ジョン・ルイスほか『MARCH(マーチ)』



 仕事上の必要があって、社会派アメリカン・コミック『MARCH(マーチ)』(ジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作、ネイト・パウエル画、押野素子訳/岩波書店)全3巻を一気読み。

 アメリカでは「グラフィック・ノベル」として位置付けられるタイプの作品で、一般的なアメコミ(マーベルとかDCとかの)とは印象が大きく異なる。

 絵は1ページ1ページがそれぞれイラストとして価値を持つような見事なものだが、それでいて読みにくくはない。日本のマンガに慣れた読者にも抵抗なく読める。

 公民権運動において重要な役割を果たした「ビッグ6」の一人に数えられる、米下院議員ジョン・ルイスの歩みを描いたものだ。

 ルイスの少年時代が描かれる序盤は、正直退屈。黒人差別に抗する闘いが具体的に始まる1950年代後半あたりから、徐々に面白くなる。「ワシントン大行進」の舞台裏が描かれる第2巻の途中あたりからは、ぐいぐい引き込まれた。

 マーティン・ルーサー・キングもローザ・パークスも、ケネディ大統領もマルコムXも登場する。
 が、日本ではあまり知られていない、公民権運動の末端の様子が詳細に描かれており、そのへんこそが最も面白かった。黒人側もけっして一枚岩ではなく、意見の相違と衝突がしょっちゅう起こっていたあたりがリアル。
 あと、マーティン・ルーサー・キングが本作では「偉人扱い」されていない(他の運動家がキングの保身ぶりを批判する場面がある)あたりも、妙にリアル。

 「ああ、そういうことだったのか」と、本作で初めてわかったこともたくさんある。
 米国の公民権運動について、ハリウッド映画などから知った断片的な情報で「知ってるつもり」でいたが、そのじつ、深いところまで理解できていなかった。

 21世紀の日本を担う若者たちにこそ読ませたい。全3巻揃えると7500円もする高価なコミックなので、10代が買うのはシンドいだろうが、図書館で借りてでも読んでほしい。

関連記事

2018年に読んだマンガBEST10



 年末恒例、「今年のBEST10」。最後はマンガのBEST10である。

 基準は、「現在連載中、もしくは今年まで連載していた作品、もしくは今年コミックスが出た作品で、昨年までのBESTには選出していなかったもの」。
 感想を書いたものについては、タイトルをクリックするとレビューに飛びます。

 10作中3作がウェブ連載であるあたりに、時代を感じる。今後は年々、ウェブ連載の比率が上がっていくのだろう。

 順不同だが、しいてBEST3を選ぶなら、『ハコヅメ』『ブルーピリオド』『ランウェイで笑って』の3つだろうか。

泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』

山口つばさ『ブルーピリオド』

猪ノ谷言葉『ランウェイで笑って』

真造圭伍『ノラと雑草』

吉田覚『働かないふたり』

齋藤なずな『夕暮れへ』

近藤ようこ『見晴らしガ丘にて  それから』
――近藤ようこの初期代表作で、1986年「日本漫画家協会賞優秀賞」を受賞した名作『見晴らしガ丘にて』の、30数年後を描く〝続編〟。
 あの住宅地でいま暮らす人々を描く、珠玉の群像劇。 『見晴らしガ丘にて』登場キャラの30数年後も描かれるなど、正編が好きな人ならなおさら楽しめる。

塩川桐子『ワカダンナ』
――寡作で知られた江戸マンガの名手・塩川桐子が、『コミック乱』(月刊時代劇マンガ誌)という格好の舞台を得て、近年、彼女にしては精力的に作品を発表している。
 これは今年出た短編集。かつての名短編集『ふしあな』よりも、もうちょっと肩の力が抜けた感じが好ましい。

押見修造『血の轍』
――これほど目が離せないサイコサスペンスは、いまほかにない。とにかく絵の迫力がすごい。絵描きとしての押見修造の到達点がここにある。
 あと、全編群馬弁(上州弁)のマンガであり、私にとっては母の故郷の言葉なので、その点にも親しみを覚える。

篠房六郎『おやすみシェヘラザード』
――版元の惹句にいうとおり、「誰も見たことの無い映画レビュー寝落ちバトル百合エロ漫画」。
 絶妙に色っぽいのに下品な「エロ」にはならない絵柄がよいし、映画マニアを唸らせるディテールのくすぐりが素晴らしく、何度も読み返しては楽しめる。

関連記事

2018年に観た映画BEST10



 2018年のマイBEST10、今日は映画である。

 今年はわりと「最大公約数的な10本」になった気がする。 
 基準は「2018年中に日本で公開された映画」で、順不同。感想を書いたものについては、タイトルをクリックすると感想に飛びます。

『万引き家族』

『ボヘミアン・ラプソディ』

『孤狼の血』

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

『恋は雨上がりのように』

『カメラを止めるな!』

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』

『シェイプ・オブ・ウォーター』

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』

『犬猿』

■もう10本選ぶなら?
『素敵なダイナマイトスキャンダル』
『デトロイト』
『スリー・ビルボード』
『タクシー運転手 約束は海を越えて』
『ゲティ家の身代金』
『レディ・バード』
『コンフィデンシャル/共助』
『レッド・スパロー』
『ワンダーストラック』
『ウィンストン・チャーチル  ヒトラーから世界を救った男』

関連記事

2018年に聴いた音楽BEST10



 2018年のベスト10、今日は音楽(CDアルバム)編である。

 相変わらず、日常的には1970年代あたりの古いロックなどを聴くことが多いのだが、ここでは今年発表されたアルバムに限定。
 順不同。当ブログやブクログでレビューを書いたものについてはリンクを貼る。

 ジャンルも雰囲気もバラバラな感じだけど、私の中ではちゃんと統一感がある10枚。

ミシェル・ンデゲオチェロ 『カヴァーズ~ヴェントリロクイズム』

KIYO*SEN『organizer』

黒船『Journey』

中村佳穂『AINOU』

挾間美帆『ダンサー・イン・ノーホエア』

土岐麻子『SAFARI』

ブラッド・メルドー『アフター・バッハ』
――バッハもブラッド・メルドーもよく知らない私だが、これはよく聴いた。
 バッハの曲と、バッハにインスパイアされたブラッド・メルドーの曲が交互に出てくるが、両者が違和感なく溶け合っている。ひんやりとした清冽な演奏。

ナイル・ロジャース&シック『It's About Time』
――シックの26年ぶりの復活作。
 シックは元々ナイル・ロジャースのバンドだったわけだが、今作は「ナイル・ロジャース&シック」名義となって、そのことがいっそう鮮明に。
 相変わらずオシャレできらびやかなサウンドながら、その底には硬派な美学が一貫して流れている。「アイ・ダンス・マイ・ダンス」なんて曲には、とくにそれが顕著だ。「周囲がどうであれ、時代がどうであれ、私は私のダンスを踊るのみ」という、「我が道を行く」宣言がそこには込められている。

Glider『Dark II Rhythm』
――ムーンライダーズとかに通ずる、「東京郊外ロック」。〝日常の中にある都市感覚〟を極上のメロディーで表現した傑作。

ニール・ヤング『ロキシー:トゥナイツ・ザ・ナイト(今宵その夜)・ライヴ』
――名盤『今宵その夜』(1973年)発売当時の「ロキシー」での伝説的ライヴを、今年初めてオフィシャル・アルバム化。ラフな演奏のようでいて、みなぎる緊張感がすごい。

関連記事

2018年に読んだ本BEST10




 年末恒例の「今年のBEST10」、まずは一般書のBEST10から。
 例によって「小説は除く」という縛りをかけ、今年刊行された本から選んだ。
 
 順不同で、読んだ順に並べただけだが、この中からしいてBEST3を選ぶとすれば……。

シッダールタ・ムカジー『遺伝子――親密なる人類史』
 サイエンス・ノンフィクションでありながら、物語の醍醐味が味わえる大著。

ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス――テクノロジーとサピエンスの未来』
 前作『サピエンス全史』よりは一段落ちる。それでも再読三読に値する、壮大なる未来図。

松林薫『迷わず書ける記者式文章術――プロが実践する4つのパターン』
 文章読本の新たなスタンダードとして、長く読み継がれるであろう名著。

 タイトルをクリックすると、当ブログ(もしくは「ブクログ」)のレビューに飛びます。

竹中千春『ガンディー 平和を紡ぐ人』

橘玲『80's (エイティーズ) ――ある80年代の物語』

シッダールタ・ムカジー『遺伝子――親密なる人類史』

松林薫『迷わず書ける記者式文章術』

植木雅俊『法華経(100分 de 名著)』

山田ルイ53世『一発屋芸人列伝』

ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス』

竹熊健太郎『フリーランス、40歳の壁』

呉智英『日本衆愚社会』

鈴木智彦『サカナとヤクザ――暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』

■次点
原田隆之『サイコパスの真実』
山口周『劣化するオッサン社会の処方箋――なぜ一流は三流に牛耳られるのか』
梯久美子『原民喜――死と愛と孤独の肖像』

関連記事

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』



 ナンシー・ケリガン襲撃事件でフィギュアスケート界を追われた、スケート界のダーティー・ヒロイン、トーニャ・ハーディングの半生を描いた映画。



 観て思い出したのは、シャーリーズ・セロンが実在の女性シリアル・キラーを演じた『モンスター』だ。

■関連エントリ→ 『モンスター』

 あの映画同様、本作のマーゴット・ロビーも、ふだんのゴージャス美人ぶりをかなぐり捨てて、DQNなトーニャ・ハーディングになりきっている。ものすごい熱演である。

 フィギュアスケーターには「お嬢様」のイメージがあるし、じっさいお嬢様が多いのだろうが、トーニャの周囲は貧しく下品なDQNだらけ。すさまじい毒母に育てられ、若くして結婚した夫からはDVを受ける。
 ただし、トーニャは彼らに虐げられるだけの弱者ではなく、自らも暴力と暴言で激しく応戦するのだ。

 ……というと、暴力的でやりきれない映画のように思えるかもしれない。が、実際に観てみれば、黒い笑いが随所で炸裂する痛快な作品に仕上がっている。

 トリプルアクセルを決めるシーンをはじめ、スケートシーンの迫力と美しさも素晴らしい(むろん映像処理で作られたものだろうが、そのことを意識させない)。

 あの襲撃事件の真相については、『羅生門』形式で玉虫色の描き方をし、観客に判断を委ねている。が、私はトーニャは周囲に巻き込まれただけなのだろうと感じた。

 「嫌われ者」トーニャ。私も事件当時のトーニャには悪印象しかなかったが、映画を観終わったあとには彼女が愛おしく思えてきた。
 お嬢様キャラのナンシー・ケリガンに闘いを挑む底辺育ちのトーニャに、否応なしに肩入れしてしまうのだ。そのへんが「映画のマジック」というものだろう。

 音楽もよい。使われているのは1970年代のヒット曲が中心で、実際に描かれている90年代とはズレがあるのだが、どの曲もドンピシャのハマり具合である。

 幼少期のトーニャを演じるマッケナ・グレイスの演技も、出演時間は短いながら素晴らしい。
 傑作『gifted/ギフテッド』に主演し、鳥肌ものの名演技を見せたあの子である。すっごい名子役だと思う。

関連記事

『ボヘミアン・ラプソディ』



 立川シネマシティの「極上音響上映」で、『ボヘミアン・ラプソディ』を観た。



 「極上音響上映」とは、ミキシング・コンソール(音響調整卓)が組み込まれた映画館であるシネマシティで、プロの音響家がその映画に最適な音響に調整を施して上映するもの。
 やっぱり、こういう音楽映画は音響のよい映画館で観たい。

 評判どおり、素晴らしい映画であった(以下、ネタバレ注意)。
 優れた音楽映画/バンド・ストーリーであり、フレディ・マーキュリーという不世出のロック・スターの軌跡を描いた伝記映画としても一級品だ。

 映画のサントラを流しながらこの文章を書いているのだが、サントラとしてもじつによくできている。

 20世紀フォックス映画のオープニングでおなじみのあのファンファーレも、クイーンが演奏するバージョンになっている。ブライアン・メイの特徴的なギターで、すぐにそれとわかるのだ。 
 アルバム『オペラ座の夜』のラストに置かれた、英国国歌「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のクイーン・バージョンを思い出す。隅々まで作り込まれていることを象徴するオープニングだ。

 私自身にとってのリアルタイムなクイーンは、1978年のアルバム『ジャズ』までである。それ以降、急速に興味を失った。が、そんな私にとっても十分感動的な映画であった。

 「映画『ボヘミアン・ラプソディ』のストーリーは、ここが事実と異なる」と、無粋にも検証した『ローリング・ストーン』の記事があった。
 だが、ドキュメンタリー映画ではないのだから、事実を脚色するのは当然ではないか。

 小さな脚色は、随所にある。
 一例を挙げれば、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」が誕生したのが80年代の話になっているが、同曲は77年のアルバム『世界に捧ぐ』の収録曲なのだから、時系列が事実と異なっている。
 だが、その程度の脚色・潤色は、どうということはない。映画として感動できればそれでよいのだ。

 1985年に開催された〝20世紀最大のチャリティーコンサート〟「ライヴ・エイド」でのクイーンの出番を、そっくりそのまま映画のクライマックスに据えている。

 そこで演奏する数曲の歌詞が、フレディの人生にオーバーラップするという、構成の妙。
 たとえば、「ボヘミアン・ラプソディ」の「死にたくない」が、自身のエイズ罹患をすでに知っていた(ここにも脚色があるのだが、それはさておき)フレディの心境と重なる、という具合。この「ライヴ・エイド」のシークェンスは、泣ける。

 クイーンの4人を演ずる俳優は、それぞれ再現度が高い。
 とくに、ロジャー・テイラー役の俳優は、若い頃のやせて美しかった彼に瓜二つだ。
 フレディ役のラミ・マレックは、顔立ちはあまり似ていないものの、ステージでのアクションや表情は完コピという感じ。

 全編を通じて、フレディ・マーキュリーの深い孤独が心に刺さる映画だ。常に衆目を浴び、多くの人に愛されるスターでありながら、彼はどこにいても孤独なのだ。
 「私はステージで2万5千人とメイク・ラヴして、一人さびしく家に帰るのよ」という、ジャニス・ジョプリンの有名な言葉を思い出した。

 映画の最後に字幕で説明される、「フレディの最後の恋人ジム・ハットンは、彼がエイズで亡くなるまでの日々を共に過ごした……若き日の恋人メアリー・オースティンは、最後までフレディのよき友人だった」という事実に、救われる思いがする。

 2人の存在が、そして何よりもクイーンというバンドそのものが、フレディの孤独な生涯に射し込む一条の光だったのだ。

 
関連記事

『ばしゃ馬さんとビッグマウス』



 最近気に入っている吉田恵輔監督の旧作(2013年)。
 吉田作品では『純喫茶磯辺』も『犬猿』も『さんかく』もよかったが、これもなかなか。私はこの監督とウマが合うというか、リズムが合う。



 脚本家を夢見てシナリオ・コンクールに応募しつづけるも、一次予選にすら通過したことがない34歳独身のヒロイン・馬淵みち代を、麻生久美子が好演。
 この役にこれほどハマる美人女優は麻生久美子しかいないだろう。化粧っ気のない地味メガネ姿でも、とても美しくチャーミング。

 脚本家に限らず、何かの「クリエイター」を目指した時期のある人にとって、これほどヒリヒリと痛い映画はほかにないだろう。最初から最後までヒリヒリしっぱなしだ。
 なにしろ、これはよくある「頑張れば夢はかなう」という映画ではなく、「どんなに頑張っても、才能がなければ夢はかなわない」と現実を突きつけ、世の「ワナビ」たちに冷水をぶっかける映画なのだから……。

 こんな映画が過去にあっただろうか? たとえ夢がかなうまでは描かなかったとしても、かなうことを予感させて終わるのがフツーの青春映画だろう。

 管見の範囲で本作に近いのは、コーエン兄弟の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』だろうか。あの映画でも、主人公ルーウィン・デイヴィスは最後までフォーク・シンガーとして芽が出ないままで終わる。
 ただ、ルーウィンはまがりなりにもレコード・デビューを果たしていたし、モデルになったデイヴ・ヴァン・ロンクは通好みながらも多数のアルバムを出すまでに成功している。その意味で、本作のほうがより徹底した〝「夢はかなわない」映画〟と言えよう。

■関連エントリ→ 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

 みち代オンリーだったら、切なく哀しい物語になったであろう。「ビッグマウス」こと自称天才脚本家・天童義美をもう一人の主人公に据えることによって、ビターな青春コメディになった。

 天童のように、一度も作品を書き上げたことがないのに「天才」を自称するイタイやつは、脚本家・小説家・マンガ家等、各界ワナビの中に多数実在するのである。

 みち代が天童を罵倒し、缶コーヒーを吹き出すまでのシークェンスがすごい。『純喫茶磯辺』で、麻生久美子が男に殴られて鼻血を一筋出すまでの奇跡的タイミングの名シーン(観ていない人には意味不明だろうが)に匹敵する。

 そしてもう一つ、みち代が元カレ(岡田義徳)の家に行き、「夢」への未練について泣きなから語るシークェンスが秀逸だ。

「ホントはね、きっと夢はかなわないんだろうなって、わかってはいるんだけどね……。でもね、抱いちゃった夢って、どうやって終わりにしていいかわかんないんだもん……」
「夢をさァ、かなえるのってすごい難しいのは最初からわかってたけどさ。夢をあきらめるのって、こんなに難しいの……?」
 ――なんと哀切なセリフだろう。

 ワナビのイタさを笑いと切なさに昇華し、〝青春の終焉〟を活写した傑作。

関連記事

佐藤ミツル『ブルーミングアローン』



 佐藤ミツルの『ブルーミングアローン』(ビクター/2300円)をヘビロ中。

 日本のプログレの草分けの一つである名バンド「四人囃子」。
 その後期ギタリスト&ヴォーカリスト――つまり森園勝敏の後任者であった佐藤が、1982年に発表したソロアルバムのリイシュー。「ビクター・ビンテージ・ロック ~日本のロック名作選~」なるシリーズの一枚だ。

 リイシューといっても、今回(発売は昨年)が初CD化だそうだ。82~83年といえばLPレコードからCDへの端境期だったから、そういうこともあるだろう。

 森園を含む四人囃子の面々や、難波弘之、青山純など、錚々たる面々が参加している。
 ギター・インスト・アルバムかと思ったら、ヴォーカル入りの曲が大半だった。佐藤ミツルのヴォーカルは「うまい」とは言い切れないが、なかなか味がある。森園勝敏のヴォーカルをもう少し甘くした感じ。

 音はわりと後期四人囃子に近いかな。もろなプログレではなく、プログレのスパイスを随所に効かせたストレートなロック。

 曲によってはかなりポップで、中には歌謡曲ぽい(てゆーか、グループサウンズぽい)曲まである。

 全体に、四人囃子が強い影響を受けていたピンク・フロイドよりも、むしろクイーンに近い印象(ギターも所々でブライアン・メイ風)。
 かと思えば、突然壮麗なオーケストラ・サウンドが鳴り響いたりして、かなり多彩。アレンジも凝っている。

 Amazonのカスタマーレビューでも酷評されているが、音質はよくない。アナログレコードからカセットテープに落としたような感じの、モコモコと「こもった音」なのだ。
 リマスタリングがうまくいかなかったのだろうか? 「K2HD PROマスタリング」「本人によるリマスタリング」という説明があるのだが……。

 とはいえ、佐藤のギターをはじめ演奏は全体に素晴らしいし、後期四人囃子が好きだった人なら一聴の価値あり。


↑佐藤ミツル在籍時の四人囃子の隠れた名曲「ファランドールみたいに」(アルバム『包』所収)。

関連記事

Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
33位
アクセスランキングを見る>>