ドリームス『ドリームス』『イマジン・マイ・サプライズ』



 昨日は、取材で長野県茅野市へ――。
 脳科学者で諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀さんの取材である。

 東京はもう桜が散ってしまったが、茅野市は昨日あたりがちょうど満開で、つかの間お花見気分を味わった。


 ドリームスの『ドリームス』と『イマジン・マイ・サプライズ』を聴いた。

 ドリームスは、この2枚のアルバムを発表したのみで解散してしまった、幻のジャズ・ロック・バンド。
 マイケルとランディのブレッカー兄弟や、ドラムスのビリー・コブハム、ギターのジョン・アバークロンビーらが参加した、ある意味「スーパーグループ」である。
 もっとも、ブレッカー兄弟は「ブレッカー・ブラザーズ」としてのデビュー前であり、当時(1970年代初頭)はほぼ無名の若手ミュージシャンであったのだが……。

 私は、このバンドの名前だけは知っていたが、先日読んだ『ジャズ・ロックのおかげです』で市川正二が「ジャズロック名盤15枚」の一つに『ドリームス』を挙げていたことから、手を伸ばしてみた。
 折よく、昨年に「クロスオーヴァー&フュージョン1000」シリーズのラインナップとして、2作とも廉価でリイシューされたばかりだった。



 ブレッカー・ブラザーズには『ヘヴィ・メタル・ビ・バップ』というジャズ・ロックの名盤があるが、ドリームスのサウンドは同作とはまったく違う。
 全曲ヴォーカル入りで、どちらかといえば初期のシカゴやブラッド・スウェット&ティアーズのような「ブラス・ロック」に近い音なのだ。

 さりとて、「これはブラス・ロックだ」と言い切ってしまえるほどロック寄りではなく、サックスなどは濃厚にジャズっぽい。
 一般的なジャズ・ロックのイメージにはあてはまらないが、ジャズとロックの要素がせめぎ合っているという意味で「ジャズ・ロック」としか言いようがない。じつに不思議で独創的なバンドである。

 シカゴほどポップではないから、大ヒットしなかったのもうなずけるが、いい曲目白押しで、渋い「大人のジャズ・ロック」として、半世紀近くを経たいまも十分鑑賞に堪える。


↑ファーストでいちばんジャズ寄りの曲「ホリー・ビー・ホーム」。


↑逆に、ブラス・ロック寄りの曲「トライ・ミー」。

 とくに、ファーストの『ドリームス』は素晴らしい。ルネ・マグリットの名画「ゴルコンダ」を用いたジャケもよい。
 隠れた名バンドであり、名盤だと思う。
 
関連記事

中山康樹ほか『ジャズ・ロックのおかげです』



 今日は、確定申告書を税務署に提出。

 〆切から約1ヶ月遅れただけ……というのは、私にしては上出来(笑)。
 還付金が返ってくる立場の場合、多少遅れてもノープロブレムなのである(ただし、収入がメチャ多くて追加の税金を払う立場=源泉徴収税額では足りない立場の場合、期限に遅れたら1日ごとに延滞金が発生し、どえらい目に遭う)。


 中山康樹、ピーター・バラカン、市川正二著『ジャズ・ロックのおかげです』(径書房)を読了。
 
 1994年刊。前から欲しかった本で、長らく入手困難(中古市場でも高値を呼んでいた)であったのだが、ようやく相場が下がって買えた。

 ジャズ・ロックの名盤を著者3人が各15枚ずつ選び、その解説をしていくパートがメインの本。
 そのパートの前に、ジャズ・ロックの定義をめぐって3人がてい談しているのだが、各人の定義が噛み合っておらず、微妙に食い違っている。

 ゆえに、3人が選ぶ名盤15枚のセレクトも、ほとんどは重なっていない。
 本書のカヴァーにも用いられているスティーヴ・マーカスの名盤『カウンツ・ロック・バンド』や、トニー・ウイリアムス・ライフタイムの『エマージェンシー!』などが、わずかに重なっているのみだ。

 そうしたズレ具合自体が、ジャズ・ロックという不思議であいまいなジャンルに対する一種の“批評”にもなっている。

 まあ、プログレッシブ・ロック、ブルース・ロックなどの他ジャンルも、その定義には相当あいまいな面があるわけだが、それにも増してジャズ・ロックはあいまい極まりないジャンルなのだ。

■関連エントリ→ 松井巧『ジャズ・ロック』『ブリティッシュ・ジャズ・ロック』

 3人の著者のうち、中山康樹の文章は終始おちゃらけていて、ひどい。しかも、笑いを狙った箇所がことごとくオヤジギャグ的ダダ滑りで、少しも笑えないし。
 2015年に亡くなった人なので死者に鞭打つようだが、「もっと真面目に書けや!」と言いたくなる。

 逆に、ピーター・バラカンのパートは、ジャズ・ロック黎明期のロンドンで青春を過ごした人ならではのヴィヴィッドな現場感覚に満ちており、面白い。「へーえ。イギリス人の目にはそう映るんだぁ」という驚きが随所にあるのだ。

関連記事

s-ken『Tequila the Ripper』



 s-ken(エスケン)の26年ぶりのニューアルバム『Tequila the Ripper』をヘビロ中。

 音楽ライターの内本順一さんがs-kenへのインタビューで書くように、「ニューオリンズ・ファンク、アフロビート、R&B、スカ、ブーガルー、ジャズ、パンク、ヌーベルシャンソンといったさまざまな音楽要素のうま味が煮込まれたアルバム」である。

 多彩なサウンドでありながら、アルバム全体のイメージには統一感がある。大人のロック、夜のロック、そしてハードボイルドなロック……といったイメージである。
 「ジャックナイフより尖ってる」「夜を切り裂くテキーラ」「泥水の中で泳ぐ鮫たち」などという曲タイトルからしてハードボイルド小説のようだし、歌詞も音もそう。


↑オープニング曲「酔っ払いたちが歌い出し、狼どもが口笛を吹く」の、フィルム・ノワールのようなPV。

 「オールドディック」という曲もあって、これはおそらく、78歳の老探偵を主人公とした異色のハードボイルド(私も大好きな小説)『オールド・ディック』(L.A.モース作)に由来するのだろう。
 この曲が象徴するように、御年70歳のs-kenが自らをタフで粋な老探偵に擬したようなイメージが、アルバム全体に通底している。

 大げさにシャウトしたりはせず、たゆたうように、つぶやくように歌うs-kenのヴォーカルが、なんともカッコイイ。
 
 36年前のデビューアルバム『魔都』のころから、s-kenはまるで映画のようにイメージ喚起力に満ちた曲を作る人だった。
 このアルバムも、一曲ごとに映像とドラマが鮮やかに浮かぶ。そして、アルバム一枚を通して聴くと、一編の上質な映画を観たような感動が味わえる。



関連記事

『アンダーワールド:ブラッド・ウォーズ』



 『アンダーワールド:ブラッド・ウォーズ』を映像配信で観た。

 シリーズ第5作に当たる最新作。
 私は2003年の第1作がとくに好きである。その後の続編も、それぞれ水準以上の娯楽作ではあるが、1作目には遠く及ばない。

 本作もしかり。
 全体の雰囲気は1作目に近い感じで、その点は好ましいのだが、どうもストーリーが御都合主義でいただけない。とくに、一度死んだはずのヒロイン、セリーンがわけのわからん復活をするクライマックスはシラケた。

 とはいえ、このシリーズは物語に緻密な整合性を求めるべき作品ではなく、セリーンを演ずるケイト・ベッキンセイルのカッコよさを堪能するための映画である。その点ではかなり満足できた(逆に、ケイトがほとんど登場しない『アンダーワールド:ビギンズ』は、私にとって論外)。

 もっと身もフタもない言い方をすると、美しき女戦士・セリーンが、襲い来る敵をバリエーション豊かな方法でぶち殺しまくる痛快さこそ、このシリーズの魅力の核なのである。


↑セリーンが闘うシーンのみを集めたコンピレーション。

 ケイト・ベッキンセイルももう40代なので、1作目のころに比べたら老けたが、それでも十分にカッコイイし、美しい。

関連記事

『後妻業の女』



 昨日は久々のオフ。思いっきりダラダラとすごす。

 DVDで、『後妻業の女』と『ジョン・ウィック』を観た。どちらも、観終わったあとにはキレイさっぱり忘れることができ、心に余分な夾雑物を残さないエンタメ作品。ダラダラ観にふさわしい。

 『後妻業の女』は、黒川博行の小説『後妻業』の映画化。
 最近頻発している、高齢者の遺産を狙った犯罪を描いたものだが、ブラック・ユーモアが基調になっている点が特徴。私は原作未読なので、どの程度原作に忠実なのかはわからない。



 かつて『黒い家』でぶっ飛んだサイコパス女を怪演した大竹しのぶが、ここでも遺産狙いのサイコパス女を怪演。
 こういう役をやらせたら、日本で彼女の右に出る者はいない。本作でも、いくつかの場面では観る者を圧倒する迫力の熱演を見せる。

 映画としては粗の目立つB級作品でしかないが、大竹や尾野真千子らの演技合戦は楽しめる。
 ただ、トヨエツはミスキャストだと思った。平気で人を殺すような男にはとても見えず、どうしようもなく迫力不足なのだ。

関連記事

Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>