする場面を入れるなど、リアリティへの配慮がわりと細やかである。

 全体として、オリジナル『狼よさらば』より本作のほうが、エンタメとしてウェルメイドだと感じた。

関連記事

『止められるか、俺たちを』



 『止められるか、俺たちを』 をDVDで観た。



 若松プロの映画作りの現場を、早逝した紅一点助監督・吉積めぐみの視点から描いた青春群像劇。
 若松孝二になんら思い入れのない当方から観ても、なかなか楽しめた。

 門脇麦が演ずる吉積めぐみを主人公に据えたことは、正解だと思う。かりにこの映画から彼女を差し引いてしまったとしたら、なんともむさ苦しい映画になったことだろう。

 足立正生、秋山道男、荒井晴彦、大島渚から赤塚不二夫に至るまで、若松プロとその周辺にいた人々が続々登場し、ゴージャス。

 1960年代末から70年代初頭にかけての、熱い「政治の季節」の東京を描いた映画としても、みずみずしい。

 若松孝二が晩年に撮った作品『11・25 自決の日  三島由紀夫と若者たち』で三島由紀夫を熱演した井浦新が、本作では若松孝二を演じている。魂の込められた熱演である。

■関連エントリ→ 『11・25 自決の日  三島由紀夫と若者たち』

 タイトルは当時の若松プロの面々から大不評を買ったらしいが、私はけっこう好きだ(昔、暴走族の写真集に同題のものがあった)。



 門脇麦の熱演が素晴らしい。「何者かになりたいが、何者にもなれない」表現者の卵――その焦燥や痛々しさまでも表現して出色だ。

 白石和彌監督の前々作に当たる『サニー/32』は世にもクダラナイ珍作だったが、それでも、あの映画でも門脇麦だけは光っていた。

■関連リンク→ 『サニー/32』レビュー

 あと、サニーデイ・サービスの曽我部恵一が手がけた音楽(最後に流れる主題歌「なんだっけ?」も歌っている)がとてもよい。



関連記事

西村賢太『羅針盤は壊れても』



 西村賢太本人がいまどき珍しい「上製箱入り」にこだわったため、普通の単行本の倍の値段になってしまった、現時点の最新作。装丁も昭和初期あたりの文芸書を模したレトロなものになっている。
 電子書籍版は普通の値段なので、紙の本にこだわりがない人はそちらを買うとよい。

 収録作4編中、2編は過去作の再録。私は既読なのでスルー。
 新録作2編のうち、「陋劣夜曲」は凡作。ただ、相変わらずタイトルづけはうまいし、他愛のない話なのに読ませる筆力はさすが。

 表題作「羅針盤は壊れても」は中編といってもよい長さで、これがなかなかの出来だった。
 私は北町貫多シリーズの中でも、貫多が10代・20代のころを描いた〝青春もの〟が好きだ。これも22歳のころの話。

 例によって、日雇い仕事と酒と小説読みの日々が綴られている。バイト先での人間関係や仕事ぶりが微に入り細を穿って描かれるのも、いつものことだ。

 ただ、この「羅針盤は壊れても」は、〝私小説書き・西村賢太の誕生の瞬間〟を描いたとも言える内容であり、その点に特別な価値がある。

 田中英光の小説に耽溺する日々が描かれ、貫多が英光作品にどのような魅力を感じていたかが、はっきりと言語化されている。それは当時の貫多にとって、「心の止血剤として、どうしても必要不可欠のものだったのである」と……。

 貫多は、どこかで〝田中英光を知っている自分〟を誇りに思う気持ちがあった。
 かの創作世界を彷徨していると云う一点で、件の同級生に対する劣等意識を僅かに掻き消すことができた。(中略)
 所詮、その者たちは現時田中英光の私小説を知らず、おそらく向後も一生知ることがないまま朽ちることであろう。



 また、英光を真似て私小説を初めて書いてみる姿も描かれており、藤澤清造作品との最初の出合いにも触れられている。

 最初の私小説もどきを書き始めて、貫多はそれが「自分語りの真似事以上のものになっていない」ことに愕然とする。そして、当時の自分になぜまともな私小説が書けなかったかが、現時点の目から次のように冷静に分析されている。

 私小説は書く者自らを中心人物として据えている。そして優れた私小説は、そんな赤の他人のどうでもいい人生の断片を一見無造作にもプリミティブにも装いつつ、しかしその実は細かく効果が考え抜かれた、心憎いまでの上手い見せかたで提示している。そして、それがたまらなく面白い。
 結句それらは、思いきり端的に云えば、ひどく自己愛が強いように見せかけて、実際はえらく突き放しているのだ。この相反する二つのものが程良い塩梅で配合されているから、そこに妙味も生じているのだ。
 当然それは、多分に技術的な面に与るところも大であろうが、そこに至る、客観に徹した境地と云うのも不可欠であるに違いない。
 その境地を得ていない今の彼に、面白い私小説なぞ書けるはずがないのだ。



 このくだりは〝西村賢太の私小説論〟でもあり、彼の小説を研究しようとする者は避けて通れない一節になるだろう。
 「羅針盤は壊れても」は、今後、数多い彼の作品の中でも重要作になるに違いない。賢太らしい〝地を這うような青春小説〟としての出来もよい。

 なお、本書には「特別付録」として、随筆「蛇足少々」と掌編「一隅の夜」、くわしい著書リストを掲載した8ページの小さな折込が入っている(電子書籍版にはついていないので注意)。

 それによれば、本書は西村賢太にとって53冊目の単著だという。
 といっても、単行本の文庫化も「1冊」と数えているがゆえの多さなのだが、それでも、デビューから15年で50冊を超える単著があるというのは、いまどきの私小説書きとしてすごいことだ。

関連記事

ロイ・ブキャナン『ライヴ・アット・タウン・ホール1974~ライヴ・ストック完全盤』



 ロイ・ブキャナンの『ライヴ・アット・タウン・ホール1974~ライヴ・ストック完全盤』を聴いた。

 発売元のPヴァインがつけた惹句には、次のようにある。

《全ギター・ファン必携の世紀の大発掘! テレキャスターの魔術師ロイ・ブキャナン、これがあの大名盤『Live Stock』の全貌だ!!
代表作『Live Stock』の元となった74年のライヴ音源を2枚組21曲にわたり完全収録!!  同作には未収録だったジミ・ヘンドリックス「Hey Joe」、ニール・ヤング「Down By The River」のカヴァーも垂涎!》

 ロイ・ブキャナンの代表作の一つである『Live Stock』は全7曲だったが、元のライヴ(1974年11月27日ニューヨークのタウン・ホールでのショー)は2セット制で、のべ21曲が演奏された。本作は、その2セット/21曲の演奏を、CD2枚組に完全収録したものなのだ。

 というと、「ふーん……。アウトテイクをかき集めて嵩を増やした、よくあるデラックス・エディションだね」と思うかもしれない。私も事前にはそう思っていた。

 が、実際に聴いてみてビックリ! 『Live Stock』収録ヴァージョンより、本作に初めて収録されたもののほうが、総じて演奏の出来がよいのだ。ジミヘンの「ヘイ・ジョー」のカヴァーが2ヴァージョン入っているが、その途中で見せる狂熱の弾きまくりがすさまじい! 鳥肌が立った。



 公式リリースされたものより、アウトテイクのほうがあきらかに出来がよいとは、いったいどういうことなのか?

 日本のロック・ファンの多くがそうだと思うが、私がロイ・ブキャナンの名を知ったのは、ジェフ・ベックの名盤『ブロウ・バイ・ブロウ』の一曲「哀しみの恋人達」(Cause We've Ended As Lovers)に、「ロイ・ブキャナンに捧ぐ」とクレジットされていたのを見たときだ。

 「へーえ、ロイ・ブキャナンって、ジェフ・ベックが曲を捧げるほどすごいギタリストなんだ」と思ってブキャナンのアルバムを聴いてみたものの、地味でじじむさい白人ブルース・ギタリストなものだから、10代のころにはいまいちよさがわからなかった。

 自分が年を取ってからロイ・ブキャナンのよさもわかってきたものの、「地味なギタリストだ」という印象は変わらなかった。
 商業的大成功とは生涯無縁だったし、留置場で自殺を遂げた(公共の場で泥酔したことから留置されていたときに、房内で自分のシャツで首を吊った)という悲劇的な最期も、そのイメージに拍車をかけたし……。

 本作のノリノリの演奏を聴いて初めて、「ベックやエリック・クラプトンがリスペクトした凄腕ギタリスト」としての真の姿に触れた気がする。

関連記事

『イコライザー2』



 『イコライザー2』をDVDで観た。



 デンゼル・ワシントンが、「現代の必殺仕置人」ともいうべき元CIA工作員を演じたクライム・アクションの続編。
 1980年代の同名テレビドラマの映画化だそうだが、ドラマ版の日本での題名は『ザ・シークレット・ハンター』(私は観たことがない)。

 「地味な職業に就いた一見平凡な男が、じつは凄腕の殺人マシーンで……」という、よくあるパターンの映画だ。
 ただし、スティーヴン・セガールの『沈黙』シリーズなどの類似作と比べると、主人公が物静かで知的な印象なので、アクション場面との落差がいっそう鮮やか。

 正編もそうだったが、このシリーズはスタローン、セガール等の〝おバカ系アクション〟とは違い、全体に地味で渋いところがよい。主人公の一人暮らしの様子などをじっくりと描き込んで、リアルなのだ。

 正編では主人公の仕事はホームセンターの店員で、店にあるものをなんでも利用して敵を倒していくプロセスに工夫と面白さがあった。
 今回、主人公の仕事はタクシードライバー(前作で店で大暴れしてしまったから、転職を余儀なくされたのだろう)なので、その点の面白さはなくなったが、相変わらず敵の倒し方などのアクション場面に工夫がある。

 正編では、行きつけのダイナーで仲良くなった年若い娼婦(クロエ・グレース・モレッツ)にひどい仕打ちをしたロシアン・マフィアを、主人公マッコールが皆殺しにした。
 今回は、正編にも登場したCIA時代の上官で親友のスーザン(メリッサ・レオ)が、何者かに殺されてしまう。その復讐のために立ち上がり、真相を突き止めたマッコールは、CIA時代の工作員仲間4人と戦う羽目になる。
「スーザンを殺したお前たちを、全員殺す。一度しか殺せないのが残念だ」と、静かな口調で宣戦布告する場面がカッコいい。



 前作同様に地味で渋い面と、前作より派手になった面が半々で同居している。
 とくに、クライマックスの嵐の中の対決は西部劇の伝統を感じさせ、ド派手だ。

 正編が気に入った人なら楽しめる、よくできた続編だと思う。

■関連エントリ→ 『イコライザー』

関連記事

池上彰『学校では教えない「社会人のための現代史」』ほか



 前に「いつかは読むだろう」と思ってKindle版を買っておいた、池上彰の東工大講義3部作を一気読み。
 計3年分の講義を、各一冊にまとめたシリーズだ。

 3冊はそれぞれ「世界編」「日本編」「国際編」と銘打たれているが、いずれも戦後史・現代史を通しテーマとしたもの。
 なので、一部の内容には重複もあるのだが、同じテーマ(たとえばベトナム戦争など)を取り上げる場合でも、年度によって少し角度を変えて講義している。

 それゆえ、3冊を通読することによって、現代史に関するいっそう明確なパースペクティブが得られる感じ。学生のみならず、社会人の「大人の学び直し」にも好適だ。

 理工系エリートの学生たちだけあって、池上が時折投げかける質問に対するレスポンスも非常によい。これなら池上も教え甲斐があるだろうな、と思う。

 池上彰が山ほど出している一般向け教養書のたぐいが、全部よいとは言わない(そもそも、私も一部しか読んでないし)。が、私が読んだなかでは、『そうだったのか! 現代史』シリーズと、この東工大講義3部作、それに『世界を変えた10冊の本』あたりは、じつによくまとまっている良書だと思う。

■関連エントリ→ 池上彰『世界を変えた10冊の本』

関連記事

ジョン・ルイスほか『MARCH(マーチ)』



 仕事上の必要があって、社会派アメリカン・コミック『MARCH(マーチ)』(ジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳/岩波書店)全3巻を一気読み。

 アメリカでは「グラフィック・ノベル」として位置付けられるタイプの作品で、一般的なアメコミ(マーベルとかDCとかの)とは印象が大きく異なる。

 絵は1ページ1ページがそれぞれイラストとして価値を持つような見事なものだが、それでいて読みにくくはない。日本のマンガに慣れた読者にも抵抗なく読める。

 公民権運動において重要な役割を果たした「ビッグ6」の一人に数えられる、米下院議員ジョン・ルイスの歩みを描いたものだ。

 ルイスの少年時代が描かれる序盤は、正直退屈。黒人差別に抗する闘いが具体的に始まる1950年代後半あたりから、徐々に面白くなる。「ワシントン大行進」の舞台裏が描かれる第2巻の途中あたりからは、ぐいぐい引き込まれた。

 マーティン・ルーサー・キングもローザ・パークスも、ケネディ大統領もマルコムXも登場する。
 が、日本ではあまり知られていない、公民権運動の末端の様子が詳細に描かれており、そのへんこそが最も面白かった。黒人側もけっして一枚岩ではなく、意見の相違と衝突がしょっちゅう起こっていたあたりがリアル。
 あと、マーティン・ルーサー・キングが本作では「偉人扱い」されていない(他の運動家がキングの保身ぶりを批判する場面がある)あたりも、妙にリアル。

 「ああ、そういうことだったのか」と、本作で初めてわかったこともたくさんある。
 米国の公民権運動について、ハリウッド映画などから知った断片的な情報で「知ってるつもり」でいたが、そのじつ、深いところまで理解できていなかった。

 21世紀の日本を担う若者たちにこそ読ませたい。全3巻揃えると7500円もする高価なコミックなので、10代が買うのはシンドいだろうが、図書館で借りてでも読んでほしい。

関連記事

2018年に読んだマンガBEST10



 年末恒例、「今年のBEST10」。最後はマンガのBEST10である。

 基準は、「現在連載中、もしくは今年まで連載していた作品、もしくは今年コミックスが出た作品で、昨年までのBESTには選出していなかったもの」。
 感想を書いたものについては、タイトルをクリックするとレビューに飛びます。

 10作中3作がウェブ連載であるあたりに、時代を感じる。今後は年々、ウェブ連載の比率が上がっていくのだろう。

 順不同だが、しいてBEST3を選ぶなら、『ハコヅメ』『ブルーピリオド』『ランウェイで笑って』の3つだろうか。

泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』

山口つばさ『ブルーピリオド』

猪ノ谷言葉『ランウェイで笑って』

真造圭伍『ノラと雑草』

吉田覚『働かないふたり』

齋藤なずな『夕暮れへ』

近藤ようこ『見晴らしガ丘にて  それから』
――近藤ようこの初期代表作で、1986年「日本漫画家協会賞優秀賞」を受賞した名作『見晴らしガ丘にて』の、30数年後を描く〝続編〟。
 あの住宅地でいま暮らす人々を描く、珠玉の群像劇。 『見晴らしガ丘にて』登場キャラの30数年後も描かれるなど、正編が好きな人ならなおさら楽しめる。

塩川桐子『ワカダンナ』
――寡作で知られた江戸マンガの名手・塩川桐子が、『コミック乱』(月刊時代劇マンガ誌)という格好の舞台を得て、近年、彼女にしては精力的に作品を発表している。
 これは今年出た短編集。かつての名短編集『ふしあな』よりも、もうちょっと肩の力が抜けた感じが好ましい。

押見修造『血の轍』
――これほど目が離せないサイコサスペンスは、いまほかにない。とにかく絵の迫力がすごい。絵描きとしての押見修造の到達点がここにある。
 あと、全編群馬弁(上州弁)のマンガであり、私にとっては母の故郷の言葉なので、その点にも親しみを覚える。

篠房六郎『おやすみシェヘラザード』
――版元の惹句にいうとおり、「誰も見たことの無い映画レビュー寝落ちバトル百合エロ漫画」。
 絶妙に色っぽいのに下品な「エロ」にはならない絵柄がよいし、映画マニアを唸らせるディテールのくすぐりが素晴らしく、何度も読み返しては楽しめる。

関連記事

2018年に観た映画BEST10



 2018年のマイBEST10、今日は映画である。

 今年はわりと「最大公約数的な10本」になった気がする。 
 基準は「2018年中に日本で公開された映画」で、順不同。感想を書いたものについては、タイトルをクリックすると感想に飛びます。

『万引き家族』

『ボヘミアン・ラプソディ』

『孤狼の血』

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

『恋は雨上がりのように』

『カメラを止めるな!』

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』

『シェイプ・オブ・ウォーター』

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』

『犬猿』

■もう10本選ぶなら?
『素敵なダイナマイトスキャンダル』
『デトロイト』
『スリー・ビルボード』
『タクシー運転手 約束は海を越えて』
『ゲティ家の身代金』
『レディ・バード』
『コンフィデンシャル/共助』
『レッド・スパロー』
『ワンダーストラック』
『ウィンストン・チャーチル  ヒトラーから世界を救った男』

関連記事

Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
43位
アクセスランキングを見る>>